(冨樫義博氏などが参加)市ゆかりの漫画家による広報紙表紙イラストリレー企画が始動

新庄市

2016/7/12 17:00

山形県新庄市では、ユネスコ無形文化遺産候補となっている『新庄まつり』(毎年8月24日~26日開催)の登録を祈念し、日本で初めて、市ゆかりの現役漫画家たちによる自治体広報紙表紙への応援イラストリレー企画を実施します。

2016年7月12日

山形県新庄市

市ゆかりの漫画家による広報紙表紙イラストリレー企画始動

山形県新庄市で、毎年8月24日から26日にかけて開催される『新庄まつり』。この新庄まつりを含む日本の山・鉾・屋台行事(全国33件)がユネスコ無形文化遺産の候補として国連教育科学文化機関(ユネスコ)に一括提案されており、11月28日~12月2日にエチオピアで開催されるユネスコ政府間委員会で審議が行われる予定です。

登録されれば、山形県内初、県内唯一のユネスコ無形文化遺産となります。

新庄市では、この新庄まつりのユネスコ無形文化遺産登録を後押しするために、市内の気運醸成を目指して、同じく日本を代表する文化「クールジャパン文化」の『漫画』と、「伝統文化」である『まつり』を掛けあわせて、次のとおり応援企画を実施します。

■実施概要:新庄市ゆかりの漫画家5人が、毎月リレー方式で、広報紙「広報しんじょう」表紙に「新庄まつり応援イラスト」を掲載します。

■実施期間:広報しんじょう7月号(7月11日発行)~11月号(11月9日発行)までの5号分

■参加漫画家紹介

――7月号(7月11日発行)担当 阿部 ゆたか(新庄市出身)――

大学の後輩で小学館の週刊少年漫画雑誌「サンデー」に連載中の人気漫画「名探偵コナン」の作者 青山剛昌氏の誘いで、小学生版や劇場版の「名探偵コナン」の作画などを手がけるほか、漫画専門校の講師を務めるなど多彩な経歴をもつ。

代表作は「ドラゴンクエスト 精霊ルビス伝説」。

――8月号(8月9日発行予定)担当 冨樫 義博(新庄市出身)――

週刊少年ジャンプ(集英社)『HUNTER×HUNTER』連載中。

代表作は『幽☆遊☆白書』『レベルE』『HUNTER×HUNTER』。

本企画には、描き下ろしイラストで参加予定。

――9月号(9月9日発行予定)担当 岡田 理知(新庄市出身)――

代表作、「本家のヨメ」は、集英社より全20巻発刊されており、2001年に日本テレビ系列で実写ドラマ化。日本のほか、アジア圏でも放映され、台湾などで大ヒットドラマとなった。

本企画には、描き下ろしイラストで参加予定。

――10月号(10月11日発行予定)担当 安彦 麻理絵(新庄市出身)――

代表作は『コンナオトナノオンナノコ』。

本企画には描き下ろしイラストで参加予定。

――11月号(11月9日発行予定)担当 羽海野 チカ(東京都出身)――

両親が山形県最上郡内出身(母親が新庄市出身)のため、新庄市で出生。

ヤングアニマル(白泉社)で『3月のライオン』連載中。

代表作は『ハチミツとクローバー』『3月のライオン』。

本企画には、『3月のライオン』の単行本表紙イラストで参加予定。

詳しくは7月11日(月)に発行した『広報しんじょう7月号』をご覧ください。

広報しんじょう7月号デジタルブック: http://www.city.shinjo.yamagata.jp/book/koho/20160711/index.html

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中