カンヌ国際映画祭で唯一、誰も観ることのない映画:ジョン・マルコヴィッチ主演「100 YEARS - The Movie You Will Never See」

ルイ13世コニャック

2016/5/6 11:57

カンヌ国際映画祭で唯一、誰も観ることのない映画:ジョン・マルコヴィッチ主演「100 YEARS - The Movie You Will Never See」

AsiaNet 64293

パリ(フランス)、2016年5月3日/PRニュースワイヤー/ --

唯一の「100 years」のコピーは金庫に保管され、カンヌ国際映画祭で上映されます

けっして観ることのない映画

俳優ジョン・マルコヴィッチ主演、ロバート・ロドリゲス監督の「100 Years - The Movie You Will Never See」は、100年後の地球を描いた映画で、2115年まで公開されません。最も新しくても40年物という1200種のオー・ド・ヴィー(eaux-de-vie)の複雑な秘法、ルイ13世コニャック1本を作るのに要する100年に及ぶ丁寧な職人技と忍耐にインスパイアされたオリジナル映画作品です。2115年11月18日の公式プレミアまで「100 Years」の安全を確保するため、100年後に時期が来ると自動的に開錠する特製金庫に、この映画は保管されています。カンヌ国際映画祭総代表のティエリー・フレモーは、「ジョン・マルコヴィッチ主演の『100 Years』は、明らかに革新的な映画プロジェクトです。我われの子孫が『100 Years』をパルム・ドールに認めてくれることを願っています」と述べました。

    (ロゴ: http://photos.prnewswire.com/prnh/20150115/169603 )

    (写真: http://photos.prnewswire.com/prnh/20160502/362390 )

    (写真: http://photos.prnewswire.com/prnh/20160502/362392 )

時間の恩恵

セラー・マスターが自分では経験できないルイ13世の傑作を作りだすことに人生を捧げるように、「100 Years」のキャストやスタッフが最終カットを観ることはありません。このことが、100年後の未来の様子という興味深いコンセプトを探るという、クリエイティブな方向に「100 Years」を導いたのです。

100年先の映画

「100 Years」の唯一のコピーが保管されている金庫は、1825年にフランスで創業し、グネボ・セキュリティー・グループのブランドである金庫と金庫室の世界的リーディングメーカー、フィシェ・バウチェ(Fichet-Bauche)のと共同制作です。ルイ13世グローバル・エグゼクティブ・ディレクターのルドヴィック・ドゥ・プレスィスは、次のように述べました。「わが社は、時間以外では開かない、今までにないような開け方の金庫が欲しいと考えました。いったん扉が閉まるとカウントダウンが始まり、2115年11月18日にカウントダウンが終わるまでどうやっても開けられないものです。わが社が期待するような保証をできるシステムはなかったので、私どもで考案しました」

ロサンゼルスから香港、ロンドン、ニューヨーク経由で東京まで1世紀にわたる旅してコニャック地方のセラーに帰り着いた後、カンヌ国際映画祭期間中、ホテル・ル・マジェスティック・バリエール・カンヌのルイ13世スイートにおいて、ルイ13世はこの金庫を展示します。

情報源:ルイ13世コニャック

(日本語リリース:クライアント提供)

The Only Film in Cannes Film Festival That No One Will Ever See: "100 YEARS - The Movie You Will Never See", Starring John Malkovich

PR64293

PARIS, May 3 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

- The unique copy of "100 years", placed in a safe, will be showcased during

Cannes Film Festival

The movie you will never see

"100 Years - The Movie You Will Never See" is an original film, starring actor

John Malkovich and directed by Robert Rodriguez, which envisions Earth one

hundred years from now and will not be released until 2115. It was inspired by

the century of careful craftsmanship and patience it takes to create each

decanter of LOUIS XIII Cognac - an intricate alchemy of up to 1 200

eaux-de-vie, the youngest of which is at least 40 years old. To ensure that

'100 Years' remains secure until its official premiere on November 18, 2115,

the movie is held in a special safe that will open automatically in 100 years

when the timing is complete. "100 Years starring John Malkovich is clearly an

innovative cinematographic project. I hope that our descendants will consider

the movie '100 Years' for the Palme d'Or at Cannes Film Festival in 2116," said

Thierry Fremaux, general delegate of Cannes Film Festival.

     (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20150115/169603 )

     (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20160502/362390 )

     (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20160502/362392 )

The Privilege of Time

Just as each cellar master is dedicating his life to create a LOUIS XIII

masterpiece which he will never experience, the cast and crew of "100 years"

will never see the final cut of the film. This led the creative direction of

the film "100 Years," which explores the fascinating concept of what the future

might look like in a hundred years.

Cinema, 100 Years Forward

The safe in which the one and only copy of the film "100 Years" is in, has been

created in partnership with the world leading manufacturer of safes & vaults :

Fichet-Bauche established in 1825 in France - a brand of the Gunnebo security

group. "We wanted a safe box that can be opened like never before: with nothing

else but time. Once the door is shut, the countdown begins and there is no way

of opening it until the one hundred year countdown is complete on November 18,

2115. Since the system that could guarantee we hold our promise didn't exist,

we invented it," says Ludovic du Plessis, LOUIS XIII Executive Global Director.

After its travels from L.A to Tokyo through Hong-Kong, London, New York before

coming back to LOUIS XIII cellars in Cognac, for a century, LOUIS XIII is glad

to showcase the safe in its natural setting during Cannes Film Festival, in The

LOUIS XIII SUITE, at Hotel Le Majestic Barriere Cannes.

SOURCE: LOUIS XIII COGNAC

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中