新しいICTをリードし、Better Connected Power IoTを構築する

ファーウェイ

2016/7/15 17:36

新しいICTをリードし、Better Connected Power IoTを構築する

AsiaNet 65100(0871)

【バンコク2016年7月14日PR Newswire=共同通信JBN】

*ファーウェイはPEAとともに「Intelligent Power Grid Summit 2016(2016年インテリジェント電力網サミット)」をバンコクで共催

ファーウェイ(Huawei、華為技術)とProvincial Electricity Authority(地方配電公社、PEA)は14日、「Leading New ICT, Building a Better Connected Intelligent Grid(新しいICTをリードし、より良いコネクテッド・インテリジェント・グリッドを構築する)」をテーマにしたIntelligent Power Grid Summit 2016を共催した。300人以上のタイ政府代表と世界の業界専門家がサミットに出席した。サミットは革新的なICTを通じて電力会社のデジタル変革の進展を支援し、効率性、成長、持続可能性を推進することに焦点を合わせた。

PEAのセルムサコール・クライカエウ理事長は歓迎のあいさつで「Intelligent Power Grid Summit 2016は電力会社やICT業界の専門家がインテリジェント電力ネットワークのイノベーションおよび発展に関する視野を広げる絶好の機会である。さらにサミットはエネルギー産業の理解、ICT研究の強力な能力、多数の専門家の育成を結集させ、技術研究と業界発展のコラボレーションを促進する。PEAはエネルギーコストをさらに抑制し、より信頼できるエネルギー供給を消費者に提供する」と語った。

ファーウェイ・エンタープライズ・ビジネス・グループ(BG)東南アジアのプレジデントであるチャン・リン氏は「高まる電力需要と二酸化炭素排出削減の必要性に応えるため、電力会社は新しい生産およびビジネス・モデルを模索し、持続可能で信頼でき、かつ経済的な方法でこれらの課題に応えようとしている。デジタル変革はこれらの機能を実現するために不可欠となる。ファーウェイは世界における豊富な経験、革新的なICT、共同イノベーションセンターを活用することによって、世界の電力会社がデジタル変革を推進し、この新時代において成長できることを全力で支援する。さらに、エネルギー産業のバリューチェーンの中で、パートナーとともにオープンで互いに有益なエコシステムを構築していく」と語った。

▽ICTの能力を生かし、Better Connected Grid(より良いコネクテッド電力網)を構築

サミットの参加者は電力業界の将来の発展について意見を交換した。参加者はインターネット・オブ・シングス(IoT)技術を含む革新的なICTに基づいたEnergy Internetの構築を通じて電力業界を再編する方法を中心に意見交換した。このEnergy Internetは世界の電力網をエネルギーシェアリング・ネットワークに変革する。

ファーウェイ・エンタープライズBGのプレジデントであるジェリー・ジー氏は「全面的に接続されたEnergy Internetは電気装置の潜在的可能性と価値を最大限に引き出す。Energy Internetは、都市が電力消費予測、最大負荷の遷移、正確な伝送路損失分析を達成することを可能にするとともに、市民が電気のリアルタイム価格に基づき電力消費を調整することも可能にする。ファーウェイは「1-2-1」戦略を取り入れ、電力業界のデジタル変革とEnergy Internetの進展を加速する。「1」はIoT接続管理プラットフォームを表し、サードパーティーおよびパートナーに全面的にオープンであり、業界全体の価値を生み出す。「2」は2つの接続様式を表す。すなわちOneAir-IoTおよびブロードバンド電力線搬送通信(PLC)を含む有線と無線である。最後の「1」はLiteOS IoTオペレーティングシステムで、パートナーがIoT製品を迅速かつ効率的に製造することを実現する」と語った。

▽Better Connected GridとEnergy Internetの融合を促進するイノベーション

ファーウェイとPEAは一緒になってコネクテッド電力網とEnergy Internetを駆動する革新的な業界ソリューションの開発を目指すイノベーションセンターの設立の可能性をサミットで検討した。ファーウェイ・テクノロジーズ(タイ)のマネジングディレクターであるワン・イファン氏は「イノベーションセンターは、ファーウェイが電力業界向け専用に提供する最初のものである。ファーウェイはイノベーションセンターを構築するために専門家、技術を含む主要なリソースを投資してきた。人々は革新的な技術開発から学ぶことができ、これによってエネルギー・セキュリティー向上に関する政策に役立つ知識とノウハウを獲得し、それらを応用することが可能となる」と語った。

