イミダゾールジペプチドに関する総合情報サイト「イミダLabo」が11月6日(日)よりスタートします!

日本ハム

2016/11/4 14:05

日本ハム株式会社(本社:大阪市北区、社長:末澤壽一)は、11月6日(日)より、「イミダゾールジペプチド」(以下、イミダ)に関する総合情報サイト「イミダLabo」を開設し、弊社中央研究所(茨城県つくば市)で長年積み重ねてきた研究データなどを発信していきます。

11/4

日本ハム株式会社

今注目の成分 「イミダ」 総合情報サイトがオープン!

「イミダLabo」

11月6日(日)開設

日本ハム株式会社(本社:大阪市北区、社長:末澤壽一)は、11月6日(日)より、「イミダゾールジペプチド」(以下、イミダ)に関する総合情報サイト「イミダLabo」を開設し、弊社中央研究所(茨城県つくば市)で長年積み重ねてきた研究データなどを発信していきます。

 ニッポンハムグループでは、企業理念である「食べる喜び」を多くの人々へ提供し「食」を通して楽しく健やかなくらしに貢献することを使命として「心と体の健康づくり」を支援する様々な活動を展開しています。また研究部門では、中核機関である中央研究所にて健康に役立つ食品・素材の研究開発、商品化を進めており、これらの素材は加工食品や健康食品の原材料として、グループ内外を問わず活用されています。 

「イミダLabo」では、イミダの基礎情報をはじめ、これまでの研究データや、イミダを活用しているアスリートからの成果情報、イミダレシピのご紹介などを行い、身近で分かりやすくイミダを紹介する情報発信のプラットフォームを目指します。

<今注目の成分 「イミダ」 専用情報サイト> 11月6日(日)AM10:00より閲覧可能

http://www.imida-labo.jp/

<サービス概要>(公開時には一部開始していないサービスも含まれます。)

◆イミダに関する基礎情報をわかりやすく紹介  ◆研究データ(論文・学会発表内容)等の公開  

◆トップアスリートのイミダ活用事例      ◆おいしくイミダが摂取できるレシピの紹介  

◆イミダ含有食品を提供したイベント報告    ◆Webサイト限定プレゼント企画   など

「イミダゾールジペプチド」 (イミダ)とは?

人や動物の筋肉に多く含まれており、 「カルノシン」や「アンセリン」等の物質の総称です。食品として摂取すると、体内に蓄積し、運動パフォーマンスが向上することが確認されています。日本ハム(株)中央研究所では、鶏肉からイミダを抽出し、15年の年月をかけて研究を進めてきました。トップアスリートからも注目されている成分です。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中