キングアブドラ・エコノミックシティーが地域貿易の成長を推進するRed Sea Foundationを設立

King Abdullah Economic

2016/1/22 16:10

キングアブドラ・エコノミックシティーが地域貿易の成長を推進するRed Sea Foundationを設立

AsiaNet 63192(0094)

【ダボス(スイス)2016年1月21日PR Newswire=共同通信JBN】

*紅海地域は世界で最も急成長中の新興市場である

*地域の人口は6億2000万人から2050年までに13億人に増加する

*ジュネーブに本部を置く非営利のシンクタンクが国際協力を促進し、方針勧告を作成する

キングアブドラ・エコノミックシティー(King Abdullah Economic City)のマネジングディレクター兼最高経営責任者(CEO)であるファフド・アル・ラシェエード氏によると、この世界最大の新興市場の持続的発展のためには紅海地域の貿易円滑化枠組みの開発が不可欠である。

(Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20160121/324494

ダボスのダボス経済フォーラムの特別イベントでアル・ラシェード氏は、同地域の潜在可能性についての理解を高め、発展の推進に必要な方針イニシアチブを提唱するために非営利のシンクタンクであるRed Sea Foundation(紅海財団)の設立を発表した。

ジュネーブに本部を置く予定の同財団には政策立案者、ビジネスリーダー、関連する対象問題の専門家の世界的な諮問会議が含まれる。また、方針勧告を研究、作成、促進する事業スタッフも含まれる。

アル・ラシェード氏は「紅海は重要な世界的航路であり、千年にわたって世界貿易で重要な役割を果たしてきたが、現在は地域を通じてこの海周辺の諸国に実際の利益となっているのは富の一部にすぎない。それが変わろうとしている。同地域は現在、世界で最も急成長していながら最も活用されていない発展途上の市場である。貿易を円滑化する調整されたイニシアチブが紅海地域内の商品の流れを大きく改善し、最も必要とされる場所で成長と繁栄を促進するだろう」と語っている。

国連によると、紅海を主要な海運回廊として利用している20カ国の人口は現在の6億2000万人から2050年には13億人に110%増加する。地域の新興中間層はこの期間に1億3700万人から3億4300万人へと150%増加すると見込まれている。現在の予測は、この成長が地域のGDPを現在の1兆8000億ドルから2050年までに6兆1000億ドルへと3倍増させるだろうと示唆している。貿易は8810億ドルから4兆7000億ドルへと5倍増するだろう。

世界の海運貿易の約10%が毎年紅海経済水域を通る。能力が倍増するスエズ運河の拡張が通行量の増加を推進すると期待されている。

ロジスティクス・インフラが限られていることは成長を制約する1要素にすぎない。例えば、現在の最大のコンテナ船を扱える地域の港は少ない。2015年に操業を開始したサウジアラビアのキングアブドラ港2017年までに紅海最大の港になる。

成長に影響するその他の要素には経済発展のレベルの違いが大きいことと国境を超える貿易のコストを大きく増大させる規制環境が含まれている。世界銀行のデータは、製品製造に使われた1ドル当たりロジスティクスのコストや関税を含め2.19ドルの貿易コストがかかることを示唆している。

インフラの改善と国境越え貿易での協力強化は効率を向上させ、コストを減らし、中小企業の世界的なバリューチェーンへの参加を増やせるだろう。これはGDPの成長を現在の予測よりほぼ30%ポイント高めて2050年までに6兆6000億ドルに、貿易を180%ポイント以上高めて6兆3000億ドルに増やすだろう。

アル・ラシェード氏は「Red Sea Foundationの目的はロジスティクス・インフラを強化し、紅海地域諸国間の貿易を促進し、海外の投資を推進することによって、この地域の巨大な潜在可能性を現実化することである。これは公共、民間部門と市民社会がすべて重要な役割を果たすイニシアチブである。Red Sea Foundationはそれらをまとめて世界経済の新たな成長エンジンを構築するために存在する」と述べている。

Red Sea Foundationは紅海岸にあるか、紅海を主要な海運路として利用している20カ国(ブルンジ、コンゴ民主共和国、ジブチ、エジプト、エリトリア、エチオピア、イラク、ヨルダン、ケニア、マダガスカル、モザンビーク、ルワンダ、サウジアラビア、ソマリア、スーダン、シリア、タンザニア、UAE、ウガンダ、イエメン)で構成されている。

▽キングアブドラ・エコノミックシティーについて

キングアブドラ・エコノミックシティー(KAEC)は世界最大の個人の資金提供による新市である。サウジアラビア王国の西海岸に位置するKAECは面積が1億8100万平方メートルで、ワシントンDCにほぼ等しい。同市は2006年に設立され、株式が公開されているサウジアラビアの共同資本会社Emaar、The Economic Cityが開発中である。