ファーウェイは20年以上にわたり電力業界にサービスを提供してきており、世界65カ国の160以上の電力会社がファーウェイの製品およびソリューションを導入した。2014年、ファーウェイは初めて「better connected grid」の構築構想を提案し、Global Energy Interconnection Development & Cooperation Organization(GEIDCO)のメンバーの中で唯一のICTソリューション・プロバイダーとなった。ファーウェイは今後も業界の企業および顧客と提携し、スマートグリッド業界チェーンを構築してオープンかつ共同のイノベーションを通じたbetter connected gridの新時代を推進していく」と語った。

Intelligent Power Grid Summit 2016の詳細な情報はウェブサイトhttp://enterprise.huawei.com/topic/Power_summit_2016_en/About-Summit.html を参照。

Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20160714/0861607096

(写真キャプション:ファーウェイとPEAによるイノベーションセンター戦略協力の発表式典)

ソース:Huawei

Leading New ICT, Building a Better Connected Power IoT

PR65100

BANGKOK, July 14, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

-Huawei hosts Intelligent Power Grid Summit 2016 in Bangkok together with PEA-

Huawei and Provincial Electricity Authority (PEA) today co-hosted the

Intelligent Power Grid Summit 2016 under the theme "Leading New ICT, Building a

Better Connected Intelligent Grid". Over 300 executives including Thai

government representatives and global industry experts attended the Summit

which focused on helping power companies advance digital transformation through

innovative ICT to drive efficiency, growth and sustainability.

In his welcome speech, Mr. Sermsakool Klaikaew, PEA Governor, said: "The

Intelligent Power Grid Summit 2016 is great opportunity for the experts who

work in power utilities and ICT industries to broaden their perspectives on

innovation and advancement in intelligent electricity networks. Moreover, it

also combines understanding in the energy industry, strong capability in ICT

research and development of many experts to enhance the collaboration of

technical research and industry development. PEA aims to provide greater

control over energy costs and a more reliable energy supply for consumers."

Mr. Zhang Lin, President of the Huawei Enterprise Business Group (BG) in

Southeast Asia, noted in his welcome speech, "To meet the increasing demand for

power and the need to reduce carbon dioxide emissions, power companies are

exploring new production and business models to address these challenges in a

sustainable, reliable and economic way. Digital transformation will be critical

to enabling these new capabilities. Huawei is committed to helping global power

companies thrive in this new era by leveraging its vast global experience,

innovative ICT, and joint innovation centers to advance their digital

transformation. And build an open and win-win ecosystem together with partners

within the energy industry value chain"

Harnessing the Power of ICT to Build a Better Connected Grid

Participants at the Summit exchanged views about the future development of the

power industry. They focused on how to reshape the power industry through

building the Energy Internet based on innovative ICT including the Internet of

Things (IoT) technologies, transforming global power grids into an

energy-sharing network.

Mr. Jerry Ji, President of Energy Sector, Huawei Enterprise BG, commented, "A

fully-connected Energy Internet will maximize the potential and value of

electrical devices. The Energy Internet will allow cities to achieve power

consumption forecasts, peak load shifting, and accurate line loss analysis,

while enabling citizens to adjust their power consumption based on the

real-time price of electricity. Huawei adopts a '1-2-1' strategy to accelerate

digital transformation in power industry and advance the Energy Internet. '1'

stands for IoT connection management platform is fully open to third-parties

and partners and creates value for the whole industry; '2' stands for two

connection modes - wired and wireless, including OneAir-IoT and broadband

Power-line communication (PLC); the last '1' stands for LiteOS IoT operating

system which enables partners to quickly and efficiently build their own IoT

products."

Innovation together Driving the Convergence of Better Connected Grids and the

Energy Internet

At the summit, Huawei and PEA have a collaboration to study the possibility of

establishing an innovation center with the aim of developing more innovative

industry solutions to power connected grids and the Energy Internet. "The

Innovation Center is the first of its kind delivered by Huawei specifically for

the power industry. Huawei has invested significant resources, including

experts and technologies to build the innovation center. People can be able to

learn from innovative technology development so that they can gain and apply

knowledge and knowhow to support the policy on energy security improvement,"

said Mr. Wang Yifan, Managing Director of Huawei Technologies (Thailand).

Huawei has been providing services to the electric power industry for more than

20 years, with its products and solutions being deployed by over 160 electric

power companies in 65 countries around the world. In 2014, Huawei proposed the

idea of building a "better connected grid" for the first time and became the

only ICT solutions provider among the members of the Global Energy

Interconnection Development & Cooperation Organization (GEIDCO). Huawei will

continue to partner with industry players and customers to establish a smart

grid industry chain and drive a new era of better connected grids through open

and joint innovation.

For more information about Intelligent Power Grid Summit 2016, please visit

http://enterprise.huawei.com/topic/Power_summit_2016_en/About-Summit.html

Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20160714/0861607096

SOURCE: Huawei

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中