サフト社が日本に新子会社を設立してアジアでの存在感を拡大

サフト

2016/2/22 10:20

サフト社が日本に新子会社を設立してアジアでの存在感を拡大

AsiaNet  63224

【東京2016年2月22日PR Newswire】工業用先進技術バッテリーの世界大手設計・製造企業であるサフト社はこのほど東京に新たな子会社を開設した。サフト社のアジア販売部長であるフィリップ・ウルリッヒ氏が率いる新子会社サフトジャパン株式会社(Saft Japan Kabushiki Kaisha(K.K.))の設立は、アジアの顧客と一層密接になるためのサフト戦略を支える一大ステップになる。新たな専門販売チームを擁する同社の主目標は、サフトのアジア市場占拠率を高め、とりわけ日本での販売を促進させることである。

長期にわたるパートナーである住友商事が従来担当してきた日本市場における活動を、今後はサフトジャパン株式会社が担当することになる。

サフトジャパン株式会社の代表取締役として任命されたフィリップ・ウルリッヒ氏は「過去28年間にわたりパートナーとしてサフト社のために多大なる貢献をしていただいた住友商事には大変感謝している。我々はサフト社の新戦略・運営転換計画『Power 2020』 の始動に伴い、運輸、通信、送電網、さらに民生用エレクトロニクス市場へフォーカスをして、日本における主導権を強化していきたい。だからこそ我々は今、利益を伴う成長を確保しながら市場へ焦点を合わせていくため、また日本の顧客の将来のニーズにより適切に対応していくために、自社の子会社を立ち上げたのである」と語った。

サフトジャパン株式会社は2016年3月2日から4日まで、東京ビッグサイトの[国際]二次電池展(バッテリージャパン2016)と同時開催される第6回[国際]スマートグリッドEXPO(ブース番号W8-31)で業界デビューを果たす。この見本市の入場者には、サフトの工業用電池アプリの最先端テクノロジーが披露される。

サフトジャパン株式会社の住所は東京都港区新橋3-7-3 新橋フォディアビル8階

▽サフトについて

サフト(Saft、ユーロネクスト:Saft)は工業用先進テクノロジー電池の世界大手設計・製造企業で、グループは工業インフラ、プロセス、運輸、軍民用エレクトロニクス市場向けのニッケル電池、一次リチウム電池の世界大手メーカーである。サフトはLiイオン・テクノロジーを利用した宇宙、軍事用電池の世界的大手で、同テクノロジーはエネルギー貯蔵、運輸、通信ネットワーク市場にも展開されている。18カ国、14製造所に4000人以上の従業員を持つ。広範な販売ネットワークとともに、グループの将来の成長促進に貢献している。

www.saftbatteries.com

(日本語リリース:クライアント提供)

Saft Strengthens its Presence in Asia by Opening a New Subsidiary in Japan

PR63224

TOKYO, Feb. 22, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/--

Saft, the world's leading designer and manufacturer of advanced technology

batteries for industry, has opened a new subsidiary in Tokyo, Japan. The new

subsidiary, under the name of Saft Japan Kabushiki Kaisha(K.K.) headed by

Philippe Ulrich, Saft Sales Director for Asia, is a major strategic step that

underpins Saft's strategy to become even closer to customers in Asia. With its

new expert sales team, the main objectives for us are to increase Saft's share

of the Asian market and specifically to boost sales in Japan.

Saft Japan K.K. has now taken responsibility for the activities in the Japanese

market that were handled previously by its long-standing partner, Sumitomo

Corporation.

"We would like to thank Sumitomo Corporation for their contribution to Saft,

which has proved to be a successful partnership over the past 28 years," says

Philippe Ulrich, Saft Japan K.K. General Manager. "In line with the launch of

'Power 2020', Saft's new strategic and operational transformation plan, we want

to strengthen our leadership position in Japan with an increased focus on

transportation, telecom and grid, as well as civil electronics markets. That is

why we have now established our own subsidiary to increase market focus to

ensure profitable growth and also to be more responsive to the future needs of

our Japanese customers."

Saft Japan K.K. will make its business debut at the 6th International Smart

Grid Expo (booth no. W8-31) which will take place simultaneously with Battery

Japan 2016, March 2-4 at Tokyo Big Sight. Visitors to this trade show are

invited to discover Saft's most advanced technologies for industrial battery

applications.

Saft Japan K.K. is located in Tokyo, at Shinbashi Four Deer Building 8F, 3-7-3

Shinbashi, Minato-ku.

About Saft

Saft (Euronext:Saft) is a world leading designer and manufacturer of advanced

technology batteries for industry. The Group is the world's leading

manufacturer of nickel batteries and primary lithium batteries for the

industrial infrastructure and processes, transportation, civil and military

electronics' markets. Saft is the world leader in space and defence batteries

with its Li-ion technologies which are also deployed in the energy storage,

transportation and telecommunication network markets. More than 4,000 employees

in 18 countries, 14 manufacturing sites and an extensive sales network all

contribute to accelerating the Group's growth for the future.

www.saftbatteries.com

SOURCE:  Saft

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中