2035年までに人口収容能力を持つKAECにはキングアブドラ港、沿岸共同体住居地区、ハラメイン鉄道地区、工業バレーなどがある。

ソース:King Abdullah Economic

King Abdullah Economic City Launches Red Sea Foundation to Drive Growth in Regional Trade

PR63192

DAVOS, Switzerland, Jan. 21 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

    - Red Sea region is the fastest growing emerging market in the world     -

Regional population will increase from 620 million to 1.3 billion by 2050     -

Geneva-based non-profit think tank will promote international cooperation and

develop       policy recommendations

    The development of a trade facilitation framework for the Red Sea region is

essential for the sustainable development of the largest emerging market in the

world, according to Mr Fahd Al Rasheed, Managing Director and Group CEO of King

Abdullah Economic City.

(Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20160121/324494 )

    Speaking at a special event at the World Economic Forum in Davos, Mr Al

Rasheed announced the formation of a non-profit policy think tank, the Red Sea

Foundation, to raise awareness of the region's potential and advocate the

necessary policy initiatives to drive development.

    The Foundation, to be based in Geneva, will comprise a global advisory

board of policy makers, business leaders and relevant subject matter experts.

It will also include an operational staff that will research, formulate and

promote policy recommendations.

    "The Red Sea is a critical global shipping route that has played a pivotal

role in global trade for millennia, but today little of the wealth that flows

though the region actually benefits the countries that border it. That is about

to change," said Mr Al Rasheed. "This is the fastest growing developing market

in the world today and the least exploited. A coordinated initiative to

facilitate trade will significantly improve the flow of goods within the Red

Sea region and foster growth and prosperity where it is most needed."

    According to the United Nations, the population of the twenty countries

that use the Red Sea as their primary shipping corridor will increase by 110

percent from 620 million today to 1.3 billion in 2050. The burgeoning middle

class in the region is expected to increase by 150 percent from 137 million to

343 million in the same period. Current projections indicate that this growth

will drive a threefold increase in regional GDP from $1.8 trillion today to

$6.1 trillion by 2050. Trade will increase by a factor of five from $881

billion to $4.7 trillion.

    Approximately ten percent of global maritime trade passes through the Red

Sea economic basin every year. The expansion to the Suez Canal, which will

double its capacity, is expected to drive increased volumes.

    Limited logistics infrastructure is just one factor limiting growth. For

example, few of the region's ports can handle today's largest container

vessels. Saudi Arabia's King Abdullah Port, which began operations in 2015,

will be largest Red Sea port by 2017.

    Other factors affecting growth include a wide disparity in levels of

economic development and a regulatory environment that significantly increases

the costs of cross border trade. World Bank data suggest that every dollar

spent manufacturing a product generates $2.19 in trade costs, including

logistics costs and tariffs.

    Improvements to infrastructure and enhanced cooperation in cross border

trade could increase efficiency, reduce costs and enhance the participation of

smaller and medium sized companies in the global value chain. This would

improve GDP growth by almost 30 percentage points over current projections to

$6.6 trillion and trade by more than 180 percentage points to $6.3 trillion by

2050.

    "The objective of the Red Sea Foundation is to actualize the enormous

potential of this region by enhancing the logistics infrastructure, promoting

trade among Red Sea region countries and encouraging foreign investment," said

Mr Al Rasheed. "This is an initiative in which the public and private sectors

and civic society all have important roles to play. The Red Sea Foundation

exists to bring them together to build a new growth engine for the global

economy."

    The Red Sea Region comprises twenty countries that either lie on the Red

Sea or use it as their primary shipping channel: Burundi, The Democratic

Republic of Congo, Djibouti, Egypt, Eritrea, Ethiopia, Iraq, Jordan, Kenya,

Madagascar, Mozambique, Rwanda, Saudi Arabia, Somalia, Sudan, Syria, Tanzania,

UAE, Uganda, and Yemen.

    About King Abdullah Economic City

    King Abdullah Economic City (KAEC) is the largest privately-funded new city

in the world. Situated on the west coast of the Kingdom of Saudi Arabia, KAEC

covers an area of 181million square meters of land, approximately the size of

Washington DC. The city is under development by Emaar, The Economic City, a

publicly listed Saudi joint-stock company established in 2006.

    With a population capacity of two million people by 2035, KAEC comprises

King Abdullah Port, the Coastal Communities residential districts, the Haramain

Railway district and the Industrial Valley.

SOURCE: King Abdullah Economic

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中