Silent CircleがEnterprise Privacy Platformのソフトウエアとクラウド部分をリリース

Silent Circle

2015/12/3 17:02

Silent CircleがEnterprise Privacy Platformのソフトウエアとクラウド部分をリリース

AsiaNet 62734 (1572)

【ジュネーブ2015年12月3日PR Newswire=共同通信JBN】
*新Silent Managerのウェブサービス機能はエンタープライズのコンプライアンスと通話の詳細、テキストの監査を提供
*新Silent Phoneアプリはエンタープライズの固有特性に加えて、ピアツーピアの暗号通話、ビデオ、テキスト、ファイル転送を含む
*Silent PhoneアプリはすべてのAndroidないしiOSデバイス向けの2つの購入方式「Basic」と「Plus」で入手可能。
*Silent Worldの通話機能は国際的なエンタープライズ通信を保護する対象拡大を提供
*プラットフォームはセキュリティーとプライバシーを確保する一方でスマートフォンからのデータ流出を軽減するエンタープライズ向けに特別構築

Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20150927/271104LOGO

Silent Circleは3日、Enterprise Privacy Platformのオフィシャルリリースを発表した。あらゆる規模の企業、政府組織にプライバシーを提供するよう設計されたセキュアなソフトウエア、サービス、デバイスの革新的セットである。

Silent Circleのビル・コナー社長兼最高経営責任者(CEO)は「Blackphone 2の発売を機に、ソフトウエアとクラウドベースのEnterprise Privacy Platformの再構築でわれわれが生み出した全製品をリリースすることができて光栄だ。われわれのプラットフォームは、監査と総合監督に必要なエンタープライズ経営管理を備えた空前のセキュア通信を提供する」と述べ、「いまや政府、国際的なエンタープライズには、すべてのAndroid、iOSデバイス向けのかつてないセキュア通信の選択肢がある」と続けた。

新Silent Managerは指定管理者に、ウェブベースの管理インターフェースを通じてSilent Circleプラットフォームの組織内利用を監視する簡便な方法を与える。現在のユーザー、グループ、プラン、またSilent CircleアプリのアップデートのようなSilent Circle関連情報を示すニュースフィードを一目で見渡せる。コナー社長は「ウェブ管理機能によって、管理者はユーザーを個別あるいは集団で追加、削除し、必要に応じてSilent Circleのアカウントを簡単に配置できる」と述べた。Silent Managerは購入コードの作成も可能で、それは電子メールなど従来のビジネス環境以外のサービス提供に利用できる。

すべてのAndroid、iOSデバイス用VoIPとメッセージサービスを暗号化するSilent Phoneアプリは、2つの購入方式「Basic」と「Plus」で発売された。Silent Phone Basicによって会員同士は無制限に、暗号化された音声通話とテキストメッセージ交信を年5ドルで利用できる。Silent Phone Plusは会議電話、ファイル転送、書類添付、ボイスメール、直接的な顧客サポートなどすべての機能を月額9.95ドルで提供する。

Silent PhoneはApple App storeおよびGoogle Playで販売されている。

新タイプの通話機能Silent Worldは、iOSかAndroidのどのモバイルデバイスにも強化されたセキュリティーと適応性を提供するSilent Phoneの特性である。Silent Phoneの暗号通話を439カ所の通常の携帯・固定電話番号に拡張し、事実上世界のだれとでも、現在Silent Phoneを使用していない人とさえ、私的な会話が可能になる。

Silent Circleは大成功を収めたBlackphone 2を発売して間もなくEnterprise Privacy Platformをリリースした。Blackphone 2はプライベート仕様で新規製造され、社内に限らずどこでも通信とデータを保護するスマートフォンである。コナー社長は「Blackphone 2は強化Android基本ソフト(OS)を結合し、Silent Phoneアプリがあらかじめ組み込まれている。エンタープライズと個人の情報を保全するように設計された」と付け加えた。

コナー社長はさらに「サイバーセキュリティー、特にモバイルデバイスからのデータ流出の脅威は、組織がモバイル通信のプライバシーとセキュリティーに対する絶え間ない脅威に直面しているため、エンタープライズにとって死活的な問題になってきた。世界的ネットワーク全体に及ぶ高度な盗聴に伴うネットワーク監視の拡大により、ビジネス場面のモバイルデバイス利用増大は大きな機会とリスクをもたらしている。企業情報は、プライバシーとセキュリティーを十分配慮しないでモバイルデバイスを使用するとき、危険にさらされるだろう」と述べた。

このほど取締役に任命されたアンドリュー・ピンダー氏(CBE)は「Silent Circleは、モバイルとエンタープライズのプライバシーに関して世界一信頼されるソリューションに成長し、真に革新的なソフトウエア、サービス、デバイスのエコシステムで世界の個人、企業、政府に仕えている」と述べた。

