世界のビール、ワイン、スピリッツの主要メーカーがアルコールに関連する害への取り組みを大きく推進

責任ある飲酒国際同盟(IARD)

2016/7/26 10:25

世界のビール、ワイン、スピリッツの主要メーカーがアルコールに関連する害への取り組みを大きく推進

AsiaNet 65218

ワシントン(米国)、2016年7月26日/PRニュースワイヤー/ --

2015年版の酒類メーカーのコミットメント報告書(Producers' Commitments Report)によると、加盟企業は、2025年までにアルコールに関連する害を10%削減するという世界目標に貢献するためのコミットメントの実行を一段と強化しました。今回は3回目の報告書であり、2015年に世界各国の政府が画期的な「持続可能な開発目標」(SDGs:Sustainable Development Goals)に合意してからは初めての報告となります。

  (ロゴ:http://photos.prnewswire.com/prnh/20160524/371287LOGO

報告書によると、2015年には257の未成年者への教育の取り組みが実施されました。プログラム数は前年から49%増え、参加国も57か国から82か国へと大幅に増加しています。これらのプログラムには、親、教師、地域リーダーなどアルコール購入の法定年齢を守ることの重要性に影響を与える3千万人近くの大人たちが直接関わりました。また1億9200万以上の人が教育プログラム、マスメディア、ソーシャルメディアのキャンペーンを通じて未成年者飲酒の影響について学びました。

加盟企業が主なステークホルダーとともに法定購買年齢(LPA:Legal Purchase Age)の遵守強化を通じて未成年者の飲酒を減らす取り組みも大きく増加しています。各メーカーは2015年に百万人以上の政府機関、法執行機関、小売業の関係者と連携して、年齢制限の導入、施行を支援しました。

ABインベブのCEOでIARD(責任ある飲酒国際同盟)CEOグループ議長のカルロス・ブリトは次のように述べました。「我々のプログラムが拡大するのは喜ばしいことです。しかしながら、我々だけでこの前進ができたのではありません。企業団体、政府、NGO、小売業者との協力が継続、強化できたことの成果です。とはいえ、我々はまだまだ努力を続ける必要があり、アルコールの有害な使用を減らすべく、引き続き世界中で協力と取り組みを広げるよう専念します」

これらは、世界のビール、ワイン、スピリッツのメーカーのCEOたちがアルコールに関連する害に対処するために誓約した未成年者飲酒の低減、マーケティングの行動基準の強化・拡大、消費者への情報提供と責任ある製品イノベーション、飲酒運転の低減、小売業者に対する有害な飲酒削減支援の呼びかけという、5つのコミットメントに基づくプログラムの成果です。アルコール関連害を減らすよう政府や地域の組織など他のステークホルダーと協力することが、社会と自らのビジネスにも利益をもたらすと確信しているからです。

IARDのCEO、アン・キーリングは、「この5ヵ年計画における3年目の成果は、2012年のコミットメントの発表時から真の進歩を遂げています。プログラムの実施国は増加しており、政府や国レベルの他のバートナーも出資、継続する試験プログラムを見れば特に明白です」と述べました。

2015年 5つのコミットメントの主な成果:

コミットメントの事務局である「責任ある飲酒国際同盟」(IARD:International Alliance for Responsible Drinking)が発表した直近の経過報告書は、毎年のデータ収集作業をサポートしているアクセンチュア・ストラテジーが開発した主要業績評価指標を基にしています。データと報告内容はKPMGサステイナビリティー(KPMG Sustainability)が保証しています。

未成年者飲酒の低減

未成年者飲酒に関する法律の施行は、政府、法執行機関、小売業者間の協力の拡大があって初めて可能な社会的な課題です。2015年、コミットメントの12の加盟企業は、LPA法の実行を強化するため小売業を中心に百万人以上の関係者と連携したと報告しました。また若者の価値観形成における親や教育者の重要な役割を認識した上で、未成年者の飲酒低減のために重要な影響力のある大人たちを対象に取り組みを行い、3千万人近い人々が参画しました。

マーケティングの行動基準の強化と拡大

2015年、データが限られた環境の中で誰にアルコールの広告が届いたかを推定する広告掲載評価の新たな方法が試みられました。酒類企業のマーケティングが意図した通りに成人だけを対象とするためには、この情報が必須です。2015年に研究を行ったケニヤ、ウガンダ、ナイジェリアの3か国では、加盟企業のアルコールの広告が、業界の基準を上回る率で成人視聴者に届いていたことをデータが示しています。

