国際骨粗しょう症財団:骨粗しょう症による骨折は高齢者の自立を脅かす

国際骨粗しょう症財団(IOF)

2017/10/20 10:50

国際骨粗しょう症財団:骨粗しょう症による骨折は高齢者の自立を脅かす

AsiaNet 70551

ジュネーブ(スイス)、2017年10月20日/PRニュースワイヤー/ --

目には見えないけれど、危険です。骨を弱く、もろくする骨粗しょう症は、骨が折れて初めて姿を現します。

     (写真:

http://mma.prnewswire.com/media/582529/Osteoporosis.jpg )

高齢者における初めての「脆弱性骨折」の多くは手首の骨折や気付かない脊椎骨折による急な背中の痛みです。悲しいことに、これで終わりではありません。治療しなければ、次々と衰弱骨折が起こりうるのです。

本日の世界骨粗しょう症デーには、国際骨粗しょう症財団(IOF:

International Osteoporosis Foundation)と世界240の会員団体による「自分の骨を愛し、未来を守ろう(Love Your bones - Protect your future)」との呼びかけが、高齢になっても健康に動くために早くから予防することの重要性を強調しています。

骨粗しょう症による骨折は世界中で高齢者の身体障害、早死に、自立性の喪失などの原因となり、医療の大きな負担となっています。世界的に見ると、50歳以上の女性の3人に1人、男性の5人に1人が残りの人生で衰弱骨折を起こすことになります。

IOF会長のサイラス・クーパーは、次のように述べました:「骨粗しょう症は、非常に無視されやすい病気です。診断ツールや効果的な医薬品が広く利用できるにも関わらず、実際に診断され治療を受けるのは、骨折の可能性の高い、わずか一握りの人に過ぎません。初めての衰弱骨折を起こし、さらに骨折を起こす危険が高い高齢者の80%が、二次骨折の可能性から身を守る予防的治療を受けるには至らないのです」

特に股関節骨折は致命的で、股関節骨折の患者の20%から24%が骨折から1年以内に死亡、33%は自立できなくなるか老人ホームに入っています。老齢人口の増加に伴って、股関節骨折の数が上昇しています。1990年から2050年にかけて、股関節骨折は男性で310%、女性で240%増加することが見込まれます。

この国民の健康への脅威に対する理解を深めるため、IOFは本日新たな資料、「IOF骨粗しょう症概要(The IOF Compendium of Osteoporosis:

http://www.worldosteoporosisday.org/resources) 」を公表しました。この総合的な参考資料には、この病気、予防法、世界各地域の患者数に関する簡略な情報が記載されています。全国レベルで骨粗しょう症と闘うための重要な戦略を説明し、8つの優先行動の青写真を提供しています。

優先行動の一つは骨折患者を治療するすべての病院で骨粗鬆症リエゾンサービス(FLS:Fracture Liaison Services)を実施することです。このようなサービスは、二次骨折を起こしそうな危険度の高い患者を防ぐことで、コスト効率がよくなることが証明されています。

IOFはまた、骨粗しょう症患者の権利に関心のあるすべての人がオンラインのIOFグローバル患者憲章(IOF Global Patient Charter:

https://www.iofbonehealth.org/iof-global-patient-charter )に署名することを呼び掛けています。この憲章は、世界中の政府と保健機関に医療問題で骨の健康を優先するように要請しています。

IOF会長は、次のように付け加えました:「予防が肝心です。あらゆる年代において、栄養状態が良く定期的に運動を行う健康的なライフスタイルが、骨の健康の土台を作ります。また、すべての高齢者が各自の骨粗しょう症のリスクファクターを自覚することを勧めます。50歳以降の骨折、親の骨粗しょう症や股関節骨折の病歴、身長の低下、喫煙、低体重、関節リウマチなど特定の病気、骨量を減少させる薬剤の使用(グルココルチコイドなど)です。リスクファクターがあるなら、医師に相談し検査を依頼してください」

リスクファクターの有無は、IOF 1分間骨粗しょう症リスクテスト(IOF One-Minute Osteoporosis Risk Test:https://www.iofbonehealth.org/iof-one-minute-osteoporosis-risk-test )で。

