NIRA Dynamicsが自律走行車の新たな可能性へクラウドソリューション拡充

NIRA Dynamics AB

2016/7/25 10:03

NIRA Dynamicsが自律走行車の新たな可能性へクラウドソリューション拡充

AsiaNet 65132(0881)

【リンシェーピング(スウェーデン)2016年7月25日PR Newswire=共同通信JBN】自律走行車が前走車と保つべき車間距離を知るには、現在の道路状況に関する情報が必要である。その車が路面の質も分かっていれば、リスクはさらに軽減される。NIRA Dynamicsのソフトウエア、Road Surface Informationおよびクラウドソリューション、Cloud by NIRAはまさにそれを可能にするものである。同社はいまInfocarと協力して、ソリューションの発表に向けて次のステップに進みつつある。

Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20121012/567527

Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20160718/390409

Road Surface Informationは連続的に路面の質を測定し、道路状況の変化や大小の穴、さまざまなレベルの凹凸を検知する。ソフトウエアは既存の車載センサーを活用するためハードウエアを追加する必要がなく、コスト効率に優れたソリューションである。

先進的なドライバー支援機能に対する関心の高まりに応えるため、ソフトウエアは車載診断(OBD)インターフェース経由で関連道路データを収集できるようさらに開発された。昨冬は1日約1万キロの道路データがこの方式で収集され、2016年夏には、NIRAはInfocar ABと協力してデータ収集の次のステップに進み、収集率は最大2万4 000キロまで拡大される。

NIRA独自のクラウドソリューション、Cloud by NIRAのおかげで、このデータはドライバー、ドライバー支援システム、道路管理者による利用が可能である。リアルタイムの天候ベース・ナビゲーションデータとして使うこともできる。このデータは将来、自動運転車の安全性を向上させる一助にもなる。

▽NIRAについて

2001年に創設され、本社をスウェーデンに置くNIRA Dynamicsはセンサーフュージョンの先駆的企業であり、コスト効率に優れ価値を付加するソフトウエア製品・サービスを世界の自動車業界に提供している。顧客には、アウディ、フィアット、ルノー、Seat(セアト)、Skoda(シュコダ)、フォルクスワーゲン、ボルボのような世界の大手自動車メーカーが含まれる。

▽問い合わせ先

Johan Hagg, Head of Marketing and Sales

Phone: +46(0)-700-454056

E-mail: johan.hagg@niradynamics.se

ソース:NIRA Dynamics AB

NIRA Dynamics Expand Their Cloud Solution to Create New Possibilities for Tomorrow's Autonomous Cars

PR65132

LINKOPING, Sweden, July 25, 2016/PRNewswire=KYODO JBN/ --

    For an autonomous car to know what distance it must keep to the car in

front of it, it needs information about the current road conditions. If the

vehicle is also aware of the road surface quality, risks are reduced even

further. NIRA Dynamics' software Road Surface Information, and the cloud

solution Cloud by NIRA, enable just that - and now, in cooperation with

Infocar, the company is taking the next step in the rollout of the solution.

         (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20121012/567527 )

         (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20160718/390409 )

    Road Surface Information continuously monitors the quality of the road

surface, detecting changing road conditions, pits and pot-holes, and different

levels of road roughness. Because the software makes use of the car's existing

sensors to draw conclusions about the road conditions, no additional hardware

is required, making it a cost-efficient solution.

    In order to meet the growing interest in advanced driver assistance

features, the software has been further developed to be able to collect

relevant road data via the car's OBD interface. Last winter, approximately 10

000 kilometers of road data were gathered this way, and in the summer of 2016,

NIRA, in cooperation with Infocar AB, will be taking the next step in their

data collection. The collection rate then gets multiplied by up to 24 000

kilometers of road data - per day.

    Thanks to NIRA's own cloud solution, Cloud by NIRA, this data can be used

by drivers, driver assistance systems and road authorities. It can also be used

as real-time weather-based navigation data. In the future, this data will also

help contribute to safer self-driving cars.

    ABOUT NIRA: Founded in 2001 and headquartered in Sweden, NIRA Dynamics is

at the forefront of sensor fusion, providing cost-efficient, value-adding

software products and services to the global vehicle industry. Customers

include some of the world's leading car manufacturers, such as Audi, Fiat,

Renault, Seat, Skoda, Volkswagen and Volvo Cars.

    

    

    For further information, please contact:

    Johan Hagg, Head of Marketing and Sales

    Phone: +46(0)-700-454056

    E-mail: johan.hagg@niradynamics.se

     

    SOURCE: NIRA Dynamics AB

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中