NHK連続ドラマ「みをつくし料理帖」のコミック版作画担当 【岡田理知の世界展】開催

新庄市

2017/6/8 13:41

平成29年5月よりNHK連続ドラマとして放送されている「みをつくし料理帖」のコミックで作画を担当した「岡田理知」の特別展覧会を開催。岡田理知の出身である山形県新庄市にある新庄最上漫画ミュージアムにて、【岡田理知の世界展-みをつくし料理帖編-】を6月17日(土)~7月17日(月)に行います。

2017年6月8日

山形県新庄市役所

NHK連続ドラマとして放送されている「みをつくし料理帖」

コミック版作画担当 岡田理知

特別展覧会開催

平成29年5月よりNHK連続ドラマとして放送されている「みをつくし料理帖」のコミック版作画担当「岡田理知」の特別展覧会を開催。

コミック版「みをつくし料理帖」の扉絵・コマ割り・キャラクター設定画・下書きなどを複数展示。また、岡田理知流の漫画の描き方を解説した特別展示もあります。

【岡田理知の世界展-みをつくし料理帖編-】

■とき:6月17日(土)~7月17日(月)9時~18時 ※第2、第4月曜日休館

■ところ:山形県新庄市多門町1番2号 新庄駅併設「最上広域交流センターゆめりあ」1階 もがみ体験館内

■展示内容:コミック版「みをつくし料理帖」の扉絵・コマ割り・キャラクター設定画・下書き・岡田理知流の漫画の描き方など

●岡田理知プロフィール

 高校在学中の1976年、第95回別マ少女まんがスクール期待賞を受賞。卒業後、集英社の月刊少女漫画雑誌「別冊マーガレット」において、『ろまんちっくな雪の日に』で漫画家デビュー。

 代表作「本家のヨメ」は、集英社より全20巻発刊されており、2001年に日本テレビ系列で実写ドラマ化。日本のほか、アジア圏でも放映され、台湾などで大ヒットドラマとなった。

●みをつくし料理帖

 原作は高田郁による日本の時代小説シリーズ。全10巻。第1回目のドラマ化により累計発行部数300万部を超える大ヒットシリーズとなった。コミック版は2010年2月に原作・高田郁 作画・岡田理知として初版発行。今回の連続ドラマ化により重版された。

 みをつくし料理帖は2012年にテレビ朝日:主演 北川景子で一度ドラマ化されており、2014年に第二弾が放送された。2017年5月13日(土)18時5分より、NHK連続ドラマ:主演 黒木華で放送がスタート。現在、高水準の視聴率を保ちながら、絶賛放送中。

新庄最上漫画ミュージアム公式サイト

http://www.smmm.jp/

新庄市ホームページ内 新庄最上漫画ミュージアムページ

http://www.city.shinjo.yamagata.jp/s011/010/smmm.html

NHK土曜時代ドラマ「みをつくし料理帖」

http://www.nhk.or.jp/jidaigeki/miwotsukushi/

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

岡田理知の世界展チラシ

「みをつくし料理帖」コミック版カラー原画

山形県新庄市広報紙「広報しんじょう」平成28年9月号表紙(岡田理知書き下ろし)

漫画ミュージアムのメインフロア(パネルは冨樫義博氏デザインの「かむてん」)

新庄漫画ミュージアム告知用ポスター

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中