各国はグローバル目標達成に緊急行動が必要-SDGの新インデックスが明示

ベルテルスマン財団

2016/7/14 10:36

各国はグローバル目標達成に緊急行動が必要-SDGの新インデックスが明示

AsiaNet 65075 (0856)

【ギュータースロー(ドイツ)、ニューヨーク2016年7月14日PR Newswire=共同通信JBN】持続可能な開発目標(SDGs)の歴史的採択をもたらした最大の国連サミットから1年を経て、新しい「SDGインデックス&ダッシュボード(SDG Index and Dashboard)」は全加盟国が野心的目標を2030年までに達成するうえで大きな課題に直面していることを示している。いずれの国もSDGsを達成しておらず、トップのスウェーデンでさえいくつかの目標で「赤点」をとっている。

1年前、国連加盟193カ国の首脳はニューヨークで開催された史上最大のサミットに出席し、17項目の持続可能な開発目標の達成に最大限努力すると誓約した。持続可能な開発の3つの側面-経済開発、社会的包摂、環境維持-に及ぶ野心的な目標群である。持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)とベルテルスマン財団(Bertelsmann Stiftung)は14日、新たに持続可能な開発目標インデックス&ダッシュボードを立ち上げた。SDGの進展を追跡し、説明責任を確実にする「成績表」を提供するものである。成績表はどのように首脳が約束を果たせるかを示し、各国に重要改革のモメンタムを失わないよう要請している。SDGインデックス&ダッシュボードは入手可能な149カ国のデータを収集し、SDGs達成に関して各国が2016年時点でどこにいるかを評価している。

(Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20160712/388809-INFO

目標達成に最も近い国は経済大国というより比較的小さい先進国であり、スウェーデン、デンマーク、ノルウェーがトップスリーを占めた。主要先進国(G7)の中でトップテン入りしたのはドイツと英国だけである。インデックスで米国は25位、ロシアと中国はそれぞれ47位と76位にランクされた。当然のことながら、最貧国、発展途上国はSDGインデックスで下位にとどまった。自由に使える資源がほとんどないためである。中央アフリカ、チャド、ニジェールがインデックスの最下位で、SDGs達成までの道はなお遠い。

成績表は地域ごとの主要課題を強調している。経済協力開発機構(OECD)諸国が不平等、持続可能な消費、気候変動、エコシステムの目標達成に苦労する一方、多くの途上国は国民に対する基本的社会サービス、インフラストラクチャー・アクセスの提供で大きな困難に直面している。東、南アジアはほかの多くの発展途上地域をしのいでいるが、保健と教育の根深い課題は満たされていない。中南米・カリブ諸国は大きな不平等が喫緊の課題になっている。サハラ以南アフリカにおける近年の顕著な発展にもかかわらず、世界最貧地域はかなりの改善を必要とする主要分野である極度の貧困、飢餓、保健問題を抱え、ほとんど全てのSDGsで大きな課題に直面している。

ベルテルスマン財団のアールト・デ・ゲウス最高経営責任者(CEO)兼会長は「各国指導者は昨年の歴史的サミットで会議について語った。われわれは今、確実に歩みも進めなければならない。実施当初の数年は、2030年までの持続可能な開発目標の達成にとって極めて重要である」と語った。

SDSNのディレクター、ジェフリー・D・サックス氏は「持続可能な開発目標はストレッチ目標だが、各国が明確な意思を持って取り組めば手の届くところにある。SDGインデックス&ダッシュボードは、各国が目標達成のために実際的な道筋を描く役に立つ」と話した。

▽調査について

2016年7月18日から20日までニューヨークで開催される持続可能な開発に関するハイレベル政治フォーラムおよび閣僚会合に際して、ベルテルスマン財団と持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)は149カ国の持続可能な開発目標に関する世界初の包括的調査結果を公表する。SDSNは国連の新方針をサポートするために設立された調査機関の連合体である。ベルテルスマン財団はドイツ最大級の財団で、万人向けの社会的包摂の推進に努めている。