ピンダー氏は「ソニー攻撃の教訓は、従来のセキュリティー・ソリューションが国際的エンタープライズの役に立たないということである。さらに、これらの侵入ははるかに大きい潜在的影響を持つまで進化している。彼らはいまや、すべての顧客、従業員、パートナーをリスクにさらし、人々がエンタープライズに抱く信頼感を急速に侵食している。だからこそSilent Circleは、すべての企業が最も効果的なソリューションの組み合わせを適用できる強力な各種ソリューションのプラットフォームを開発したのである」と説明した。

ハードウエア、保守管理、トレーニングを必要とせず、組織に簡単かつほぼ即時に装備できる新しいエンタープライズ仕様の特性の詳細は以下の通り。

▽Enterprise Privacy Platformの機能
*Silent Managerはいま、Active Directory Single Sign-OnとLDAPインテグレーションを含む
*監査目的の顧客仕様コンプライアンス要件
*組織内グループの区分化
*Silent Worldのアクセスを439地点に拡張、Silent Phoneアプリから事実上、世界のどことでも通話可能
*Silent Phone Telephone NumbersはSilent Phoneでだれからのコールでも受信。すべての電話のバーチャルなデュアルSIM
*ビデオ・会議通話を保護
*非会員をショート・メッセージ・サービス(SMS)に招待
*企業を相互連結する経済的な多数のオプション。リスクを軽減し成功を最大化するために必要なプライバシーを提供。Silent Phoneはいま、2つの購入方式「Basic」と「Plus」で入手可能。

Silent Phone Plusは、最大100MBの添付書類の送信能力、最大90日間の確実なメッセージ保存、ビデオ・会議通話、ボイスメール、マルチデバイス・サポート、完全顧客サービスなどの全機能を提供する。

▽新たな特性
*通話とメッセージングの保護:制限のない会員間の暗号通話・テキスト
*会議通話とビデオ通話
*1分から90日のメッセージ削除
*安全な添付書類送信:送信1回あたり最大100MB
*非会員通話によるボイスメール(設定・管理タブ)
*マルチデバイス・サポート
*直接顧客サポート・アクセス
*ユーザー1人あたり月額9.95ドル

Silent Phone Basicは年会費5ドルで、ピアツーピアの暗号通話、ビデオ、テキストメッセージング、添付書類受信、ビデオ通話受信、会員間の会議通話参加を無制限で提供する。

▽Silent Circleについて
Silent Circleは、オープンソースのZRTPテクノロジーと根本的に異なるクラウドベースのモバイル・アーキテクチャーに基づいて構築されたデバイス、ソフトウエア、サービスの革新的Enterprise Privacy Platformを通じて提供されるセキュアな通信の世界的リーダーである。

Entrustの元社長兼最高経営責任者(CEO)、Nortel元社長のビル・コナー氏が率いるSilent Circleは、米海軍特殊部隊SEALSの元隊員でセキュリティー専門家のマイク・ヤンケ、およびPGPの共同創設者、ZRTPプロトコルの開発者で、2015年にインターネットの殿堂入りを果たしたフィル・ツィンマーマン、それにAppleの全ディスク暗号化開発者でPGP Corporationの共同創設者であるユン・カラスの3氏が創設した。

Silent Circleは、世界最高のプライバシー法を施行するスイスに本社を置いている。Silent Circleに関する詳細はウェブサイトhttps://www.silentcircle.com を参照。

▽報道関係連絡先
Liam Curran
+44 (0) 203 003 6496
liam.curran@freuds.com

ソース:Silent Circle


Silent Circle Unleashes The Software And Cloud-Portion Of Its Enterprise Privacy Platform

PR62734

LONDON, Dec. 3, 2015 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

    -- New Silent Manager web-service capabilities deliver enterprise
       compliance and auditing for call detail and text
    -- New Silent Phone app is re-engineered to include enterprise-specific
       features, as well as peer-to-peer encrypted calling, video, text and
       file transfers
    -- Silent Phone app is now available in two subscription levels - basic
       and plus - for any Android or iOS device
    -- Silent World calling capability delivers expanded coverage to secure
       global, enterprise communications
    -- Platform built specifically for enterprises to ensure security and
       privacy while mitigating against data leakage from smartphones

Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20150927/271104LOGO

Silent Circle today announced the official release of its Enterprise Privacy
Platform: a revolutionary set of secure software, services and devices designed
to deliver privacy to business and government organizations of all sizes.   

"Building on the momentum of our Blackphone 2 launch, I'm proud to unleash all
the work we have done on rebuilding our software and cloud-based Enterprise
Privacy Platform," said Bill Conner, President and CEO of Silent Circle. "Our
platform delivers unprecedented secure communications with the enterprise
management controls necessary for auditing and general oversight." Conner
continued: "Now governments and global enterprises have a new choice in secure
communications that didn't exist before, across any Android or iOS device."

The new Silent Manager gives designated administrators a simple and easy way to
oversee their organization's use of the Silent Circle platform through a
web-based management interface. It provides at-a-glance overviews of current
users, groups, and plans, as well as a newsfeed showing relevant Silent Circle
information like updates to Silent Circle apps. "With the web management
capability, administrators can add or remove users individually or in multiples
- making Silent Circle accounts easy to deploy as needed," said Conner. Silent
Manager also allows for the creation of subscription codes, which can be used
to distribute services outside of email or traditional business environments.  

