「埋め立て廃棄物ゼロ」の目標に向け加速するSCジョンソン

SCジョンソン

2017/10/5 10:15

「埋め立て廃棄物ゼロ」の目標に向け加速するSCジョンソン

AsiaNet 70422 (1559)

【ラシーン(米ウィスコンシン州)2017年10月4日PR Newswire=共同通信JBN】

*SCジョンソンの製造工場は目標の2021年より前に、埋め立て製造廃棄物をゼロにする

SCジョンソン(SC Johnson)は大半の製造施設で、多くの家庭では不可能と思われることを行う態勢にある。何も捨てないということである。同社は4日、2021年までに工場から埋め立て地に廃棄物を一切送らないというスケジュールに先んじていると発表した。すでにSCジョンソン施設の65%は、「埋め立て製造廃棄物ゼロ(zero manufacturing waste to landfill)」区分を達成した。

Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20161209/447680LOGO

サウジアラビアのジッダは今年、埋め立て製造廃棄物ゼロの地位達成に成功したSCジョンソンの6施設の1つになった。メキシコのトルーカ、ベトナムのホーチミン、南アフリカのロスリン、ウクライナのキエフ、ケニアのナイロビはさらに前進し、2017年に「埋め立て廃棄物ゼロ(zero waste to landfill)」の地位に到達した。カフェテリアやオフィスビルのものも含め、一切の廃棄物を埋め立て地に出さないということである。

SCジョンソンの会長兼最高経営責任者(CEO)であるフィスク・ジョンソン氏は「埋め立て廃棄物ゼロに向かう旅は、持続可能性のリーダーになり、大義のために尽くすというわれわれの長年にわたるコミットメントの一部にすぎない。世界中のSCジョンソン製造工場で働く従業員の大変な努力を誇りに思う。彼らは未来の世代のために、それが困難な場所でも、環境保全に対する支援を強化している」と語った。

SCジョンソンは2021年までに、全ての製造施設から埋め立て廃棄物を出さないようにすると誓約した。5年前、SCジョンソンの5施設は埋め立て製造廃棄物ゼロになった。現在、SCジョンソンの17施設が埋め立て製造廃棄物ゼロに、うち14施設は埋め立て廃棄物ゼロになっている。

リサイクルの実践を始めたばかり、あるいは全くオプションになっていない国々のSCジョンソン従業員がこの目標を達成するには、創意工夫が必要である。生ごみを造園に使う堆肥にしている施設もあり、ほかでは廃水が公園や自然緑地の肥料用に処理されている。

たとえば、ケニアのナイロビでは、リサイクルや必要なインフラが普及していないことから、人々にごみ分別の習慣がない。施設の従業員は印付き容器にごみを分別するよう訓練され、ごみ管理のメリットに関する教育を受けた。現在、この施設は埋め立て廃棄物ゼロである。

SCジョンソンは、埋め立て地に送られるしかない廃棄物をなくすあらゆる方法を調査し、再利用、産業リサイクル、現場の廃水処理、堆肥など合理的で的を絞った取り組みをしている。しかし、これらのオプションが不可能な場合は、その過程で熱エネルギーを回収する廃棄物の焼却を検討する。焼却は埋め立てに比べて、特に埋め立てが規制されていない国々で、長期的に環境に与える影響が少ない。埋め立てで発生するメタンを管理できず、エネルギーを捉えることができない場合はなおさらである。

SCジョンソンのケリー・M・セムラウ上級副社長(グローバル企業・コミュニケーション・持続可能性担当)は「先進工業国以外の埋め立て地を見ると、その管理に懸念もある。われわれがまだ廃棄物の除去、転用法を見つけていなかったら、焼却は埋め立ての長期的なリスクに比べて、よりよい管理、技術を提供する」と語った。

