ヘリアテック社が有機太陽電池においてセル効率13.2%の世界新記録を更新 

Heliatek

2016/2/8 11:02

ヘリアテック社が有機太陽電池においてセル効率13.2%の世界新記録を更新 

AsiaNet 63344

【ドレスデン(ドイツ)2016年2月8日PRニュースワイヤー】

ヘリアテック (Heliatek) 社のR&Dチームは、有機太陽電池を用いた太陽の光エネルギーから電気への直接発電において世界新記録を更新し、有機太陽電池(OPV)多接合型セルにおいて変換効率13.2%の新記録を達成しました。測定はフラウンホーファーCSPによって独自に確認されました。

     (写真:http://photos.prnewswire.com/prnh/20160205/330129

有機半導体の優れた微光性能と高温性能のおかげで、新たに開発された発電セルは16~17%の効率の従来の太陽電池セルの電気出力において、実際の設置条件下でも優れた性能を示しました。

新たな結果は、ヘリアテック社が過去10年間にわたって、3%から13%以上のセル効率と継続的な進歩を遂げたことを実証し、世界をリードする技術提供の企業としての地位を確認しました。また、15%の高性能の有機太陽電池ロードマップをサポートしています。結果はプラスチックフィルム上の低分子真空蒸着を使用して、ヘリアテック社独自の技術アプローチをさらに検証します。

ヘリアテック社の最高技術責任者 (CTO)であるマーチン・ファイファー (Martin Pfeiffer) 博士は「我々はこの世界新記録を非常に誇りに思っています。この成功は、当社の新たな有機吸収材の化学的研究に基づいています。今回の成功の鍵は、物理学・化学R&Dチームとの緊密な協力によるものであり、新たな太陽電池設計の特性の最適な組み合わせの実現につながります」と述べました。

ヘリアテック社のチボー・ル・セギヨン (Thibaud Le Seguillon) 最高経営責任者(CEO)は「この最新の結果が得られ喜んでいます。結果は新たな吸収分子を開発し 、デバイス・アーキテクチャを最適化することで、R&Dを内部化する選択を検証しています。これらは、当社の大量生産ラインの効率化向けのベースラインを提供します。当社はHeliaFilm(R)によって、世界中の建物に直接働き掛ける、脱炭素化・集中型エネルギー生成の方法を提供するための、明確な戦略を遂行しています」と語りました。

世界新記録を達成したセルは、3つの異なる吸収剤を組み合わせた多接合型の電池です。それぞれは効率的に、450から950 nmの波長範囲の緑色、赤色または近赤外光を電気に変換するために利用されています。これらの吸収分子は開発され、ヘリアテック社が特許を取得しています。

新記録を更新したセル効率は太陽スペクトルAM 1.5で測定され、ハレ市にある、実際の設置条件下において、太陽電池の優れた性能を独自に確認する検証センターのフラウンホーファー・シリコン光起電力センター (CSP) によって確認されました。

▽Heliatekの問い合わせ先

Cornelia Jahnel / Heliatek GmbH / Treidlerstr. 3, 01139 Dresden

電話: +49-351-213-034-421

cornelia.jahnel@heliatek.com

http://www.heliatek.com

HeliaFilm(R)はHeliatek GmbHの登録商標です。

ソース:Heliatek

(日本語リリース:クライアント提供)

Heliatek Sets New Organic Photovoltaic World Record Efficiency of 13.2%

PR63344

DRESDEN, Germany, Feb. 8, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

     Heliatek R&D teams reached a record conversion efficiency of 13.2% for an

OPV multi-junction cell, setting a new world record for the direct conversion

of sunlight into electricity using organic photovoltaic cells. The measurement

was independently confirmed by Fraunhofer CSP.

    (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20160205/330129 )

    Thanks to the excellent low light and high temperature behavior of the

organic semiconductor, the electricity generation of the newly developed cells

corresponds to the output of conventional solar cells with 16 to 17% efficiency

when both are under real world conditions.

    This new result confirms the world-leading technology position of Heliatek

as demonstrated by its continuous progress from 3% to more than 13% efficiency

over the last 10 years. It also supports its roadmap towards 15% efficient

organic solar cells. The result further validates Heliatek's unique technology

approach of using vacuum deposition of small molecules on plastic films.

    Dr. Martin Pfeiffer, CTO of Heliatek, says: "We are very proud of this new

world record. This success is based on our chemical research for new organic

absorber materials. Key to this success is the close cooperation of our physics

and chemistry R&D teams, which leads to an optimal combination of the

properties of this new solar cell design."

    "I am delighted by this latest result," adds Thibaud Le Seguillon, CEO of

Heliatek. "It validates our choice to internalize our R&D, both by developing

new absorber molecules and optimizing the device architecture. This will

provide the baseline for efficiency in our large-volume manufacturing line.

With our HeliaFilm(R), we are clearly executing our strategy to provide

de-carbonized, de-centralized energy generation directly on buildings all over

the world."

    The world-record cell is a multi-junction cell combining three different

absorbers. Each of them is dedicated to efficiently convert green-, red- or

near-infrared light of the wavelength range between 450 and 950 nm into

electricity. These absorber molecules have been developed and are patented by

Heliatek.

    The new record efficiency was measured at simulated AM 1.5 illumination and

was confirmed by the Fraunhofer - Center for Silizium-Photovoltaik - CSP in

Halle, a recognized center for independent verification of solar cell

performance results under standard testing conditions.

     Heliatek contact:

     Cornelia Jahnel

     Heliatek GmbH

     Treidlerstr. 3

     01139 Dresden     

     Tel: +49-351-213-034-421

     cornelia.jahnel@heliatek.com

     http://www.heliatek.com

     HeliaFilm(R) is a registered trademark of Heliatek GmbH.

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中