特急「丹後の海」2編成目が12月26日より運行開始!~京都の伝統産業とコラボした車両が登場~

WILLER

2015/12/21 14:00

11月13日に運行を開始した、京都丹後鉄道の特急列車「丹後の海」の2編成目が、12月26日に登場します。 2編成目は、水戸岡鋭治氏の設計・デザインに、京都表具協同組合の全面協力を得て、1編成目とは異なる工夫が施され、ますます京都らしい趣を感じられる車両となっていますので、ご期待ください。

2015/12/21

WILLER TRAINS株式会社

北近畿タンゴ鉄道株式会社

京都府建設交通部交通政策課

京都府商工労働観光部染織・工芸課

特急「丹後の海」2編成目が12月26日より運行開始!

~京都の伝統産業とコラボした車両が登場~

11月13日に運行を開始した、京都丹後鉄道の特急列車「丹後の海」の2編成目※が、12月26日に登場します。※1編成2両(自由席車両+指定席車両)

2編成目は、水戸岡鋭治氏の設計・デザインに、京都表具協同組合の全面協力を得て、自由席側に金箔の装飾品を設置するなど、1編成目とは異なる工夫が施され、ますます京都らしい趣を感じられる車両となっていますので、ご期待ください。

1)導入日 平成27年12月26日(土)

       ※運行ルート等詳細については別表、添付のPDFをご参照ください。

       ※12月26日は、「たんごリレー号」等での運行を予定しています。

2)1編成目からの変更点

◆装飾品について

協 力:京都表具協同組合(理事長 田中善茂)

内 容:パブリックスペース天井部分に設置する装飾品(金箔の飾り)の制作

特 徴:

・お椀型の曲面に本金箔を施工。曲面への箔押しは難しいといわれるが、箔と箔の継ぎ目を綺麗に揃え、また、化学変化を起こさないよう、接着と表面コーティングには自然素材の「膠(にかわ)」を使用するなど工夫している。

・下から照明をあてることでより一層輝きを増し、贅沢な空間を演出。

⇒本金箔の空間は運気が上昇するといわれ、縁起のよい空間の中で、鉄道の旅をお楽しみいただけます。

◆車内にある48 枚の額絵、窓枠などに施された組子細工のデザインなどは、1編成目とは異なるものです。

3)取材について

取材をご希望の方は、写真画像のご提供等、随時ご対応いたしますので、WILLER ALLIANCE株式会社 広報部へお問い合わせ願います。

また、車両見学等をご希望の場合も、上記までお問い合わせください。

【問合せ】

車両・運行 WILLER ALLIANCE株式会社 広報部

                TEL 06-6123-7250

京表具関係 京都府商工労働観光部染織・工芸課

                TEL 075-414-4856

その他   京都府建設交通部交通政策課

            TEL 075-414-4360

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

丹後の海 外観

丹後の海 運行スケジュール

パブリックスペース天井装飾品

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中