企業は埋め立て廃棄物ゼロをさまざまな方法で定義することが多い。SCジョンソンにとって「ゼロはゼロ」であり、同社は埋め立て廃棄物ゼロの厳格な定義に従っている。同社は各施設に対し、設定期限内に埋め立て廃棄物ゼロにするよう要求している。これは、廃棄物が堆肥かメタン転換に転用される場合に限り、地方自治体の廃棄物処理が廃棄物ゼロに寄与するということでもある。例外はバイオハザード(生物学的有害物質)、医療その他の有害廃棄物で、これらは地球の全廃棄物のごく一部を占めている。そのような廃棄物に埋め立てなど特別処理を要請する現地規定もある。

一部企業は「廃棄物ゼロ」を主張している。ただし、わずかな比率の日常廃棄物をほかに転用できるにもかかわらず、埋め立てに出せることを示す星印や脚注を付けている。SCジョンソンはそうではない。

SCジョンソンの進歩の大半は、埋め立て廃棄物ゼロの考え方を受け入れ、文化の一部にした従業員によって推進された。世界各地の製造施設は、埋め立て用廃棄物の除去、再利用、リサイクルに集中する「グリーンチーム」を編成した。

▽SCジョンソンについて

SCジョンソンは革新的で高品質な製品、職場の卓越性、同社操業の環境およびコミュニティーへの長期コミットメントに尽くす家族企業である。同社は米国を本拠とし、家庭用クリーニング製品、家庭収納製品、エアケア、害虫駆除、靴クリーナー、および業務用製品の世界的な有力メーカーの1つである。同社は、グレード(GLADE、登録商標)、キーウィ(KIWI、登録商標)、オフ!(OFF!、登録商標)、プレッジ(PLEDGE、登録商標)、レイド(RAID、登録商標)、スクラビング・バブル(SCRUBBING BUBBLES、登録商標)、シャウト(SHOUT、登録商標)、ウインデックス(WINDEX、登録商標)、ジップロック(ZIPLOC、登録商標)などのよく知られたブランドを米国で販売し、米国以外では、オータン(AUTAN、登録商標)、タナ(TANA、登録商標)、バマ( BAMA、登録商標)、ベイゴン(BAYGON、登録商標)、ブリゼ(BRISE、登録商標)、カビキラー(KABIKILLER、登録商標)、クリア(KLEAR、登録商標)、ミスターマッスル(MR. MUSCLE、登録商標)、ライドセクト(RIDSECT、登録商標)を販売している。131年の歴史がある同社は100億ドルを売り上げ、世界で1万3000人雇用し、事実上世界中すべての国で製品を発売している。ウェブサイトはhttp://www.scjohnson.com

ソース:SC Johnson

▽問い合わせ先

SC Johnson Global Public Affairs

USPublicAffairs@scj.com

+1 262-260-2440

SC Johnson Accelerates Pace to Meet Zero Waste to Landfill Goal

PR70422

RACINE, Wisconsin, Oct. 4, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

      - SC Johnson Manufacturing Plants Will Send Zero Manufacturing Waste to

                           Landfills Ahead of 2021 Goal

SC Johnson is poised to do at most of its manufacturing facilities what for

many families seems impossible to do at home – throw nothing out. The company

announced today that it is ahead of schedule in meeting a goal to send zero

manufacturing waste to landfill from its factories by 2021. Already, more than

65 percent of SC Johnson facilities have achieved the zero manufacturing waste

to landfill distinction.

Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20161209/447680LOGO

This year, Jeddah, Saudi Arabia, became one of six SC Johnson manufacturing

sites that successfully achieved zero manufacturing waste to landfill status.

The company's manufacturing sites in Toluca, Mexico; Ho Chi Minh, Vietnam;

Rosslyn, South Africa; Kiev, Ukraine; and Nairobi, Kenya, went a step further

in 2017 and reached zero waste to landfill status – sending no waste at all,

including waste from cafeterias and office buildings, to landfill.  

