人道危機:金融サービスが人々の回復力を向上させるとCGAP・世銀報告

CGAP

2017/5/2 15:06

人道危機:金融サービスが人々の回復力を向上させるとCGAP・世銀報告

AsiaNet 68379 (0637)

【ワシントン2017年5月2日PR Newswire=共同通信JBN】貧困層支援協議グループ(CGAP)と世界銀行グループの国家・平和構築基金(State and Peacebuilding Fund、SPF)は、人道危機の際の質の高い金融サービスの重要性に光を当てるタイムリーな報告を発表した。シリア危機のようなグローバルな緊急事態は多くの弱い立場の人々を危険にさらす。この報告は、短期の人道支援を長期の金融包摂にどのようにつなげていけばよいかについて、開発当事者、政府、金融プレーヤーへの具体的な指針を提供している。

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/506213/CGAP_Logo.jpg

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/506195/SPF_World_Bank_Group_Logo.jpg

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の推計によると、2015年以降、戦争、紛争、自然災害により、強制的に避難させられた人々は史上最高の6500万人に上る。こうした危機の性質や発生状況はさまざまだが、危機の頻度、重大性、複雑さは確実に増大している。途上国はこうした難民の90%以上を受け入れており、その結果こうした途上国のインフラ、公的サービス、市場に負担を強いている。人道危機は、開発の大きな難題であり、金融包摂(社会のすべての所得層に質の高い金融サービスへのアクセスとその利用を可能とする)は、このような危機にさらされた人々を支援するための1つの潜在的な基本的な機会である。

「The Role of Financial Services in Humanitarian Crises(人道的危機における金融サービスの役割)」と題する報告(http://www.cgap.org/publications/role-financial-services-humanitarian-crises)は、経験的証拠と現場からの教訓を総合している。危機の影響を受けた人々にとって、ショックの不安定なインパクトはしばしば脆弱で不安定な環境によって拡大されることが多いことから、ショックに対処する能力は特に重要となる。危機の際には正規の金融サービスへの強い需要があるものの、これらのサービスへのアクセスは限られている。金融サービスは危機の影響を受けた人々が多様な方法で対処するのを支援する。

*送金は生計の維持を支援する:ケニアでは2007、2008年の選挙後の争乱時に、人々はモバイルマネーサービスM-Pesaを利用して友人や家族に送金した。

*貯蓄は復興力を向上させる:フィリピンの台風ヨランダの災害では、貯蓄口座を持つ世帯がより早く回復した。

*保険は脆弱性を低減する:セネガルとブルキナファソの干ばつ地域では保険を購入した農民がより高い収穫をあげた。

*バウチャーと送金が経済に多様な効果を生む:デジタル送金は配送を加速し、漏れを減らす

金融サービスが危機の影響を受けた人々にポジティブな役割を果たすことができるにもかかわらず、依然として対処しなければならない重要な障害がある。これらの障害には、次のようなものが含まれる-危機後に増大した量をさばくには準備不足の限られた脆弱な金融インフラ:モバイルネットワーク運用者など一部当事者が支援の配送チャンネルとしてモバイルマネーを提供する能力を制限する貧弱な政策と規制の枠組み:危機にしばしば伴う流動性やインフラの負担に耐えるリスク管理システムを十分に整備していない金融サービス・プロバイダー-である。

CGAPの指導、戦略、研究、開発責任者マヤダ・エルゾグビ氏は「危機への準備・対応をサポートするために金融システムを活用する大きな潜在的な可能性がある。われわれは活動家およびドナーのコミュニティーとして、危機状況に最もさらされた人々を支援するためになすべき事のほんの表面をひっかき始めたに過ぎない。この報告が活動家やドナーや政策立案者の適切な投資と政策選択に役立つことを希望する」と述べた。

この報告は、ドナーやその他の主要な当事者が、人道計画のなかに金融包摂の目標を明確に組み込むことにより、金融サービスを危機状況に対する準備および管理のためのツールとして活用することができる方法を詳述している。

世界銀行グループの金融・市場グローバルプラクティス担当シニアディレクターのセイラ・パザルバショグル氏は「この報告は多大な貢献をした。それはグローバルな政策討議を推進し、危機に瀕した人々のために持続可能な生計を構築する際の金融サービスの役割についてさらに研究するよう鼓舞することをサポートするだろう」と語った。

貧困層支援協議グループ(Consultative Group to Assist the Poor、CGAP)は、金融包摂を進めることを目指す30超の有力組織による世界的パートナーシップである。CGAPは実践的研究と大規模なアプローチを可能にする金融サービス・プロバイダー、政策立案者、資金提供者との積極的な関わりを通じて、革新的ソリューションを開発する。CGAPは世界銀行の中に居を構え、責任ある市場開発への実践的アプローチと、貧困層が生活向上に必要とする金融サービスの利用を高める証拠に基づく支援プラットフォームを結びつける。詳細はwww.cgap.org を参照。

