Owl Computing TechnologiesがIndustrial Control Systemのサイバーセキュリティについて日本で講演の予定

Owl Computing Technologies, Inc.

2016/10/11 10:49

Owl Computing TechnologiesがIndustrial Control Systemのサイバーセキュリティについて日本で講演の予定

AsiaNet 65857

【リッジフィールド(米コネティカット州)2016年10月11日PR Newswire】

*Owlは重要インフラ産業から参加する日本トップのサイバーセキュリティの精鋭に講演する

データダイオード・サイバーセキュリティ・ソリューションのプロバイダーであるOwl Computing Technologies Inc.(http://www.owlcti.com/ )は2016年10月14日に東京で開催のS4xJapan ICSセキュリティ・カンファレンス(S4xJapan ICS Security Conference)で、産業用制御システム(ICS)のサイバーセキュリティ・プロテクション戦略についてプレゼンテーションを行なう。産業用制御システム(ICS)とSCADAサイバーセキュリティに焦点を定めたこのイベントは、ICSサイバーセキュリティ制御の先鋭的な概念と提言について考察する。これにはビジネスおよびオペレーション技術(OT)戦略、攻撃的・防御的ICSセキュリティ・セッション、将来のトレンドおよび関連分野などが含まれる。

Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20150508/214854LOGO

OwlのWorldwide Channel Partnerships & International Sales担当ディレクターのデニス・ラナハン氏が、重要インフラストラクチャーの産業用制御システムを防御するために米国土安全保障省(DHS)(http://owlcti.com/whitepapers/7-Steps-Defend-Industrial-Control-Systems.pdf )が推奨したセキュリティ・コントロールの7つの戦略に基づき鍵となる概念を講演する。これらの推奨は攻撃対象領域の削減、リモート・アクセスなしでのリモート・モニタリング提供、アプリケーションのホワイトリスティングのような最善の慣行を用いた多層防御戦略、データダイオードの使用、未使用ポートとサービスの閉鎖、そして可能なときは常に一方通行のコミュニケーションを行なうことが含まれる。ラナハン氏にはOwlの日本におけるマスター・ディストリビューターである日本ダイレックス株式会社 (http://www.direx.com/ )の幹部社員が同行する予定。

Owl Computing Technologiesの社長兼最高経営責任者(CEO)のロナルド・ムラズ博士は「特にエネルギー分野における産業用制御システムは、ますます多くのサイバーアタックを経験している。米国の原子力エネルギー産業は発電所と施設を守るため、サイバーセキュリティ措置を定義、実行する上で多額の投資をした。日本が原子力を再び稼働させる中で、彼らは現時点で全世界最高の慣行を実行することに関心を持っている。このイベントによって私たちの経験の一部、そして日本のオペレーターたちと使用事例を共有することができる」と述べた。

この1日間のイベントでは機器プロバイダー、オーナーやオペレーター、政府、コンサルティング・グループと産業の専門家といった日本最高のICSセキュリティの精鋭たちが一堂に会する。開演にあたっての基調講演者は経済産業省サイバーセキュリティ・情報化審議官の伊東寛氏で、終了の基調講演は日経で「次代を創る100人」のひとりに選ばれた齊藤ウィリアム氏である。イベントではOwlと日本ダイレックスのスタッフにより、マーケットで唯一のコンパクトなデータダイオードDINレール・ソリューションなどOwlが持つ重要インフラストラクチャーの最新ソリューションのデモがある。ICSセキュリティ・カンファレンスの詳細は(http://www.owlcti.com/index.html )で、その他今後のOwlのイベントについては(www.owlcti.com )を参照。

DHSから提供のガイドラインについての詳細はDHH Seven Steps(http://owlcti.com/whitepapers/16-4_1-WP.pdf )で、またOwlがこれらの推奨をどのように使って配置したかについては白書OPDS Supports DHS Seven Strategies(OPDSはDHSの7つの戦略をサポートする)(http://owlcti.com/whitepapers/16-4_1-WP.pdf )を参照。

【日本ダイレックスについて】

40年以上にわたり、ネットワークインテグレーション事業を継続。情報通信ネットワークシステムの構築、保守サービスをはじめ、ネットワークシステムに係るハードウェア、ソフトウェアの開発、製造、販売、賃 貸及び輸出入、およびシステムの開発、販売を幅広く手掛けています。技術力に定評があり、特にネットワークシステムの計測、制御、最適化設計に高い評価を得ています。信頼性の高いネットワークを設計構築し、 国内の大手顧客企業と長期の関係が継続する中、時代の要請に応える製品・サービスを開発・提供しています。

<会社概要>

社 名 :日本ダイレックス株式会社(英文社名 JAPAN DIREX CORPORATION)

所在地 :東京都千代田区内神田2丁目5番5号 ヒューリック大手町北ビル 7F

創立 :1973 年 3 月 16 日

資本金 :8,300 万円

代表者 :代表取締役 :若山政敏(わかやままさとし)

従業員 :50 名(2016 年 4 月現在)

事業所 :東京本社、大阪支店、名古屋支店、福岡営業所

一般第二種電気通信事業者 / ISO 9001 認証取得

一般読者からのお問い合わせ先

日本ダイレックス株式会社 営業グループ

TEL: 03-5207-7160

E-mail: sales@direx.com

http://www.direx.com/

本件に関する報道関係のお問い合わせ先

Direx-owl広報事務局

TEL: 03-4405-8773 担当: 河端, 川ロ

E-mail: direx-owl@alsarpp.co.jp

ソース:Owl Computing Technologies, Inc.

