「登録エージェント」という概念 取引主体識別子(LEI)発行組織のネットワークに顧客がアクセスするのをサポート

GLEIF

2017/4/7 11:11

AsiaNet 68104

報道発表

GLEIFが導入した「登録エージェント」という概念により、企業は、取引主体識別子(LEI)発行組織のネットワークに顧客がアクセスするのをサポートできるようになります

(企業が)取引主体識別子(LEI)を取得できない場合、企業は、2018年1月から適用されるMiFIRに基づく報告要件に準拠できなくなります

2017年4月6日 - バーゼル - グローバルLEIシステムの運用面の完全性を保証する責任を担う団体であるGlobal Legal Entity Identifier Foundation(GLEIF)は、欧州連合(EU)が改訂を予定している第2次金融商品市場指令(MiFID II)および金融商品市場規則(MiFIR)に準拠する必要がある市場参加者に、可能な限り早期にLEIを取得するように呼びかけています。(企業が)期間内に取引主体識別子(LEI)を取得できない場合、企業は、2018年1月3日からEU域内で適用される報告要件に準拠できなくなります。LEIの発行をさらに効率化するために、GLIEFは顧客のLEI発行組織のネットワークへのアクセスを組織がサポートできるように「登録エージェント」という概念を導入しました。

(Logo: http://mma.prnewswire.com/media/487243/GLEIF_Logo.jpg )

取引施設、投資会社、仲介業者を対象とするMiFID IIおよびMiFIRは2018年1月3日から施行されます。MiFID II/MiFIRによる法律の施行により、これまでそのような義務を一切負っていない多くの関係者がLEIの取得を求められるようになります。MiFIRに基づく取引報告では、欧州証券市場監督局(ESMA)は、サービスを提供する前に投資会社は顧客からLEIを取得する必要があると明言しています。サービスの運営により、顧客のために行われた取引に関する報告義務が発生します。

GLEIFが導入した「登録エージェント」という概念により、投資会社やその顧客が一般的な報告要件に準拠できるようにします。グローバルLEIシステムにおける登録エージェントの役割は、LEI発行機関に直接関連します。LEI発行組織(あるいは「付番機関」またはLOU)が、登録、更新、その他のサービスを提供し、LEIを取得しようとする取引主体の主要なインターフェースの役割を果たします。

登録エージェントはLEI発行機関の1社または複数社と連携してLEIサービスに対する顧客のニーズが満たされていることを確認することができます。登録エージェントが実施する業務の内容:

・取引主体がLEI発行機関にLEIを申請する際の情報をウェブサイトに掲載する。

・取引主体との連絡を管理する。

・LEI申請主体の存在を確認するために必要な情報を収集し、LEI発行機関に転送する。

登録エージェントに関する詳細情報やLEIへの登録方法はGLEIFのウェブサイト(www.gleif.org)に掲載しています。

GLEIFのCEOシュテファン・ヴォルフは以下のようにコメントしています。「影響を受ける市場参加者には、できるだけ早くLEIを取得するように推奨しています。LEI発行機関は、LEIを取得し、登録エージェントとしての役割を果たすことに興味のある企業と協力するために、取引主体を支援する準備ができています。しかし、2017年の第4四半期までに登録されなかった場合には、LEIがMiFID II/MiFIRの期限までに発行される保証はありません。

また、シュテファン・ヴォルフは以下のように追加しました。「ESMAは、MiFIRに適合するには、投資会社は自社LEIを正しく更新し、維持する必要があることをGLEIFにも確認しています。更新とは、LEI発行者が参照データ、すなわちLEIで識別できる取引主体の公開情報を毎年管轄のサードパーティのソースと比較して再認証することを意味しています。このため、投資会社はLEIの記録に記載されている日付までに更新されている必要があります。」

- 終了 -

この文章は原文の英語を翻訳したものです。原文の英語は以下に掲載しています。

https://www.gleif.org/en/newsroom/press-releases/the-concept-of-the-registration-agent-introduced-by-gleif-allows-firms-to-help-their-clients-to-access-the-network-of-legal-entity-identifier-issuing-organizations

完全な解像度の画像およびロゴは、以下のリンクからダウンロードできます。

https://www.gleif.org/en/newsroom/gleif-graphics-images

関連リンク

https://www.gleif.org/en

編集者へのメモ:

用語集

Global Legal Entity Identifier Foundation(GLEIF)について

Global Legal Entity Identifier Foundation(GLEIF)は、取引主体識別子(LEI)の推進や利用を支援するため、2014年6月に金融安定理事会によって設立された非営利組織です。GLEIF本部はスイスのバーゼルにあります。

