ズーハク企画第3弾!「ズーハク・ワークショップ 縄文人に挑戦!?シカの角で何つくる?」を開催!

日立市

2016/9/7 19:30

 日立市(市長:小川春樹、茨城県)は、平成28年9月17日(土)、18日(日)の2日間、「かみね動物園」どうぶつ資料館で、「かみね動物園」と「郷土博物館」の協同企画第3弾、「ズーハク・ワークショップ 縄文人に挑戦!?シカの角で何つくる?」を開催します。

H28.9.7

日立市

ズーハク企画第3弾!「ズーハク・ワークショップ 縄文人に挑戦!?シカの角で何つくる?」を開催!

 日立市(市長:小川春樹、茨城県)は、平成28年9月17日(土)、18日(日)の2日間、「かみね動物園」どうぶつ資料館で、「かみね動物園」と「郷土博物館」の協同企画第3弾、「ズーハク・ワークショップ 縄文人に挑戦!?シカの角で何つくる?」を開催します。

 「ズーハク」は、「動物園」と「博物館」それぞれの魅力を、従来とは異なる手法で表現し、来園者に楽しんでもらうことを目的に、「かみね動物園」と「郷土博物館」の職員が協同で企画・開催するイベント。第3弾となる今回は、「ズーハク・ワークショップ 縄文人に挑戦!?シカの角で何つくる?」と題し、シカの角をつかったストラップづくりをとおして、縄文人の道具作りに挑戦します。

「動物園」の飼育員や「博物館」の学芸員と一緒に、過去に生きた縄文人と、現在も躍動するシカとの関わりを楽しく学びましょう!

■日時 平成28年9月17日(土)、18日(日)

    午前11時から正午、午後1時から2時(各日2回開催)

■会場 かみね動物園内どうぶつ資料館(日立市宮田町5-2-22)

■内容

 (前半)縄文人とシカの関わりやシカの生態について、動物園と博物館の職員が解説します。

 (後半)シカ角でストラップをつくります。

■参加料 無料。ただし、動物園への入園料はかかります。

■申込み 当日、どうぶつ資料館で受け付けます。

■定員 各回20人(先着順)

■問合せ先 日立市教育委員会 郷土博物館

      (TEL:050-5528-4923)

      かみね公園管理事務所

      (TEL:050-5528-5184)

【日立市かみね動物園】

 動物たちを間近で観察したり触れ合ったりすることができます。人気のエサやり体験ではゾウやキリンのほか、トラやライオンにもエサをあげることができます。

かみね動物園ホームページ http://www.city.hitachi.lg.jp/zoo/

【日立市郷土博物館】

 郷土にかかわる考古・歴史・民族資料、美術資料を収集、保存、展示しています。ユネスコ無形文化遺産である日立風流物の模型なども見ることができます。

郷土博物館ホームページ http://www.city.hitachi.lg.jp/museum/

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

H27学芸員が動物園で

H27飼育員が博物館で

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

    過去に配信したプレスリリース