The company's Silent Phone app, which encrypts VoIP and messaging services for
any iOS or Android device, is now available in two subscription levels - Basic
and Plus. Silent Phone Basic allows unlimited member-to-member encrypted voice
calling and text messaging for an annual membership fee of $5.  Silent Phone
Plus provides full functionality to include conference calling, file transfers,
attachments, voice mail and direct customer support for $9.95 per month.

Silent Phone is available at the Apple App store and Google Play.  

Silent World - a new type of calling capability - is a feature of Silent Phone
that provides enhanced security and flexibility on any mobile device (iOS or
Android). It extends the reach of Silent Phone's encrypted calling to regular
mobile and landline numbers to 439 destinations, allowing for private
conversations to effectively anyone in the world - even to people who don't
currently use Silent Phone.

The release of the Enterprise Privacy Platform comes shortly after the highly
successful launch of Silent Circle's Blackphone 2, a smart-phone built from the
ground up to be private by design and protect communication and data everywhere
- not just inside company walls. "Blackphone 2 combines an enhanced Android
operating system - Silent OS - and comes with the Silent Phone app pre-loaded.
It's designed to keep your enterprise and personal information secure," adds
Conner.  

"Cyber security - and in particular the threats posed by data leakage from
mobile devices - has become a critical issue for enterprise as organizations
face persistent threats to the privacy and security of mobile communications"
said Conner. "With escalating network surveillance and monitoring combined with
sophisticated eavesdropping across global networks, the increased use of mobile
devices in a business setting provides great opportunities but also great
risk.  Your company's information is likely to be compromised when mobile
devices are used without sufficient consideration for privacy and security."

Andrew Pinder CBE, who was recently appointed to the company's Board Of
Directors said "Silent Circle has matured into the world's most trusted
solution for mobile and enterprise privacy - serving individuals, businesses
and governments around the world with a truly revolutionary ecosystem of
software, services and devices."

"Learning from the lessons of the attack on Sony, traditional security
solutions have failed global enterprises," Pinder explained. "What's more,
these breaches have evolved to have a much greater potential impact. They now
put every customer, employee and partner at risk and are rapidly eroding the
trust people have in enterprises. That's why Silent Circle has developed a
platform with a range of powerful solutions - allowing any business to apply
the combination of solutions that works best for them."

Details of new, enterprise specific features for simple and near-immediate
privacy deployment to your organization - with no hardware, maintenance or
training required:

Enterprise Privacy Platform Capabilities:

    -- Silent Manager now includes Active Directory Single Sign-On and LDAP
       integration
    -- Customer-specific compliance requirements for auditing purposes
    -- Compartmentalization of groups within an organization
    -- Expanded Silent World access to 439 destinations - call effectively
       anywhere in the world from within Silent Phone app
    -- Silent Phone Telephone Numbers - receive calls from anyone on Silent
       Phone; virtual dual SIM for any phone
    -- Secure Video and Conference Calling
    -- SMS invitations to non-members
    -- More economic options to interconnect businesses and allow them the
       privacy they need to mitigate risk and maximize success. Silent Phone
       is now available at two subscriptions levels - Basic and Plus

Silent Phone Plus provides full functionality, including ability to send
attachments up to 100MB; secure messaging storage up to 90 days; video and
conference calling; voice mail; multi-device support; and full customer
service. New features include:

    -- Secure Calls and Messaging - unlimited member to member encrypted talk
       and text
    -- Conference calling and video calls
    -- Burn messages from 1 min to 90 days
    -- Send attachments securely - up to 100MB per transmission
    -- Voice mail from non-Member calls (tab in settings for set-up and   
       management)
    -- Multi-device support
    -- Direct Customer Support access
    -- $9.95 per month per user

Silent Phone Basic offers unlimited peer-to-peer encrypted voice calling and
text messaging; receive attachments; incoming video calls; participate in
conference calling between members - annual membership fee of $5.

About Silent Circle:

Silent Circle is a world leader in secure communications, delivered through a
revolutionary Enterprise Privacy Platform of devices, software and services,
built on open-source ZRTP technology and a fundamentally different,
cloud-based, mobile architecture.  

Led by Bill Conner, the former Entrust President and CEO and Nortel President,
Silent Circle was co-founded by Mike Janke, former Navy SEAL and security
expert; Phil Zimmermann, co-founder of PGP, developer of the ZRTP protocol and
2015 inductee into the Internet Hall of Fame; and Jon Callas, creator of
Apple's whole disk encryption software and Co-founder of PGP Corporation.

Silent Circle is headquartered in Switzerland, home of the world's best privacy
laws. For more information on Silent Circle, go to: https://www.silentcircle.com

Media Contact: Liam Curran, +44 (0) 203 003 6496, liam.curran@freuds.com

SOURCE:  Silent Circle


本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中