GLEIFのサービスにより、グローバルLEIシステムの整合性を確保することができます。また、GLEIFは、オープンデータライセンスを使用した、グローバルLEIリポジトリー全体への無料アクセスを可能にする技術的インフラを提供します。GLEIFは、世界中の公官庁の代表者で構成されるLEI規制監視委員会によって監督されています。詳しい情報は、GLEIFのウェブサイト(https://www.gleif.org/en)を参照してください。

取引主体識別子(LEI)について

LEIは、国際標準化機構が定めたISO 17442に基づく20桁の英数字コードです。LEIによって参照可能な主要情報により、グローバルな金融市場や金融取引に参加する取引主体を明確かつ一意に識別することができます。

LEIは現在、アメリカ、欧州連合などで店頭デリバティブの取引、レポート、取引相手となる場合に必須です。世界の多くの規制機関は、金融市場取引および規制報告にLEIを導入しているか、導入を検討しています。LEIを必須にする規制イニシアチブに関する情報はGlobal Legal Entity Identifier Foundation(GLEIF)のウェブサイトで確認いただけます。https://www.gleif.org/en/about-lei/introducing-the-legal-entity-identifier-lei

グローバルLEIシステムの沿革

2011年、G20(Group of Twenty)は金融安定理事会(FSB)に、国際的な取引主体識別子(LEI)と、それを支えるガバナンス機構に関する推奨事項を提供するよう求めました。その結果、金融取引に参加する世界中の取引主体に対してLEIを発行し、一意の識別方法を提供するグローバルLEIシステムが開発されることになりました。FSBは、LEIのグローバルな導入は複数の「金融安定目標」を支え、「民間部門への多くの利点」を提供することを強調しました。

LEI規制監視委員会(LEI ROC)

LEI規制監視委員会(LEI ROC)は、世界中の公的機関のグループで、法人識別の世界的な枠組みであるグローバルLEIシステムを調整し監督するために、2013年1月に設立されました。LEI ROCは、Global Legal Entity Identifier Foundation(GLEIF)の監督役として、GLEIFがグローバルLEIシステムの原則に従っていることを確認します。詳しい情報はLEI規制監視委員会のウェブサイトを参照してください。http://www.leiroc.org/

LEI発行機関またの名は「付番機関(LOU)」

この組織は、金融取引に携わる取引主体にLEIを発行する権利を持つ組織です。詳しい情報はGLEIFのウェブサイトを参照してください。https://www.gleif.org/en/about-lei/how-to-get-an-lei-find-lei-issuing-organizations

出典:

Global Legal Entity Identifier Foundation, Baumleingasse 22, CH-4051 Basel

取締役会議長最高経営責任者(CEO) ギラード・ハートシンクシュテファン・ヴォルフ

商業登記番号:CHE-200.595.965、VAT番号:CHE-200.595.965MWST

LinkedIn:http://bit.ly/1OXTYLo |Twitter:http://bit.ly/1Me7uZx | GLEIFブログ:http://bit.ly/1LylXkn

(日本語リリース:クライアント提供)

The Concept of the 'Registration Agent', Introduced by GLEIF, Allows Firms to Help Their Clients to Access the Network of Legal Entity Identifier Issuing Organizations

PR68104

BASEL, Switzerland, April 6, 2017, /PRNewswire=KYODO JBN/ --

    Failure to obtain a Legal Entity Identifier (by the firm or its client)

will prevent firms from being able to comply with the reporting requirements

under MiFIR, applicable from January 2018

         (Logo: http://mma.prnewswire.com/media/487243/GLEIF_Logo.jpg )

    The Global Legal Entity Identifier Foundation (GLEIF), the body responsible

for ensuring the operational integrity of the Global Legal Entity Identifier

(LEI) System, calls on market participants that will have to comply with the

forthcoming European Union (EU) revised Markets in Financial Instruments

Directive (MiFID II) and Regulation (MiFIR) to obtain an LEI as soon as

possible. Failure to obtain an LEI (by the firm or its client) in time will

prevent firms from being able to comply with the reporting requirements

applicable in the EU as of 3 January 2018. To further streamline the issuance

of LEIs, GLEIF has introduced the concept of the 'Registration Agent', which

allows organizations to help their clients to access the network of LEI issuing

organizations.

    MiFID II and MiFIR, which cover trading venues, investment firms and

intermediaries, will take effect on 3 January 2018. The MiFID II/MiFIR

implementing legislative acts require a significant number of actors to obtain

an LEI that are under no such obligation to date. With regard to transaction

reporting under MiFIR, the European Securities and Markets Authority (ESMA) has

clarified that investment firms should obtain LEIs from their clients before

providing services which would trigger reporting obligations in respect of

transactions carried out on behalf of those clients.

    The concept of the Registration Agent, introduced by GLEIF, helps

investment firms and their clients to comply with reporting requirements in

general. The Registration Agent's role in the Global LEI System is directly

connected to the LEI issuing organization. LEI issuing organizations - also

referenced as Local Operating Units - supply registration, renewal and other

services, and act as the primary interface for legal entities wishing to obtain

an LEI.

