ヨーロッパ中に広まるチャイルド・フォーカスのコイン・オブ・ホープ(Coins of Hope)

チャイルド・フォーカス

2016/7/5 10:51

ヨーロッパ中に広まるチャイルド・フォーカスのコイン・オブ・ホープ(Coins of Hope)

AsiaNet 65018

行方不明の子供を描いた2ユーロ硬貨が発行されました。このキャンペーンは、チャイルド・フォーカス&コミュニケーション・エージェンシーにより、SNS (#coinsofhope) と実生活の両面で世界中に広められています。これまで、この硬貨は、12ヶ国を超える国々が対象とされてきましたが、ユーロ圏以外でも注目されています...

全ての行方不明の子供たちのシンボルとして

国際ミッシングチルドレンの日でもある5月25日に、行方不明の子供たちの肖像画が描かれた2ユーロ硬貨が初めて発行されました。ベルギーの組織、チャイルド・フォーカスが開始したこのキャンペーンは、この硬貨が継続的に流通するように、月末過ぎに継続されることになります。

2ユーロ硬貨に描かれているのは、20年前に、2歳のときに行方不明になったLiam Vanden Branden君という子供です。Liam君は、ベルギーで行方不明になった子供たちの中で一番幼い子供です。彼は、短期間または長期間行方不明になっている全ての子供たちのシンボルとなっています。

100万枚の2ユーロ通貨が、ユーロ圏で流通しています。この硬貨は、ベーカリーやフラワーショップでも使えます。このキャンペーンの目的は、この2ユーロ硬貨を使うことで、昨日、今日、明日と、常に全ての行方不明の子供たちの運命に少しでも影響を与えられるようにすることです。そのため、この名前コイン・オブ・ホープ(Coins of Hope)が付けられました。

Facebook、Twitter、Instagramで心温まるリアクション

SNSでは、このキャンペーンがすぐに取り上げられ、各メディアの担当者もこのキャンペーンを宣伝しています。この硬貨は、マリールイーズ・コレイロ・プレカ (マルタ大統領)、ロブ・ウェインライト(欧州刑事警察機構本部長)、バロネス・ジョアンナ・シールド(英国インターネット安全・セキュリティ担当大臣)、マーティン・ソレル(世界トップクラスのコミュニケーショングループのCEO)など、様々な人たちに共有されてきました。

これまで、SNSで1500万人の人たちに広まるという驚きの結果となっています。そして、さらに...

コイン・オブ・ホープ(Coin of Hope)をサポートしましょう!

実際にコイン・オブ・ホープ(Coin of Hope)に参加できなくても、画像を共有することはできます。www.coinsofhope.eu から、コイン・オブ・ホープ(Coin of Hope)のコインの写真を転送できます。  

チャイルド・フォーカスでは、財布の中のコイン・オブ・ホープ(Coin of Hope)を見たり、SNSのペーを閲覧するたびに、何百万人の人々が、行方不明の子供たちや愛する人たちの運命を少しでも思い出してもらうように、サポートしています。もしかしたら、あなたが行方不明の子供たちの重要な手がかりを握っているかもしれないからです。そして、私たちは、多くの人たちに関心を持ってもらいたいと考えています。行方不明の子供たちの情報を共有したり、募金をしたり、ボランティアに参加することで、あなたも行方不明の子供たちをサポートすることができます。

お問い合わせ

Child Focus:

・Dirk Depover +32/(0)476959504

・Maryse Rolland +32/(0)479303021

These Days Wunderman:

・Erwin Jansen | +32/(0)496574115 | erwin.jansen@thesedays.com

・Seppe Dogge |+32/(0)474434979 | seppe.dogge@thesedays.com

ソーシャル:#coinsofhope

ウェブサイト:www.coinsofhope.eu

プレス:https://coinsofhope.eu/en/press

(日本語リリース:クライアント提供)

Child Focus' Coin of Hope Rolls Across Europe

PR65018

BRUSSELS, July 5, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

     It's a first: a coin depicting a missing a child. And the world embraces

this initiative launched by Child Focus & communication agency These Days. Both

on social media (#coinsofhope) and in real life. So far the coin has surfaced

in over a dozen countries and it has even been spotted outside the eurozone...

    Liam, symbol for all missing children

    For the first time ever, a regular coin bears the likeness of a missing

child. The day of the launch was not selected at random because 25th May is

International Missing Children's Day. Set up by Belgian organisation Child

Focus, this campaign will simply continue past the end of the month, just like

the coin will continue to circulate.

    The EUR2 coin depicts Liam Vanden Branden, who went missing exactly twenty

years ago at the tender age of two. Since then Liam has been the youngest child

to remain missing in Belgium. He symbolises all children that have been missing

for short or longer periods.

    One million coins were struck which are now used as regular currency

throughout the eurozone. This means you can use them at the baker's or the

florist. The aim of the campaign is to give everyone who receives or spends

such a coin a moment of pause to reflect on the fate of all missing children -

yesterday, today and tomorrow. Hence the name: Coins of Hope.

    Heartwarming reactions on Facebook, Twitter, Instagram

    Social media picked up on the initiative right away and a host of media

figures gave the campaign an additional boost: so far, the coin has been shared

by Marie-Louise Coleiro Preca (President of Malta), Rob Wainwright (director of

Europol), Baroness Joanna Shields (UK Minister for Internet Safety and

Security), Andre Greipel (professional cyclist), Sir Martin Sorrell (CEO of the

world's largest communication group).

    The initial results are encouraging: to date we have reached over 15

million people through social media. And counting...

    Make your own Coin of Hope!

    Even if you don't get your hands on an actual Coin of Hope, you can still

share it. At http://www.coinsofhope.eu you can transform any photograph with a

coin into a photo with a Coin of Hope.

    Child Focus hopes that millions of people will spare a thought for the fate

of missing children and their loved ones each time they come across a Coin of

Hope in their purse or when they discover one on a social network site. Because

anyone may one day be a crucial witness in a missing children case. But raising

awareness doesn't stop there: you can help by sharing missing persons

bulletins, making a donation or by becoming a volunteer to help bring a missing

child back home.

     Contact info

     Child Focus:

     Spokesperson Dirk Depover +32/(0)476959504

     Spokesperson Maryse Rolland +32/(0)479303021

     These Days Wunderman:

     Erwin Jansen | +32/(0)496574115 | erwin.jansen@thesedays.com

     Seppe Dogge |+32/(0)474434979 | seppe.dogge@thesedays.com

     Social: #coinsofhope

     Website: http://www.coinsofhope.eu

     Press: https://coinsofhope.eu/en/press

SOURCE: Child Focus

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中