2008年に設立された国家・平和構築信託基金(State and Peacebuilding Trust Fund、SPF)は、脆弱性や紛争、暴力にさらされた地域での国家・平和構築への革新的なアプローチを資金援助するために設立された世界銀行グループの最大のグローバル、マルチドナーの信託基金である。詳細はhttp://www.worldbank.org/en/programs/state-and-peace-building-fund を参照。

ソース:CGAP

▽問い合わせ先

Esther Lee Rosen

CGAP

erosen@worldbank.org

+1 (202) 458-0147

Humanitarian Crises: CGAP-World Bank Report Says Financial Services Can Improve People's Resilience

PR68379

WASHINGTON, May 2, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

The Consultative Group to Assist the Poor (CGAP) and the World Bank Group's

State and Peacebuilding Fund released a timely report that sheds light on the

importance of quality financial services during periods of humanitarian crises.

Global emergencies, such as the Syrian crisis, place many vulnerable people at

risk. The report provides specific guidance to development actors, government

and financial players on how to bridge short-term humanitarian assistance and

longer-term financial inclusion.

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/506213/CGAP_Logo.jpg

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/506195/SPF_World_Bank_Group_Logo.jpg  

UNHCR estimates that a record 65 million people have been forcibly displaced by

war, conflict or natural disaster since 2015. While the nature and incidences

of these crises vary, they have steadily increased in frequency, severity and

complexity. Developing countries host more than 90 percent of refugees,

straining their infrastructure, public services and markets. Humanitarian

crises pose a formidable development challenge and financial inclusion --

access to and use of quality financial services to all income segments of

society -- is one potentially foundational opportunity to support people

affected by such crises.

The report, titled "The Role of Financial Services in Humanitarian Crises,"

(http://www.cgap.org/publications/role-financial-services-humanitarian-crises )

synthesizes empirical evidence and lessons from the ground. For populations

affected by crisis, the ability to cope with a shock is particularly vital,

given that the destabilizing impact of shocks is often magnified by fragile and

unstable environments. Although there is high demand for formal financial

services during times of crises, access to these services is limited. Financial

services help crisis-affected populations cope in multiple ways:

    -- Remittances help sustain livelihoods: In Kenya, people used mobile

       money service M-Pesa to send remittances to friends and family during

       post-election violence in 2007 and 2008.

    -- Savings increase resilience: Households with savings accounts recovered

       faster from Typhoon Yolanda in the Philippines.

    -- Insurance reduces vulnerability: Farmers in drought-prone areas of

       Senegal and Burkina Faso who bought insurance had higher yields.

    -- Vouchers and cash transfers have multiplier effects on the economy:

       Digital transfers could speed delivery and reduce leakage.

Despite the positive role financial services can have on people affected by

crisis, there are important barriers that still need to be addressed. These

include a limited or weak financial infrastructure that is ill prepared to

handle increased volumes after a crisis; poor policy and regulatory frameworks

that limit the ability of some actors, such as mobile network operators, to

offer mobile money as a distribution channel for aid; and financial service

providers that have not sufficiently put in place risk-management systems to

withstand liquidity and infrastructure strains that often go hand-in-hand with

crisis.

Mayada El-Zoghbi, Lead, Strategy, Research, and Development at CGAP, said:

"There is enormous potential to leverage the financial system to support crisis

preparedness and response. As a community of practitioners and donors, we have

only begun to scratch the surface of what can be done to help the most affected

by crisis situations. We hope this report will help practitioners, donors and

policymakers make the right investments and policy choices."

The report describes how donors and other key players can leverage financial

services as tools to prepare for and manage crisis situations by explicitly

embedding financial inclusion objectives into humanitarian programming.

Ceyla Pazarbasioglu, Senior Director, Finance and Markets Global Practice at

the World Bank Group, said, "This report has made a significant contribution

that will help advance the global policy discussion and encourage further

research into the role of financial services in building sustainable

livelihoods for people in crisis."

CGAP (Consultative Group to Assist the Poor) is a global partnership of more

than 30 leading organizations that seek to advance financial inclusion. CGAP

develops innovative solutions through practical research and active engagement

with financial service providers, policy makers and funders to enable

approaches at scale. Housed at the World Bank, CGAP combines a pragmatic

approach to responsible market development with an evidence-based advocacy

platform to increase access to the financial services the poor need to improve

their lives. More at www.cgap.org.

Created in 2008, the State and Peacebuilding Trust Fund (SPF) is the World Bank

Group's largest global, multi-donor trust fund established to finance

innovative approaches to state and peace-building in regions affected by

fragility, conflict and violence. More at

http://www.worldbank.org/en/programs/state-and-peace-building-fund

SOURCE  CGAP

CONTACT: Esther Lee Rosen, CGAP | erosen@worldbank.org | +1 (202) 458-0147

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中