加盟企業がビジネスを行っている国の半数近くでは、アルコール広告の業界自主基準による運営のプロセスに、非業界関係者による独立した審査機能を備えています。

消費者への情報提供と責任ある製品イノベーション

ソーシャルメディアとデジタル通信は、世界のすべての人々に届くため、酒類業界による責任ある飲酒の啓発プログラムを補完することができます。個々の企業や業界の運営するサイトとともに、2015年5月に立ち上げられた消費者向けの情報ウェブサイトhttp://www.responsibledrinking.org/ では、消費者が責任ある飲み方や禁酒に関してより多くの情報に基づく選択ができるよう、アルコール製品に関する総合的で正確な情報を提供しています。

飲酒運転の低減

2015年には、新たにカンボジア、ドミニカ共和国、ナミビア、南アフリカの4カ国で、IARD事務局と加盟企業の協力により飲酒運転対策の試験プログラムが開始され、プログラム実施中の国は9か国となりました。

2015年、IARDの加盟企業と世界各地の業界団体は345の飲酒運転防止プログラムを支援し、実施地域は99か国、世界の7つの全地域となりました。

小売業者に対する有害な飲酒削減支援の呼びかけ

「アルコール飲料の責任ある販売に関する指針」(The Guiding Principles on Responsible Retailing)は2015年11月、南アフリカの世界小売業会議(World Retail Congress)で発表されました。これらの指針は法定購入年齢の施行、飲食店での過剰飲酒やビンジドリンキングの削減、飲酒後の安全な移動手段の選択による交通安全の推進、安全な小売環境の推進に重点を置いて、世界中で責任ある酒類販売を促進するための基準を定めたものです。加盟企業がビジネスを行っている世界75か国で、合計251の責任ある酒類販売の取り組みが展開され、前年から20%近い増加となりました。

編集者への注記

詳細および報告の全文は、こちらからどうぞ: http://www.producerscommitments.org/

「コミットメント」に署名している12社:アンハイザー・ブッシュ・インベブ、アサヒホールディングス、バカルディ、ビーム・サントリー、ブラウンフォーマン・コーポレーション、カールスバーグ、ディアジオ、ハイネケン、キリンホールディングス、モルソン・クアーズ、ペルノ・リカール、SABミラー。

IARDは非営利組織で有害飲酒という世界の公衆衛生問題への対処と責任ある飲酒の促進に専念しています。世界的保健のNGOとして、我々は公共、市民社会、個人の利害関係者と協力して任務を推進します。我々は、「アルコールの有害な使用を低減するための世界戦略」(Global Strategy to Reduce the Harmful Use of Alcohol)、「非感染性疾患グローバル監視の枠組み」(Non-Communicable Diseases Global Monitoring Framework)のターゲットである、2025年までに「アルコールの有害な使用の最低10%の相対的削減」、「持続可能な開発目標」(Sustainable Development Goal)3.5の「麻薬乱用および有害なアルコール摂取など、薬物乱用の防止と治療の強化」において国際連合と世界保健機関の国際的取り組みを支援します。

IARDは、アルコールの有害な使用の解決に参画するという共通の目的を持つビール、ワイン、スピリッツメーカーの会員企業が後援しています。各メーカーは当初「2012年10月のコミットメント」(Commitments in October 2012)に署名し、そこで従来のアルコールの有害な使用の低減の努力の強化、拡大を目標に、5年間にわたって行動を起こすことに合意したのです。

情報源:責任ある飲酒国際同盟(IARD)

(日本語リリース:クライアント提供)

World's Leading Producers of Beer, Wine and Spirits Gain Momentum in Their Efforts to Address Alcohol-related Harm

PR65218

WASHINGTON, July 26 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

     The 2015 Producers' Commitments Report shows signatory companies have

stepped up implementation of their Commitments to contribute to the global

target of reducing alcohol-related harm by 10% by 2025. This is the third

Report, and the first since the ground-breaking Sustainable Development Goals

(SDGs) were agreed by governments in 2015.

(Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20160524/371287LOGO )

    The Report showed 257 underage education initiatives implemented in 2015, a

49% increase on the previous year, with a significant increase in the number of

countries engaged, from 57 to 82 countries. These programs directly engaged

nearly 30 million unique adult influencers such as parents, teachers, and

community leaders on the importance of respecting legal age limits on buying

alcohol. Over 192 million additional individuals were reached through education

programs, mass media and social media campaigns.

    This acceleration is also evident in the signatories' engagement with key

stakeholders to reduce underage drinking through the enforcement of Legal

Purchase Age (LPA). Producers' supported implementation and enforcement of age

limits through more than one million engagements with government agencies, law

enforcement, and retailers in 2015.

    "It is good to see our programs being expanded," said Carlos Brito, CEO AB

InBev, Chair of the IARD CEO Group. "However, we could not have achieved this

progress on our own. It has been the result of collaboration with an

ever-increasing number of industry associations, governments, NGOs, and

retailers. But our efforts are far from over and we will work hard to continue

to expand our partnerships and initiatives around the world to reduce the

harmful use of alcohol."

