CES 2018にて#AccessibleOlliがデビュー

Local Motors

2018/1/10 17:00

CES 2018にて#AccessibleOlliがデビュー

AsiaNet 71811 (0074)

【ラスベガス2018年1月10日PR Newswire=共同通信JBN】Local Motorsは全ての人々に#AccessibleOlli(https://localmotors.com/2018/01/08/must-see-vehicle-ces-2018-accessibleolli )を届けるため、IBMとCTA Foundationと連携してきた。障害のある人々にとって交通を利用しやすくすることが狙いだ。昨年1月のCES 2017でパートナーシップを発表して以来、Local Motors、IBM、CTA Foundationは、多彩なエコシステム・パートナーらと共に世界中で数多くのワークショップ、ハッカソン、課題に取り組み、クラウドソーシングによってデザインアイデアを得てきた。

Photo - http://mma.prnewswire.com/media/626299/Local_Motors_Accessible_Olli.jpg

#AccessibleOlliは、CES 2018で展示される予定で、Local MotorsのOlliを数々のテクノロジーで改良した3Dプリントバージョンである。

CTA Foundation、IBM、Local Motorsは、運搬用車両の利用しやすさに変化をもたらせる企業と提携した。研究に続いて、より利用しやすい車両体験を目指してOlliに組み込むことのできる技術的な向上を特定するため、3社は4つの個性に焦点を絞った。その4つの個性とは、視力障害、聴力障害、身体障害、認識機能障害だ。それぞれの個性には異なるニーズおよび異なる関り方があるため、3社は全領域からパートナーを招いて、いかに新たな技術を組み込むことが他者の生活を向上させられるかを示した。

例えば、#AccessibleOlliは、空いている席を認識するため機械視覚を使用し、乗客を案内するため音声でキューを出し、目が不自由な乗客を含むどんな人でも空いている席へ案内することができる。

CTA Foundationのスティーブ・ユーエル専務取締役は「CES 2018で#AccessibleOlliを目にすることができてわくわくしている。昨年のCESで#AccessibleOlliプロジェクトを発表して以来、車両デザインのためのアイデアを得るためにパートナーらは異なる障害や高齢化人口を代表する幅広い機関と会合してきた。オンラインでの提出と併せて、これらは多くの#AccessibleOlliパートナーらによって具体化されたアイデアに火をつけ、いかに消費者向けの技術が高齢者と障害のある人々のニーズにより良く応えることができるかという例の役割を果たした」と述べた。

Local Motorsのマーケティング担当副社長のブリタニー・ストトラー氏は「われわれが気付いたのは、いかに人が運転手のいない車両とかかわるのか、そしてこれが「運転手」の援助を頼りにしている障害のある人々にどれだけ大きな影響を与えるのかについて、誰も語っていないということだ」と述べた。

#AccessibleOlli(https://launchforth.io/localmotors)はCTA Foundation、IBM、Local Motorsと併せて、主としてADLINK Technology、旭硝子株式会社、Best Mile、ロチェスター市(ミネソタ州)、Explorer.ai、Glen Raven、KinTrans、LGエレクトロニクス、Mapbox、パナソニック、Q'Straint、Sage、Siemens PLM Software、Sunbrella、Ultrahaptics、what3wordsのパートナーのおかげで、継続的な努力となっている。われわれの全パートナーについてのより詳しい情報はこちら(https://localmotors.com/2018/01/08/must-see-vehicle-ces-2018-accessibleolli)を参照。

報道関係問い合わせ先:pr@local-motors.com  

Logo - http://mma.prnewswire.com/media/623895/Local_Motors_Logo.jpg

ソース:Local Motors

#AccessibleOlli Debuts at CES 2018

PR71811

LAS VEGAS, Jan. 10, 2018 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Local Motors has been working with IBM and CTA Foundation to bring

#AccessibleOlli (

https://localmotors.com/2018/01/08/must-see-vehicle-ces-2018-accessibleolli )

to all people, aiming to make transportation accessible for those with

impairments and/or disabilities. Since announcing the partnership at CES 2017

last January, Local Motors, IBM and CTA Foundation have crowd-sourced design

ideas globally running numerous workshops, hackathons and challenges with a

broad range of ecosystem partners.  

Photo - http://mma.prnewswire.com/media/626299/Local_Motors_Accessible_Olli.jpg

#AccessibleOlli, which will be showcased at CES 2018, is a 3D-printed version

of Local Motors' Olli, enhanced with an array of technologies.

CTA Foundation, IBM and Local Motors partnered with companies who could make a

difference in a transportation vehicle's accessibility. Following research, the

three companies zeroed in on four personas to identify technological

advancements that could be integrated into Olli for a more accessible vehicle

experience. The four personas are visual impairment, hearing impairment,

physical impairment and cognitive impairment. Since each persona has different

needs and different ways of interacting, the three companies brought in

partners from all spectrums to showcase how integrating new technologies can

better the lives of others.

For example, #AccessibleOlli can direct anyone, including a passenger who is

visually impaired, to empty seats using machine vision to identify open spots

and audio cues to direct the passenger.

"We are excited to see #AccessibleOlli at CES 2018. Since announcing the

#AccessibleOlli project at CES last year the partners have met with a wide

variety of organizations representing different disabilities and aging

populations to get ideas for the vehicle's design. These, along with online

submissions, helped to fuel the ideas incorporated by the many #AccessibleOlli

partners and serve as an example of how consumer technology can better meet the

needs of older adults and people with disabilities," says Steve Ewell,

Executive Director, CTA Foundation.

"What we noticed is that no one is talking about how people will interact with

a vehicle that has no driver, and how this greatly impacts those with

disabilities or impairments who rely on the "driver" to assist them," - says

Brittany Stotler, Vice President Marketing, Local Motors.

#AccessibleOlli (https://launchforth.io/localmotors) is a an ongoing effort,

largely due to our partners at ADLINK Technology , AGC Asahi Glass, Best Mile,

City of Rochester (MN), Explorer.ai, Glen Raven, KinTrans, LG Electronics,

Mapbox, Panasonic, Q'Straint, Sage, Siemens PLM Software, Sunbrella,

Ultrahaptics and what3words, along with CTA Foundation, IBM and Local Motors.

Learn more about all of our partners here

(https://localmotors.com/2018/01/08/must-see-vehicle-ces-2018-accessibleolli).

For Media inquiries please contact pr@local-motors.com  

Logo - http://mma.prnewswire.com/media/623895/Local_Motors_Logo.jpg

SOURCE Local Motors

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中