"Our journey to zero waste to landfill is just part of our longstanding

commitment to being a leader in sustainability and to serving the greater

good," said Fisk Johnson, Chairman and CEO of SC Johnson. "I'm proud of the

hard work of SC Johnson people at our manufacturing plants all around the globe

who have stepped up to help protect the environment for future generations,

even in places where it wasn't easy."

SC Johnson has pledged to have all manufacturing sites send no waste to

landfill by 2021. Five years ago, five of SC Johnson’s sites were zero

manufacturing waste to landfill. Today, 17 SC Johnson sites are zero

manufacturing waste to landfill and 14 of those sites are zero waste to

landfill.

Accomplishing this goal requires ingenuity on the part of SC Johnson people in

countries where recycling practices are just getting underway, or not an option

at all. Some sites compost food waste to be used for landscaping; at others,

wastewater is treated for use as fertilizer in parks and other natural spaces.

In Nairobi, Kenya, for example, it is not customary for people to segregate

waste, because recycling and the infrastructure required are not widespread.

People at the site were trained to separate waste into specially-marked

containers and educated on the benefits of waste management. The site is now

zero waste to landfill.

SC Johnson searches for all possible ways to eliminate waste that could

otherwise be sent to landfills and follows a principled, targeted approach that

includes reusing, industrial recycling, on-site wastewater treatment and

composting. However, when these options are not possible, it considers

incineration, or burning the waste, much of which recovers heat energy from the

process. Incineration can present less of a long-term environmental impact

compared to landfilling, especially in countries where landfills are

unregulated, and particularly if the methane that landfills produce cannot be

controlled or captured for energy.

"When you look at other landfills outside of industrialized nations, there is

some concern about landfill management," said Kelly M. Semrau, Senior Vice

President – Global Corporate Affairs, Communication and Sustainability at SC

Johnson. "If we haven't yet found a way to eliminate or divert waste,

incineration provides better control and better technology than the long-term

risk of landfilling."

Companies often define zero waste to landfill in different ways. For SC

Johnson, "zero means zero," and the company also follows a strict definition of

zero waste to landfill. The company requires that each site sustain zero waste

to landfill for a set period of time. This also means municipal waste treatment

only contributes to achieving zero waste if that waste is directed for

composting or methane conversion. An exception is biohazard, medical or certain

types of hazardous waste, which represent a small fraction of total global

waste. Local legislation may require special disposal of such waste, including

landfill.

Some companies may claim "zero waste" with an asterisk and a footnote,

indicating they may permit small percentages of routine waste to go to landfill

when it could have been diverted otherwise. SC Johnson does not.

Much of the company's progress has been driven by SC Johnson people who have

embraced a zero waste to landfill mindset, making it part of their culture.

Manufacturing sites across the world formed "green teams" that are focused on

eliminating, reusing or recycling waste destined for landfills.

About SC Johnson

SC Johnson is a family company dedicated to innovative, high-quality products,

excellence in the workplace and a long-term commitment to the environment and

the communities in which it operates. Based in the USA, the company is one of

the world's leading manufacturers of household cleaning products and products

for home storage, air care, pest control and shoe care, as well as professional

products. It markets such well-known brands as GLADE(R), KIWI(R), OFF! (R),

PLEDGE(R), RAID(R), SCRUBBING BUBBLES(R), SHOUT(R), WINDEX(R) and ZIPLOC(R) in

the U.S. and beyond, with brands marketed outside the U.S. including AUTAN(R),

TANA(R), BAMA(R), BAYGON(R), BRISE(R), KABIKILLER(R), KLEAR(R), MR MUSCLE(R)

and RIDSECT(R). The 131-year-old company, which generates $10 billion in sales,

employs approximately 13,000 people globally and sells products in virtually

every country around the world. www.scjohnson.com

SOURCE  SC Johnson

CONTACT:  SC Johnson Global Public Affairs

          USPublicAffairs@scj.com

          +1 262-260-2440

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中