    The Registration Agent may choose to partner with one or more LEI issuing

organizations to ensure its clients' needs for LEI services are met. Possible

tasks performed by a Registration Agent include:

    

    - Publishing information on its website to help a legal entity apply for an

LEI with an LEI issuing organization.

    - Managing communications with the legal entity.

    - Collecting and transmitting to the LEI issuing organization the

information required to verify the existence of the entity applying for the LEI.

    Detailed information about Registration Agents and how to register for an

LEI is available on the GLEIF website at http://www.gleif.org.

    GLEIF CEO, Stephan Wolf, comments: "We urge impacted market participants to

get an LEI as soon as possible. The LEI issuing organizations are standing

ready to assist legal entities to obtain an LEI as well as to collaborate with

firms interested in acting as a Registration Agent. However, we cannot

guarantee that LEIs will be issued in time for MiFID II/MiFIR to apply if

registration is delayed until the fourth quarter of 2017."

    Stephan Wolf adds: "ESMA has also confirmed to GLEIF that compliance with

MiFIR requires investment firms to maintain its own LEI duly renewed. This

means that the reference data, i.e. the publicly available information on legal

entities identifiable with an LEI, is re-validated annually by the managing LEI

issuer against a third party source. An investment firm should therefore ensure

that its LEI is renewed by the date stated with its LEI record."

    Full resolution images and logos can be downloaded via this link  

    https://www.gleif.org/en/newsroom/gleif-graphics-images

    Relevant link

    https://www.gleif.org/en

    Notes to Editors:

    Glossary of terms

    About the Global Legal Entity Identifier Foundation (GLEIF)

    Established by the Financial Stability Board in June 2014, the Global Legal

Entity Identifier Foundation (GLEIF) is a not-for-profit organization created

to support the implementation and use of the Legal Entity Identifier (LEI).

GLEIF is headquartered in Basel, Switzerland.

    GLEIF services ensure the operational integrity of the Global LEI System.

GLEIF also makes available the technical infrastructure to provide, via an open

data license, access to the full global LEI repository free of charge to users.

GLEIF is overseen by the LEI Regulatory Oversight Committee, which is made up

of representatives of public authorities from across the globe. For more

information, visit the GLEIF website at https://www.gleif.org/en.

    About the Legal Entity Identifier (LEI)

    The LEI is a 20-digit, alpha-numeric code based on the ISO 17442 standard

developed by the International Organization for Standardization. It connects to

key reference information that enables clear and unique identification of legal

entities participating in global financial markets and/or in financial

transactions.

    The LEI is currently required in, among others, the United States and the

European Union for the execution of transactions with, and reporting of,

counterparties to over-the-counter derivative trades. Many other regulators

around the world are implementing the LEI for financial market transactions and

regulatory reporting or are considering doing so. Details of regulatory

initiatives mandating LEI use are available on the Global Legal Entity

Identifier Foundation (GLEIF) website:

https://www.gleif.org/en/about-lei/introducing-the-legal-entity-identifier-lei.

    History of the Global LEI System

    In 2011, the Group of Twenty (G20) called on the Financial Stability Board

(FSB) to provide recommendations for a global Legal Entity Identifier (LEI) and

a supporting governance structure. This led to the development of the Global

LEI System which, through the issuance of LEIs, now provides unique

identification of legal entities participating in financial transactions across

the globe. The FSB emphasized that global adoption of the

LEI underpins multiple "financial stability objectives" and also offers "many

benefits to the private sector".

    LEI Regulatory Oversight Committee (LEI ROC)

    The LEI Regulatory Oversight Committee (LEI ROC) is a group of public

authorities from across the globe established in January 2013 to coordinate and

oversee a worldwide framework of legal entity identification, the Global LEI

System. In its role as overseer of the Global Legal Entity Identifier

Foundation (GLEIF), the LEI ROC ensures that GLEIF upholds the principles of

the Global LEI System. For more information, visit the LEI ROC website:

http://www.leiroc.org.

    LEI issuing organizations - also referenced as Local Operating Units (LOUs)

    The organizations authorized to issue LEIs to legal entities engaging in

financial transactions. For more information, visit the GLEIF website:

https://www.gleif.org/en/about-lei/how-to-get-an-lei-find-lei-issuing-organizations.

    Source:

    Global Legal Entity Identifier Foundation, Baumleingasse 22, CH-4051 Basel

    Chairman of the Board: Gerard Hartsink, CEO: Stephan Wolf

    Commercial-Register-No.: CHE-200.595.965, VAT-No.: CHE-200.595.965MWST

    LinkedIn: http://bit.ly/1OXTYLo

    Twitter: http://bit.ly/1Me7uZx

    GLEIF Blog: http://bit.ly/1LylXkn

SOURCE: GLEIF

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中