セーリングがオーストラリアで三亜を一躍有名にした

Sanya Serenity Coast

2018/1/4 15:34

セーリングがオーストラリアで三亜を一躍有名にした

AsiaNet 71715 (0023)

【シドニー2018年1月2日PR Newswire=共同通信JBN】Sanya Serenity Coast(美しい海岸風景を持つ三亜)は2017年12月29日金曜日16時29分23秒(現地時間)にオーストラリア・ホバートのフィニッシュ・ラインを通過した。クリッパー・レースの11隻のヨットの中で最初にゴールインし、全体では40位だった。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180102/2023570-1

写真説明:Sanya Serenity Coast

Sanya Stopover Committee(三亜中継地委員会)を代表してツェンリン・スー三亜市副市長は、ウェンディ・タック氏とクルーを温かく祝福し、彼らの業績をたたえた。

これはウェンディ・タック氏にとって11回目のRolex Sydney Hobart Yacht Race(ロレックス・シドニー・ホバート・ヨットレース)だった。彼女は「これはまったく途方もないレースで、1つの失敗もできない。軽度な補修のとき、私たちはすべてのセールの上げ下げをした。クルーにとって厳しい経験だったが、彼らは1つも失敗を犯さなかった。私たちがうまくやれたのは全てクルーのおかげだ」と述べた。

28日木曜日深夜まで8位だったにもかかわらず、Sanya Serenity Coastは夜を徹して活動して勝利を確実にした。タック氏はホバートで「それは厳しかった。最後には条件がくるくる変わった。追い風では素晴らしいセーリングだったが、最後に、少し前面に抜け出せた。強い逆風はわれわれが得意としていたので、その中でわれわれはフリートに追いついた」と述べた。

クリッパー・レースのヨットの中でGarminが金曜日早朝(現地時間)にタスマン島に到達したとき、Sanya Serenity Coastは10マイル後方にいた。ラウル岬を回った後にGarminのリードを阻止したにもかかわらず、Sanya Serenity Coastが先頭を奪ったのはサウス・アームを回ったときで、シドニー・ホバートのベテラン、ウェンディ・タック氏は彼女のチームを勝利へと跳躍させた。

三亜市大使のシュオ・チャン氏は「今、われわれは2つのレースに勝ったことで私の夢がかなった。特にシドニー・ホバート・ヨットレースに勝つという夢が。11隻の中で8位に位置したときもあったが、われわれは諦めず、ラインオナーのために戦い、最後に勝利をものにした」と述べた。

もう1人の三亜市大使のシャオチャン・ハン氏はまだ結果に興奮しながら「ここに着くまでにわずか3日ほどかかるだけだ。それはまったく岸辺のレガッタのようなもので、トップ3の間にはわずかな時間の差しかない。それは容易ではない。われわれは前進を続けるだろう」と述べた。

Sanya Serenity Coastはレースで優勝したことにより、シドニーとホバートで三亜市の知名度を高めるのに貢献した。

ソース:Sanya Serenity Coast

Sailing has made Sanya a household name in Australia

PR71715

SYDNEY, Jan. 2, 2018 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Sanya Serenity Coast crossed the finish line in Hobart at 16:29:23 local time

on Friday 29 December 2017 to finish first out of 11 Clipper Race yachts and

40th overall.

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180102/2023570-1

(Sanya Serenity Coast)

Sanya Vice mayor Zhenling Xu on behalf of Sanya Stopover Committee, extended a

warm congratulations to Wendy Tuck and the crew for their accomplishment.

This is Wendy Tuck's eleventh Rolex Sydney Hobart Yacht Race. She said: "It's

just extraordinary you can't make one mistake and in the light patch we had all

the sails up and sails down. It was tough on the crew and they made not one

mistake, so all down to the crew that we did so well."

Despite being in eighth position late on Thursday, Sanya Serenity Coast worked

throughout the night to ensure victory. Speaking in Hobart, Wendy said: "It was

tough. The conditions changed so much at the end. It was awesome sailing that

downwind stuff but, at the end, we had that little front come through and that

heavy upwind stuff is what we excel at so that's when we caught up with the

fleet."

Sanya Serenity Coast was ten miles astern when Garmin became the first Clipper

Race yacht to reach Tasman Island in the early hours of Friday morning, local

time. Despite closing down Garmin's lead after rounding Cape Raoul, it wasn't

until Sanya Serenity Coast cornered South Arm that the team took the lead and

Sydney Hobart veteran Wendy Tuck skippered her team to the win.

Sanya Ambassador Shuo Chang said: "My dreams came true that we won 2 races now

especially we won Sydney Hobart Yacht Race. Although we once placed 8th out of

11 yachts, we did not give up and fought for the Line Honor. Finally, we did

it!"

The other Sanya Ambassador Xiaoqiang Han was still excited about the result

stating: "It only takes around 3 days to be here, and it is really like an

in-shore regatta, in which there are only slight time differences between the

top three yachts. It is not easy and we will keep going!"

Sanya Serenity Coast has helped raise the profile of the city in Sydney and

Hobart due to the excellent results of the race.

SOURCE: Sanya Serenity Coast

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中