世界の国会議員がミャンマーの少数民族ロヒンギャに対する民族浄化を非難

Inter-Parliamentary Union (IPU)

2017/10/19 14:45

世界の国会議員がミャンマーの少数民族ロヒンギャに対する民族浄化を非難

AsiaNet 70624 (1642)

【サンクトペテルブルク(ロシア)2017年10月18日PR Newswire=共同通信JBN】全世界の議会コミュニティーは18日、ミャンマー・ラカイン州北部の少数民族ロヒンギャの民族浄化を非難した。議員らはミャンマー政府に暴力、ロヒンギャの強制退去、甚だしい人権侵害の即時停止を求めた。

18日に第137回列国議会同盟(Inter-Parliamentary Union、IPU)会議で採択された緊急追加議題の決議で議員らは、前例のない100万人ものロヒンギャのバングラデシュへの大規模逃亡、また、国と地域への人道的影響および起こりうる安全性への影響に深刻な懸念を表明した。暴徒の攻撃が軍事的な報復を引き起こした際、ロヒンギャは避難を開始した。

IPUのサベル・チョードリー議長は「この決議案は世界の議会コミュニティーに、ラカイン州におけるロヒンギャの民族浄化に終止符を打つこと、そしてさらなる人権侵害に歯止めをかける具体的な対策をとるよう強く要請するものである」と説明し、「100万人もの人々が暴力や迫害から逃れようとしているときに外から傍観しているわけにはいかない。この危機は地域の平和と安全にとって重大な脅威である」と語った。

この決議では、宗教や民族に関わらず全ての民間人を保護するために国連管理下でミャンマー国内に一時的な安全地帯を設置することが強く勧められる。議員らはミャンマー議会に暴力行為をやめるために、またこの悲劇的状況に終止符を打つためにあらゆる努力をするよう強く要請した。

「今年の会議において緊急追加議題の決議案は、全世界共同体がこの状況を懸念していることを反映し、世界の議員らの圧倒的多数で可決された。私はこの警告がミャンマー当局や現地議員に届くだろうと信じている。そして、彼らが状況を正常化し、人道的大惨事を防ぐための効果的な措置を講じることが可能になることも信じている」とワレンチナ・マトヴィエンコ議長は説明した。

IPUのマーティン・チュンオン事務総長は「ロヒンギャの状況は決して容認できるものではない。世界中の議員がこの残虐行為を非難するため団結することが不可欠だ」と説明した。

緊急追加議題として提出された他の問題としては、ベネズエラの政治危機、そして朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)によって行われた核実験が平和と世界的安全にもたらす脅威だった。世界的安全と平和を維持する上での議会の役割に関する決議案を提案したジブチは、1件の議題が合意に達するように連帯感を表して、その決議案を撤回した。

会議では緊急追加議題は1件しか採択されないため、選択過程は本会議での投票で成り立つ。申請が通るためには、投票総数3分の2の多数を得なければならない。そのうち、賛成票が最も多かったものが受諾される。第137回IPU会議では、北朝鮮の核実験とロヒンギャ危機の2案が3分の2の多数票を得た。本会議ではロヒンギャ危機が大多数を獲得し、緊急追加議題として採用された。

ソース:Inter-Parliamentary Union(IPU)

World MPs Condemn the Ethnic Cleansing of the Rohingya Minority in Myanmar

PR70624

ST PETERSBURG, Russia, October 18, 2017, /PRNewswire=KYODO JBN/--

The global parliamentary community has condemned today the ethnic cleansing of

the Rohingya minority in the Northern Rakhine state of Myanmar. MPs have called

upon the Government of Myanmar to end immediately the violence and forced

displacement of the Rohingya and the blatant violations of their human rights.

In a resolution on the emergency item on it agenda, adopted today at the 137th

Assembly of the Inter-Parliamentary Union (IPU), MPs expressed grave concern

over the unprecedented exodus of one million Rohingya to Bangladesh and the

humanitarian and potential security consequences for that country and the

region. The Rohingya began fleeing when an insurgent attack led to a massive

military response.

"This resolution urges the global parliamentary community to take concrete

steps to put an end to the ethnic cleansing of the Rohingya from Rakhine state,

and to end further human rights violations," explained Saber Chowdhury, the IPU

President. "We cannot remain on the sidelines as one million people flee

violence and persecution. This crisis is a major threat to regional peace and

security."

The resolution strongly recommends the creation of temporary safe zones inside

Myanmar under UN supervision to protect all civilians irrespective of religion

and ethnicity. MPs have also urged the Parliament of Myanmar to make every

effort to stop the violence and to put an end to this tragic situation.

"The resolution on the emergency item at this year's Assembly was adopted by an

overwhelming majority of the world's parliamentarians, reflecting the concern

of the entire global community over the situation. I believe that this signal

will be heard by the authorities and by parliamentarians in Myanmar, and that

it will enable them to take effective steps to normalise the situation and

avoid a large-scale humanitarian disaster," explained the Assembly President,

Valentina Matvienko.

IPU Secretary General Martin Chungong explained, "The situation of the Rohingya

is unacceptable. It is vital that parliamentarians from around the world stand

together to condemn this atrocity."  

Other issues proposed as an emergency item were the political crisis in

Venezuela and the threat to peace and international security posed by the

nuclear tests conducted by the Democratic People's Republic of Korea. Djibouti,

which proposed a resolution on the role of parliaments in maintaining

international security and peace, withdrew it as a gesture of solidarity to

reach consensus on one item.

As the Assembly may only adopt one emergency item, the selection process

consists of a vote in the plenary. Requests must receive a two-thirds majority

of the votes cast in order to be accepted. Of these, the one that receives the

largest number of positive votes will be accepted. For the IPU 137th Assembly,

two proposals - the DPRK's nuclear testing and the Rohingya crisis - received a

two-thirds majority. The proposal on the Rohinyga crisis received the most

votes in the plenary, and was selected as the emergency item.

Source: Inter-Parliamentary Union (IPU)  

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中