詳しい情報、完全な国別報告英語版は以下から入手可能。

http://www.bertelsmann-stiftung.de

http://www.unsdsn.org

▽財団の専門家

Christian Kroll

Telephone: +49-(0)5241-81-81471

Mobile phone: +49-173-660-1646

E-Mail: christian.kroll@bertelsmann-stiftung.de

Michael Shank

Telephone: + 1-212-870-2473

E-Mail: michael.shank@unsdsn.org

ソース:Bertelsmann Stiftung

New Index Shows That Countries Need to Act Urgently to Achieve the Global Goals

PR65075

GUTERSLOH, Germany and NEW YORK, July 14 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

     One year after the largest UN Summit in history adopted the Sustainable

Development Goals (SDGs), the new SDG Index and Dashboard show that all

countries face major challenges in achieving these ambitious goals by 2030. No

country has achieved the SDGs and even top Sweden scores "red" on several goals

    One year ago, world leaders from 193 UN member countries met in New York

for the largest summit in history and committed themselves to 17 Sustainable

Development Goals, a set of ambitious objectives across the three dimensions of

sustainable development - economic development, social inclusion, and

environmental sustainability. Today the Sustainable Development Solutions

Network (SDSN) and the Bertelsmann Stiftung launched a new Sustainable

Development Goal Index and Dashboard to provide a report card for tracking SDG

progress and ensuring accountability. The report shows how leaders can deliver

on their promise and it urges countries not to lose the momentum for important

reforms. The SDG Index and Dashboard collect available data for 149 countries

to assess where each country stands in 2016 with regard to achieving the SDGs.

(Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20160712/388809-INFO )

    The countries which are closest to fulfilling the goals are not the biggest

economies but comparably small, developed countries: Sweden, Denmark and Norway

are the top three performing countries.  Germany and the United Kingdom are the

only G7 countries to be found among the top-ten. The United States ranks 25th

on the Index, while the Russian Federation and China rank 47th and 76th,

respectively. Poor and developing countries understandably score lowest on the

SDG Index as they have comparably little resources at their disposal: The

Central African Republic, Chad and Niger are at the bottom of the Index and

still have the longest way to go in achieving the SDGs.

    The report highlights major challenges per region: OECD countries struggle

to meet the goals on inequality, sustainable consumption, climate change and

ecosystems, while many developing countries face major difficulties in

providing basic social services and infrastructure access to their populations.

East and South Asia outperform many other developing regions but unmet

challenges persist in health and education. For Latin America and the

Caribbean, high levels of inequality are among the most pressing issues. In

spite of significant progress in recent years in Sub-Saharan Africa, the

world's poorest region faces major challenges across almost all SDGs, with

extreme poverty, hunger and health as major areas where substantial improvement

is needed.

    "World leaders have talked the talk at the historic summit last year. Now

we must ensure they also walk the walk. The first years of implementation will

be crucial for fulfilling the Sustainable Development Goals until 2030," says

Aart De Geus, CEO and Chairman of the Bertelsmann Stiftung.

    "The Sustainable Development Goals are stretch goals, but they are within

reach if countries work towards them with clarity and determination. The SDG

Index and Dashboard can help each country to chart out a practical path for

achieving the Goals," says Jeffrey D. Sachs, Director of the SDSN.

    About the study

    On the occasion of the High-level Political Forum on Sustainable

Development and the ministerial gathering in New York (July 18 - 20 2016) the

Bertelsmann Stiftung and the UN Sustainable Development Solutions Network

(SDSN) present the world's first comparative study of the Sustainable

Development Goals for 149 countries. SDSN is an association of research

institutes formed to support the new UN objectives. The Bertelsmann Stiftung is

one of the largest foundations in Germany. It works to promote social inclusion

for everyone.

    For further information and complete country reports in English please go

to: http://www.bertelsmann-stiftung.de or www.unsdsn.org/

[http://www.unsdsn.org ]

     Our Experts:

     Christian Kroll, Telephone: +49-(0)5241-81-81471,

     Mobile phone: +49-173-660-1646

     E-Mail: christian.kroll@bertelsmann-stiftung.de

     Michael Shank, Telephone: +1-212-870-2473

     E-Mail: michael.shank@unsdsn.org

SOURCE:  Bertelsmann Stiftung  

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中