(日本語リリース:クライアント提供)

Owl Computing Technologies to Speak on Industrial Control System Cybersecurity in Japan

PR65857

RIDGEFIELD, Conn., Oct. 3, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

          -- Owl to address top Japanese cybersecurity talent from

                    critical infrastructure industries

   Owl Computing Technologies Inc. (http://www.owlcti.com/), a data diode

cybersecurity solutions provider, is proud to announce it will be presenting

cybersecurity protection strategies for industrial control systems (ICS) at the

upcoming S4xJapan ICS Security Conference in Tokyo on October 14, 2016. This

event, focused on industrial control system (ICS) / SCADA cybersecurity, will

examine advanced concepts and recommendations for ICS cybersecurity controls.

This includes business and operations technology (OT) strategy, offensive and

defensive ICS security sessions, future trends and related fields.

   Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20150508/214854LOGO

   Mr. Dennis Lanahan, Director World Wide Channel Partnerships & International

Sales for Owl, will be presenting key concepts from the seven strategies for

security controls recommended by the US Department of Homeland Security (DHS) (

http://owlcti.com/whitepapers/7-Steps-Defend-Industrial-Control-Systems.pdf )

to protect industrial control systems in critical infrastructure. These

recommendations include reducing attack surfaces, providing remote monitoring

without remote access, and defense in depth strategies using best practices

like application white listing, use of data diodes, locking down unused ports

and services and using one-way communication whenever possible. Mr. Lanahan

will be accompanied by senior members of Japan Direx Corporation

(http://www.direx.com/), Owl's master distributor in Japan.

   "Industrial control systems, especially those in the energy sector, are

experiencing ever increasing cyberattacks," noted Dr. Ronald Mraz, President &

CEO of Owl Computing Technologies. "The U.S. nuclear energy industry has

invested significantly in defining and implementing cybersecurity measures to

protect their plants and facilities. As Japan continues to bring their nuclear

fleets back online, they are looking to implement current best practices from

around the world. This event allows us to share some of our experiences and use

cases with the operators in Japan."

   This one-day event brings together the top Japanese ICS security talent from

equipment providers, owner/operators, the government, consulting groups and

industry experts. The opening keynote speaker is Hiroshi Ito, Deputy

Director-General for Cybersecurity and Information Technology at METI, and the

closing keynote is William Saito, named by Nikkei as one of the "100 Most

Influential People for Japan". At the event Owl and Direx staff will be

demonstrating Owl's latest solutions for critical infrastructure including the

market's only compact data diode DIN rail solution. For more information on the

ICS Security Conference (http://www.owlcti.com/index.html) and other upcoming

Owl events, please visit: www.owlcti.com.

   To learn more about the guidance provided by the DHS see DHS Seven Steps

(http://owlcti.com/whitepapers/16-4_1-WP.pdf) and to learn how Owl has already

put these recommendations to use and deployed them, download the whitepaper

OPDS Supports DHS Seven Strategies

(http://owlcti.com/whitepapers/16-4_1-WP.pdf).

   About Owl Computing Technologies, Inc.

   For over 17 years Owl Computing Technologies has been implementing next

generation cybersecurity solutions for critical networks.  Owl's DualDiode

Technology(R), a proprietary data diode, boasts over 28 technology patents and

has over 2,000 successful deployments globally across intelligence, government,

military, utility, energy, and other critical infrastructure networks.  Owl's

hardware-enforced technology ensures secure networks and enables the reliable

and robust transfer of all data types and file sizes.

   About Japan Direx Corporation

   Since its founding in 1973, Japan Direx Corp. has pursued technologies and

methodologies for network traffic metrics and predictive analysis. Focused on

transforming the world's networks through real-time network intelligence

analysis, Direx offers solutions that dramatically improve network

communication quality and security. Services include design and integration of

information communication networks, maintenance services, hardware components,

software development, manufacturing, sales, rental and import and export

services. Committed to the success of their customers, Direx is dedicated to

building reliable networks that meet the needs of major domestic enterprises.

   Contact:  Scott W. Coleman - Marketing Manager

             scoleman@owlcti.com

             +1-203-894-9342 x133

    SOURCE:  Owl Computing Technologies, Inc.

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中