    The programs' achievements build on five Commitments made by the CEOs of

the world's leading producers of beer, wine, and spirits to help tackle

alcohol-related harm: reducing underage drinking, strengthening and expanding

marketing codes of practice, providing consumer information and responsible

product innovation, reducing drinking and driving, and enlisting the support of

retailers to reduce harmful drinking. They believe that working with other

stakeholders, including governments and community organizations, to reduce

alcohol-related harm benefits society and their businesses alike.

    "The results from the third year of this five-year program show real

progress against the global Commitments made in 2012," said Ann Keeling, IARD

CEO. "Programs have increased in terms of the number of countries, and it is

particularly positive to see pilot programs being funded and continued by

governments and other partners at the national level."

    2015 - Key achievements on the Five Commitments:

    The latest progress report released by the International Alliance for

Responsible Drinking (IARD), Secretariat to the Commitments is based on key

performance indicators developed by Accenture Strategy, who also support the

annual data collection process. The data and report have been assured by KPMG

Sustainability.

    Reducing underage drinking

    Enforcement of underage drinking laws is a societal challenge that is only

possible through expanded cooperation among governments, enforcement agencies,

and retailers. In 2015, the 12 signatories reported more than 1 million

engagements, primarily engaging retailers, to uphold LPA laws. Also recognizing

the important role that parents and educators have on the values of young

people, these programs targeted key adults to reduce underage drinking. The

number of adult influencers collectively reached with education programs

increased to nearly 30 million in 2015.

    Strengthening and expanding marketing codes of practice

    In 2015, an alternative method for assessing advertising placement was

adopted to address who was being reached by alcohol advertising in data-poor

environments. This information is critical to ensuring that company marketing

is directed to adults, as intended. The 2015 data demonstrates that in Kenya,

Uganda, and Nigeria, the three countries studied, alcohol advertising by

signatory companies exceeded the industry standard for reaching adult audiences.

    Almost half the countries where signatory companies are commercially active

have included independent non-industry participation in their self-regulatory

process for alcohol advertising.

    Providing consumer information and responsible product innovation

    Social media and digital communications complement industry programs to

engage consumers about the responsible consumption of alcohol, reaching

individuals across all regions. The consumer information website,

http://www.responsibledrinking.org, launched in May 2015, along with other

individual company and industry-supported sites, give consumers access to full

and accurate information about alcohol products so they can make more informed

choices about drinking responsibly or abstaining.

    Reducing drinking and driving

    In 2015, four additional pilot programs to address drinking and driving

were launch by IARD in collaboration with signatories in Cambodia, the

Dominican Republic, Namibia, and South Africa for a total of nine countries

currently running pilots.

    In 2015, IARD members and industry organizations supported 345 drinking and

driving prevention programs, reaching 99 countries across all seven regions.

    Enlisting the support of retailers to reduce harmful drinking

    The Guiding Principles on Responsible Retailing were published in November

2015 at the World Retail Congress in South Africa. These principles identify

standards for encouraging responsible retailing worldwide through an emphasis

on enforcement of legal purchase age, minimizing binge or excessive drinking at

retail establishments, promoting road safety through safe transport options,

and highlighting features of a safe retail environment. A total of 251 local

responsible retailing initiatives have been rolled out in 75 countries where

signatories are commercially active, up by nearly 20% from the previous year.

    Notes to editors

    For more information, and to read the full report, please visit:

http://www.producerscommitments.org

    There are 12 signatories to the Commitments: Anheuser-Busch InBev; Asahi

Group Holdings; Bacardi; Beam Suntory; Brown-Forman Corporation; Carlsberg;

Diageo; Heineken; Kirin Holdings Company; Molson Coors; Pernod Ricard; and

SABMiller.

    IARD is a not-for-profit organization dedicated to addressing the global

public health issue of harmful drinking and promoting responsible drinking. As

a global public health NGO, we partner with public, civil society and private

stakeholders to advance our mission. We support global efforts of the United

Nations and the World Health Organization in the Global Strategy to Reduce the

Harmful Use of Alcohol, the Non-Communicable Diseases Global Monitoring

Framework target of "at least 10% relative reduction in the harmful use of

alcohol" by 2025, and the Sustainable Development Goal 3.5, "Strengthen the

prevention and treatment of substance abuse, including narcotic drug abuse and

harmful use of alcohol."

    IARD is supported by its Member Companies among beer, wine, and spirits

producers in their common purpose of being part of the solution to the harmful

use of alcohol. The producers initially signed the Commitments in October 2012,

when they agreed to undertake a series of actions over five years with the goal

of strengthening and expanding existing efforts to reduce the harmful use of

alcohol.

    Contact: media@iard.org; +1-202-556-6970 Washington D.C; +32-471-611-373

Brussels, Belgium

Source:  International Alliance for Responsible Drinking  (IARD)

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中