毎年10月20日のWOD(世界骨粗しょう症デー)は、1年にわたるキャンペーン記念する日です。イベントと資料は、

http://www.worldosteoporosisday.org/ でご覧ください。

#LoveYourBones #WorldOsteoporosisDay

WOD公式パートナー:アムジェン(Amgen)、リリー(Lilly)、サンスウィート(Sunsweet )、UCB

IOFは、骨粗しょう症および関連した筋骨格疾患の予防、診断、治療に特化したNGOの世界的リーダーです:http://www.iofbonehealth.org/

メディア問合せ先

Laura Misteli

IOF

lmisteli@iofbonehealth.org

ソース: 国際骨粗しょう症財団(IOF)

(日本語リリース:クライアント提供)

The International Osteoporosis Foundation: Fractures Due to Osteoporosis Threaten Seniors' Independence

PR70551

GENEVA, Oct. 20, 2017, /PRNewswire=KYODO JBN/--

It's invisible, and it's dangerous. Osteoporosis, which causes bones to become

weak and fragile, only reveals itself when a bone breaks.

(Photo: http://mma.prnewswire.com/media/582529/Osteoporosis.jpg )

In older adults that first 'fragility fracture' is often a broken wrist, or

sudden back pain due to undetected vertebral fractures. Sadly, the first

fracture is often not the last - unless treated, a cascade of more debilitating

fractures can occur.

Today, on World Osteoporosis Day, the call to 'Love Your bones - Protect your

future' by the International Osteoporosis Foundation (IOF) and its 240 member

societies worldwide, emphasizes the importance of early prevention as the key

to healthy mobility at older age.

Fractures due to osteoporosis represent a major healthcare burden, causing

disability, premature death, and loss of independence in seniors worldwide.

Globally, one in three women and one five men over the age of 50 will suffer a

fragility fracture in their remaining lifetimes.

IOF President Professor Cyrus Cooper stated: "Osteoporosis is a disease which

suffers from serious neglect. Despite widely available diagnostic tools and

effective medications, only a minority of people at high risk of fractures are

actually diagnosed and treated. As many as 80% of older adults who suffer a

first fragility fracture - and are in extreme danger of sustaining more

fractures - do not go on to receive preventative treatment to protect

themselves against the high probability of secondary fractures."

Hip fractures in particular can be life-threatening: approximately 20-24% of

hip fracture patients die within the year after the fracture; 33% become

dependent or in a nursing home. Due to the growth of the ageing population, the

numbers of hip fractures are rising exponentially. From 1990 to 2050 hip

fractures are projected to increase by 310% in men and 240% in women.

To improve understanding of this public health threat, IOF has today issued a

new resource, 'The IOF Compendium of Osteoporosis'. This comprehensive

reference provides concise information about the disease, its prevention, and

its prevalence in all regions of the world. It also outlines key strategies to

fight osteoporosis at the national level, providing a blueprint for eight

priority actions.

One of the priorities is the implementation of Fracture Liaison Services (FLS)

in all hospitals that treat fracture patients. Such services are proven to be

cost effective ways to prevent secondary fractures in these high risk patients.

IOF also calls on everyone who is concerned about osteoporosis patient rights

to sign the online IOF Global Patient Charter. The Charter urges governments

and health authorities around the world to make bone health a priority

healthcare issue.

The IOF President adds: "Prevention is key. At all ages, a healthy lifestyle

with good nutrition and regular physical activity lays the foundation for good

bone health. As well, I urge all older adults to be aware of any personal risk

factors for osteoporosis. These can include a broken bone after the age of 50,

parental history of osteoporosis or hip fracture, loss of height, smoking,

being underweight, certain diseases such as rheumatoid arthritis, or use of

medications that cause bone loss (such as glucocorticoids). If you have risk

factors, be sure to talk to you doctor and ask for testing."

To see whether you have risk factors, complete the IOF One-Minute Osteoporosis

Risk Test

WOD, observed annually on 20 October, marks a year-long campaign. View events

and resources at http://www.worldosteoporosisday.org/  #LoveYourBones

#WorldOsteoporosisDay

WOD Official Partners: Amgen, Lilly, Sunsweet, UCB

IOF is the world's leading NGO dedicated to the prevention, diagnosis and

treatment of osteoporosis and related musculoskeletal diseases:

http://www.iofbonehealth.org

Media contact

Laura Misteli

IOF

lmisteli@iofbonehealth.org

SOURCE: The International Osteoporosis Foundation (IOF)

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中