ゼネラリが国際共同体イニシアティブ、ヒューマン・セイフティー・ネットの立ち上げでベニスの心を復興

Generali Group

2017/10/5 10:57

ゼネラリが国際共同体イニシアティブ、ヒューマン・セイフティー・ネットの立ち上げでベニスの心を復興

AsiaNet 70431

ベニス(イタリア)、2017年10月4日/PRニュースワイヤー/ --

ベニスのゼネラリ(Generali)発祥の地、旧行政館(Procuratie Vecchie)は世界的に有名な建築家、デイヴィッド・チッパーフィールドの修復でヒューマン・セイフティー・ネット(Human Safety Net)の拠点となってオープンします。

    (写真:

http://mma.prnewswire.com/media/566894/Generali_The_Human_Safety_Net.jpg )

世界中の共同体をつなぎ「人と人との助け合い」のネットを作る国際的な運動。

世界有数の保険会社、ゼネラリ・グループ(Generali Group)は本日、世界のもっとも脆弱な共同体を援助する新たな旗艦イニシアティブであるヒューマン・セイフティー・ネットの世界展開を発表しました。ゼネラリが支援するヒューマン・セイフティー・ネットは、志を同じくする人々や組織との連携と協力を歓迎します。

人々の生活を向上、保護

ヒューマン・セイフティー・ネットは、「人と人との助け合い」の共同体が持続可能な変化をもたらし、良い波及効果を生み出すとの考えに基づいています。人々が自分の力を十分に発揮して発展、活躍できる、健康的で回復力があり持続可能な社会にするために貢献するというゼネラリの決意を反映しています。

プログラムは、恵まれない環境に育った子供たちに平等な生活の機会を与える、難民の起業家を支援する、衰弱と仮死という生命の危険から新生児を守るという、私たちが暮らし、働く共同体に影響する重要な社会問題を対象にしています。全プログラムには、恵まれない人々が自分や家族、また自分たちの共同体の生活を変えられるよう、彼らの可能性を引き出すという共通の目的があります。

サン・マルコ広場(Piazza San Marco)再接続と再活性化の大復興計画

長期にわたる取り組みの一環として、ゼネラリは自社の最も大切な不動産資産の一つ、ベニス サン・マルコ広場の旧行政館にヒューマン・セイフティー・ネットの拠点を置きます。ユネスコ世界遺産があり、イマジネーション、創意工夫、開放性の代名詞であるベニスは、ヒューマン・セイフティー・ネットを置くには最適です。

ゼネラリは、広場の旧行政館以外の部分とロイヤルガーデンを一つにするというユニークな復興に着手します。完成すると、サン・マルコ広場へ行き来する歴史的遊歩道が復元されます。

ゼネラリは、ヒューマン・セイフティー・ネットの活気ある中心に変容させる方法と感性で敬意を持って歴史的価値のある旧行政館の建物を修復するのに、著名な建築家、デイヴィッド・チッパーフィールドを指名しました。旧行政館は同プログラムにインスピレーションを求め、アイディアを交換し、進んで共同行動を行う人々に門戸を開放します。この拠点では、通常の展示、イベントの他、貧困から移住まで緊急を要する社会的、人口的問題に関するディスカッションが行われます。

ゼネラリ・グループCEO、フィリップ・ドネ:「ベニスの美しさは世界のインスピレーションの源であり、ゼネラリはサン・マルコ広場一帯の修復でこの街の遺産を豊かにできることを大変誇りに思います。およそ5世紀ぶりとなる旧行政館を一般公開することで、人々が今日の最も緊急な社会的およびグローバルな問題について議論するために集う新しく活気あふれる場所を作るのです」

「この試みにおけるベニス当局の支援に感謝します。ベニスは古くから世界中の様々な文化が交わる地点ですので、ヒューマン・セイフティー・ネットと『人と人との助け合い』運動においてこの伝統を足場にしたいと考えています。デイヴィッド・チッパーフィールド建築(David Chipperfield Architects)を選んだのは、彼のベニスへの愛と建築学的および社会的に一貫性のある修復についての共通するビジョンを考えると、自然な選択でした」

デイヴィッド・チッパーフィールド建築代表、デイヴィッド・チッパーフィールド:「ヒューマン・セイフティー・ネットと歴史と文化がしみ込んだベニスの拠点が、公益のために知識とインスピレーションを一つにします。世界中のアイディアと人々をつなぐ、建築学的にも社会的にも一貫性のあるこのプロジェクトの仕事ができるのは光栄です。私たちはゼネラリと緊密に連携し、建物の堂々とした美しさと歴史を保ちながらもヒューマン・セイフティー・ネットのグローバルな使命を体現する、よりアクティブで利用してもらえるスペースに旧行政館を変えるという構想を持っています」

