マイクロソフト、オンラインリスクとその影響に関する最新調査を公開

2018年2月7日

日本マイクロソフト株式会社

マイクロソフト、オンラインリスクとその影響に関する最新調査結果を公開

 マイクロソフトの最新の調査によると、オンラインリスクの状況は世界レベルで改善しているようです。しかし意外なことに、オンラインでの不適切行為のターゲットになった被害者の多くは、加害者と家族や友人関係であったことがわかりました。

 今回、マイクロソフトはこれらの内容を含むオンラインリスクの経験とその影響に関するマイクロソフトの最新の調査結果を、国際記念日である Safer Internet Dayに合わせて発表しました。 今年から 23 カ国(2016 年度の 14 カ国より増加)で行われ、日本を含めたアジアと中南米向けの独立したレポートも作成しています。 日本のレポートの詳細も含めて下記のブログを公開しましたので是非ご覧ください。

マイクロソフト、オンラインリスクとその影響に関する最新調査結果を公開Digital Civility Index(DCI)において、多くのネットの不適切行為は交友関係より発生することが判明

 詳細の日本レポートは下記をご確認ください。

Microsoft Digital Civility Index (DCI) 2017 – 日本

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

DCI

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中

過去のリリース