Dongfeng Motorが常州ハイテク産業開発区で最新小型SUVモデル風神AX5出荷へ

Changzhou National Hi-Tech District

2016/10/17 13:40

Dongfeng Motorが常州ハイテク産業開発区で最新小型SUVモデル風神AX5出荷へ

AsiaNet 66149 (1307)

【常州(中国・江蘇省)2016年10月14日PR Newswire=共同通信JBN】中国のDongfeng Motor Group(東風汽車集団)の最新小型SUVモデル、「風神AX5(Fengshen AX5)」は2016年10月9日、中国東部江蘇省の常州国家ハイテク産業開発区にある同社製造施設の組み立てラインから出荷を開始した。

Photo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20161013/428311

同メーカー2016年の主要製品の1つとして精巧に設計された「風神 AX5」は、8インチ容量のタッチパネル、パノラマ式画像システム、ブラインドスポットモニター、エレクトロニックスタビリティープログラム(横滑り防止装置)、車載リバーシング・レーダーシステムやLED日中走行ライトおよび多機能ハンドルなど、ドライバーがこの車両を所有したいと思う主な理由の一部になることは間違いない幾つかの「すごい」特徴を備えている。

中国東部におけるDongfeng Motorの主要な戦略的投資としての常州施設は、揚子江デルタ地域の中心部に位置している。この地区は、自社独自ブランドを開発する戦略に関する同社計画の遂行を支援するために役立っている。常州市は自動車、自動車部品産業を含む10の産業チェーンの一貫した改良と変革を進めることに注力している。

2015年時点で、162社の自動車・自動車部品メーカーが常州に進出して、総産出額656億2000万人民元(約97億6000万米ドル)を創出した。今年、BAIC Motor、Dongfeng Motor、Zotye Auto、BAIC New Energy の中国主要自動車組み立てメーカー4社が、特殊車両メーカー5社と駆動モーター、バッテリー、電子制御部品部門で操業する多数の自動車部品メーカーの支援を得て、常州の新しい自動車産業の将来図の形成を支援する先導役を務めている。

常州施設はDongfeng Motorのビジネスの主要牽引車として、世界クラスの自動生産ラインとインテリジェントな生産管理システムを備えている。Dongfengと日産両ブランドの技術的要件に対応するのに加えて、同施設はまた、柔軟な製造システムとともに業界をリードするプレス加工、溶接、塗装、最終組み立て工程施設も所有している。

この新しい革新的なスマートファクトリーは、エネルギー保存と環境保護産業の最高基準の順守にコミットしている。その組み立てラインは現在、年間15万台の車両を生産することができる。

ソース:Changzhou National Hi-Tech District

New Dongfeng SUV Model Unveiled in Changzhou National Hi-Tech District

PR66149

CHANGZHOU, China, Oct. 14, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

On October 9, 2016, Fengshen AX5, the latest compact SUV model from China's

Dongfeng Motor Group, started to roll off the assembly line at the company's

facility located in Changzhou National Hi-Tech District (CND) in eastern

China's Jiangsu province.

Photo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20161013/428311

As one of the carmaker's major products for 2016, the exquisitely designed

Fengshen AX5 comes with several "killer" features that are sure to become some

of the main reasons that drivers will want to own this vehicle, including an

8-inch capacitive touch panel, a panoramic image system, a blind spot monitor,

an electronic stability program, an automotive reversing radar system, as well

as LED daytime running lights and a multifunction steering wheel.

As Dongfeng Motor's key strategic investment in eastern China, the Changzhou

facility is centrally located in the Yangtze River Delta region, a location

that serves to help the company execute on the strategy of developing its own

proprietary brands. The city of Changzhou is focusing on promoting the constant

upgrading and transformation of its ten industry chains, including the

automobile and automotive parts industry.

As of 2015, 162 car and auto parts makers were located in Changzhou, generating

in the aggregate an output value of 65.62 billion yuan (approx. US$9.76

billion). This year, four of China's leading assembled car manufacturers - BAIC

Motor, Dongfeng Motor, Zotye Auto and BAIC New Energy - are taking the lead in

helping the city shape a new automotive industry landscape with the support of

five special vehicle manufacturers as well as a large number of auto parts

makers operating in the drive motor, power battery and electronic control

segments.

As a key driver of Dongfeng Motor's businesses, the Changzhou facility is

equipped with world-class automated production lines and intelligent production

management systems. In addition to meeting the technical requirements of both

the Dongfeng and Nissan brands, the facility also has a flexible manufacturing

system as well as industry-leading stamping, welding, coating and final

assembly processes.

The new and innovative smart factory is committed to the highest standards of

the energy conservation and environmental protection industry. Its assembly

lines are now able to produce 150,000 vehicles per year.  

SOURCE  Changzhou National Hi-Tech District  

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中