3つのプログラム

家族のためのヒューマン・セイフティー・ネット(Human Safety Net for Families)は、貧困の中で育った子供たちに平等な生活のチャンスを推し進めます。ヒューマン・セイフティー・ネットは、最も発達する時期であると科学的に証明されている最初の6年間、3万人の親たちに支援を提供します。この期間に子供たちの学業、健康、将来の進路が形成されるのです。

難民新興企業のためのヒューマン・セイフティー・ネット(Human Safety Net for Refugee Start-Ups)は、ヨーロッパの難民危機とは異なる取り組みで、難民が自らの起業家的潜在能力を自覚し、新しい「母国」で生計を立てられるようにします。このプログラムでは、難民が500の新規事業を興し、職と働く機会を生み出します。

新生児のためのヒューマン・セイフティー・ネット(Human Safety Net for Newborns)は、医学界や親たちと共同で仮死(asphyxia)と呼ばれる悲惨な出産の防止と治療を改善します。仮死で生まれたために生涯にわたって障害の残る子は多く、悲しいことに死に至るケースもあります。このプログラムは、専門家を訓練して革新的な技術を身に付けさせ、潜在的に致命的状態にある1000人の命を救えるようにすることを目指しています。

ゼネラリ従業員はグループ全体で共同体プロジェクトに関する300以上のアイディアをヒューマン・セイフティー・ネットに提案しました。選ばれた3つのプログラムには、恵まれない人々の可能性を引き出すという共通の目的があります。ゼネラリは組織全体をこのイニシアティブに参加させるとともに、顧客、志を同じくする個人、NGOに協力を促すことを目指しています。この「人と人との助け合い」の連鎖が、ヒューマン・セイフティー・ネットの中心にはあるのです。

詳しくは、TheHumanSafetyNet.orgをご覧ください。

ウェブサイト: http://www.thehumansafetynet.org

ツイッター: http://www.twitter.com/HumanSafetyNet   

インスタグラム: http://www.instagram.com/TheHumanSafetyNet

ハッシュタグ#THSNVeniceをフォローしてください

フェースブック: http://www.facebook.com/TheHumanSafetyNet

ゼネラリ・グループについて

1831年創立のゼネラリ・グループは、世界をリードする保険会社の一つで、60か国以上に展開、2016年の総保険料収入が700億ユーロを超えています。世界中に7万4000人の従業員と5500万のクライアントを抱える同グループは、西欧でトップの地位にあり、中欧・東欧の市場でも大きな存在感を持つようになってきています。2017年、ゼネラリ・グループはコーポレート・ナイツ(Corporate Knights)のランキングにおいて世界で最も持続可能な企業の一つになりました。

ベニスは我が社が最初1832年に旧行政館に事務所をオープンし、その後サンマルクのライオンを会社のシンボルにした185年前からずっと、ゼネラリにとって重要な都市でした。この長い伝統は、市と我が社が展開する国々にとってのより良い未来に貢献するという我が社の決意を支えています。

ソース: ゼネラリ・グループ

(日本語リリース:クライアント提供)

Generali to Restore the Heart of Venice With the Launch of the Global Community Initiative, THE HUMAN SAFETY NET

PR70431

VENICE, Italy, Oct. 4, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

     The Procuratie Vecchie, Generali's historic home in Venice, will open its

doors following restoration by world-renowned architect David Chipperfield to

become the hub of The Human Safety Net.

(Photo:

http://mma.prnewswire.com/media/566894/Generali_The_Human_Safety_Net.jpg )

    A global movement connecting communities around the world to create a net

of 'people helping people'.

    Generali Group, one of the world's leading insurers, today announces the

global launch of The Human Safety Net, a new flagship initiative to help some

of the most vulnerable communities around the world. The Human Safety Net,

powered by Generali, is open to alliances and partnerships with like-minded

people and organisations.

    Enhancing and protecting people's lives

    The Human Safety Net is based on the idea that communities of 'people

helping people' can bring about sustainable change, creating a positive ripple

effect. It reflects Generali's commitment to contribute towards a healthy,

resilient and sustainable society where people can develop and flourish to

their full potential.

    Programmes target key social issues affecting communities where we live and

work, including: creating equal life opportunities for children from

disadvantaged backgrounds; supporting refugee start-ups; and saving newborns

from the debilitating and potentially fatal consequences of asphyxia. All

programmes share a common purpose: to unlock the potential of disadvantaged

people so they can transform their lives, that of their families and of their

communities.

    Grand restoration project to reconnect and revitalise Piazza San Marco

    As part of its long-term commitment, Generali will create a home for The

Human Safety Net in one of its most prized real estate assets: the Procuratie

Vecchie in the iconic Piazza San Marco in Venice. As a city with UNESCO World

Heritage Site status and synonymous with imagination, ingenuity and openness,

Venice is the ideal host for The Human Safety Net.

    Generali will undertake a unique restoration of the Procuratie Vecchie that

will bring together other parts of the square and the Royal Gardens. When

complete, it will re-establish the historic paths and flow to and from Piazza

San Marco.

    Generali has appointed renowned architect David Chipperfield to restore the

building, applying an approach and sensibility that will allow for a respectful

transformation of the monumental Procuratie Vecchie into the vibrant heart of

The Human Safety Net. The Procuratie Vecchie will provide an open door for

people to seek inspiration from programmes, exchange ideas, and volunteer to

take collective action. The hub will host regular public exhibitions, events

and discussions on pressing social and demographic challenges from poverty to

migration.

    Philippe Donnet, CEO of Generali Group: "The beauty of Venice is a source

of inspiration for the world, and Generali is very proud to enrich the city's

heritage by restoring the area of Piazza San Marco. By opening the Procuratie

Vecchie to the public for the first time in nearly five centuries, we are

creating new and vibrant spaces where people can meet to discuss some of

today's most pressing social and global issues.

    "We are grateful to the Venetian authorities for their support in this

endeavour. Venice has long been a crossroads of different cultures from around

the world, and we hope to build on this tradition through The Human Safety Net

and our movement of 'people helping people'. David Chipperfield Architects was

a natural choice due to his love of Venice and shared vision for an

architecturally and socially coherent restoration."

    David Chipperfield, Principal of David Chipperfield Architects: "The Human

Safety Net and its home in Venice, a city steeped in history and culture,

brings together knowledge and inspiration for the common good. I am delighted

to be working on this architecturally and socially coherent project, which will

convey and connect ideas and people around the world. Working closely with

Generali, we have a vision to transform the Procuratie Vecchie into a more

active and engaged space, which embodies the global mission of The Human Safety

Net, while retaining the dignified beauty and history of the buildings."

    Three programmes

    The Human Safety Net for Families promotes equal life chances for children

who grow up in poverty. The Human Safety Net will provide support to 30,000

parents during the first six years of their children's life, which has been

scientifically proven as the most formative period. These years shape what

children achieve in school, their health, and their future career path.

    The Human Safety Net for Refugee Start-Ups takes a different approach to

the refugee crisis in Europe by empowering refugees to realise their

entrepreneurial potential and build livelihoods in their new 'home' countries.

This programme aims to help refugees to set up 500 new businesses, creating

jobs and opportunities for work.

    The Human Safety Net for Newborns works with the medical community and

parents to improve prevention and treatment for a devastating birth condition

called asphyxia. Asphyxia leaves many babies handicapped for the rest of their

lives and tragically can even result in death. This programme aims to train

professionals and equip them with innovative technologies, to help save 1000

lives from this potentially fatal condition.

    Generali employees from across the Group submitted over 300 ideas for

community projects to The Human Safety Net. The three programmes selected share

the common purpose of unlocking the potential of disadvantaged people. Generali

aims to engage its entire organisation in the initiative, as well as inspiring

customers, like-minded individuals and NGOs to collaborate. This chain of

'people helping people' is at the heart of The Human Safety Net.

    For more information, visit TheHumanSafetyNet.org

    Website: http://www.thehumansafetynet.org

    Twitter: http://www.twitter.com/HumanSafetyNet

    Instagram: http://www.instagram.com/TheHumanSafetyNet

    Follow the hashtag #THSNVenice

    Facebook: http://www.facebook.com/TheHumanSafetyNet

    About Generali Group

    Established in 1831, Generali Group is among the world's leading insurers

and operates in over 60 countries with total premium income exceeding EUR 70

billion in 2016. With over 74,000 employees in the world, and 55 million

clients, the Group has a leading position in Western Europe and an increasingly

significant presence in the markets of Central and Eastern Europe and in Asia.

In 2017 Generali Group was included among the most sustainable companies in the

world by the Corporate Knights ranking.

    Venice has remained an important city to Generali for 185 years, since we

first opened an office in the Procuratie Vecchie in 1832, and later chose the

Lion of St Mark as our company symbol. This long heritage underpins our

commitment to contribute to a better future for the city as well as in the

countries where we operate.

SOURCE: Generali Group

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中