アエロフロートがRostecにロシア製最新旅客機MC-21を50機確定発注へ

アエロフロート(Aeroflot)

2018/2/2 15:40

アエロフロートがRostecにロシア製最新旅客機MC-21を50機確定発注へ

AsiaNet 72134 (0230)

【モスクワ2018年2月1日PR Newswire=共同通信JBN】アエロフロートはロシア製の最新中距離旅客機MC-21の最大の顧客になる。最新技術の旅客機50機の画期的契約が1日、アエロフロートとRostecの間で調印される。

(Logo: http://mma.prnewswire.com/media/561410/Aeroflot_Logo.jpg

確定発注により、Rostecのリース子会社Aviacapital-Serviceがアエロフロートにオペレーティングリースで50機のRC-21-300を提供する。アエロフロートはこれにより、この最新ロシア製旅客機のロシア最大の借り主となる。リース料の支払いと維持費引当金は合わせて50億米ドルを上回る。

機体はアエロフロート用に客席をビジネス16、エコノミー153の計169席配置する。契約の第1段階では、ロシア国外で生産されたエンジンを搭載して納入される。26機目からアエロフロートはオプションで、現在、型式証明検査を実施中のロシア製新型PD-14エンジンの搭載を選択できる。

アエロフロートへの1機目の引き渡しは2020年第1四半期に予定され、2026年までに納入完了の計画である。各機のリース期間は12年、オプションで2年間、3回まで延長できる。アエロフロートは同機を国内線と国際線で運航する計画。

Rostecのセルゲイ・チェメゾフ最高経営責任者(CEO)は「この合意は、ロシアの民間航空産業が回復し、世界的な主要メーカーの位置を占めつつあることを明確に示す。MC-21は同業界の真に画期的な成果を象徴している。同機は主要なロシア企業が生み出した最先端の材料と最新世代のシステムを利用している。Rostecが生産するMC-21の構成部品は、チタン複合材の部品、搭載電子機器、シャシーコンポーネント、他のシステムと、心臓部であるPD-14エンジンなどである。当社はアエロフロートがこのエンジンをMC-21の主要動力として選択すると信じている」と語った。

アエロフロートのビタリー・サベリエフCEOは「50機のMC-21の確定発注調印はわれわれ2社だけでなく、わが国にとっても画期的な出来事である。ロシアのメーカーが最初の次世代旅客機を生み出し、航空産業の世界的リーダーへのロシアの復帰を証明した。アエロフロートとRostecの確定発注の調印がもう一つの重要な偉業と時を同じくすることは注目に値する。それは、アエロフロートが世界の20大航空会社の1社として航空業界の世界的エリートに復帰したことである。今日の地政学的状況にあって、競争力のあるロシアの技術が存在し、それが最高品質で競争力のある価格であることは不可欠だと考える。このため、当社の最大のパートナーでアエロフロートの最大株主であるRostecとの提携関係は極めて重要である」と述べた。

MC-21はUnited Aircraft Corp.(UAC)の一部であるIrkut Corporationがロシアの主要メーカーと協力して製造した中距離・狭胴型旅客機である。同機の製造に関係したRostecの子会社はVSMPO-AVISMA、United Engine Corporation、Technodinamika、Concern Radio-Electronic Technologies、RT-Chemcompositeである。

MC-21は独自の工学技術的ソリューションにより、革新的な人間工学的な操縦室や改良された性能が自慢である。翼の構造にポリマー複合材を利用したこの種では世界初の航空機である。MC-21の30%以上が複合材でできており、有効搭載量を大きく増やす。

MC-21はこのクラスの狭胴型旅客機では最も広い胴体(直径4.06メートル)で、旅客に新たな水準の快適さをもたらす。客室の通路は広く、前傾式収納棚は容量が大きくなった。メーカーはアエロフロート発注のMC-21-300全機に乗客のインターネットアクセスを可能にするWiFiサービスを搭載する計画である。

ソース:Aeroflot

Aeroflot to Sign Firm Order With Rostec for 50 of the Latest Russian-built MC-21 Aircrafts

PR72134

MOSCOW, February 1, 2018 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

    Aeroflot will become the largest customer for the latest Russian-built

medium-range aircraft, the MC-21. The landmark contract for 50 of the

state-of-the-art passenger aircraft will be signed today between Aeroflot and

Rostec.

     (Logo: http://mma.prnewswire.com/media/561410/Aeroflot_Logo.jpg )

    Under the firm order, Rostec leasing subsidiary Aviacapital-Service will

supply Aeroflot with 50 MC-21-300 aircraft on operating leases. Aeroflot will

thus become the largest Russian leasor of the latest Russian-built aircraft.

The leasing payments and reserves for maintenance will total more than USD 5

billion.  

     The aircraft will be configured for Aeroflot to carry 169 passengers, with

16 business-class and 153 economy-class seats. In the first phase of the

contract the aircraft will be delivered with engines produced outside Russia.

From the 26th aircraft Aeroflot has the option to receive aircraft with new

Russian-built PD-14 engines, which are currently undergoing certification

testing.

    The first aircraft is scheduled for delivery to Aeroflot in the first

quarter of 2020, with the order planned to be completely fulfilled by 2026.

Each aircraft will be leased for a term of 12 years, with the option of

two-year extensions on the lease no more than three times. Aeroflot plans to

operate the aircraft on both domestic and international routes.

    Sergey Chemezov, CEO of Rostec, said:

    "This agreement underscores that Russia's civil aviation industry is making

a comeback and taking its place among leading global manufacturers. The MC-21

represents a genuine breakthrough achievement for the aviation industry. The

aircraft uses cutting-edge materials and the latest generation of systems,

created by leading Russian companies. Elements of the MC-21 that Rostec

produces include titanium and composite parts, on-board electronics, chassis

components, other systems, and the 'heart' of the aircraft - the PD-14 engine.

We believe that this engine will be selected by Aeroflot as the primary power

plant for the MC-21."

    Vitaly Saveliev, CEO of Aeroflot, said:

    "The signing of a firm order for 50 MC-21 aircraft is a landmark event not

just for our two companies, but for our country. Russian manufacturers have

created the first next-generation passenger aircraft, marking Russia's return

as a global leader in the aviation industry. It is noteworthy that the signing

of a firm order between Aeroflot and Rostec coincides with a no less

significant achievement, namely Aeroflot's return to the global aviation elite,

as one of the top 20 largest airlines in the world. In today's geopolitical

context we believe it is essential that there is competitive Russian-made

technology, and that it is of the highest quality and competitively priced. For

this reason our partnership with Rostec, our largest partner and a shareholder

of Aeroflot, is of critical importance."

    The MC-21 is a medium-haul, narrow-body aircraft produced by Irkut

Corporation (part of United Aircraft Corp., UAC) in cooperation with leading

Russian manufacturers. Rostec subsidiaries involved in the production of the

aircraft were VSMPO-AVISMA, United Engine Corporation, Technodinamika, Concern

Radio-Electronic Technologies, and RT-Chemcomposite.

    The MC-21 boasts an innovative ergonomic cabin for pilots and improved

capabilities thanks to the unique engineering solutions deployed. It is the

first aircraft of its type in the world to make use of polymer composites in

the construction of the wings. Composites account for more than 30% of the

MC-21, which significantly increases the useful load.

    The MC-21 will provide passengers with a new level of comfort thanks to the

widest fuselage in its class of narrow-body aircraft (at a diameter of 4.06

metres). The cabin has an expanded aisle and tilt-forward stowage bins with

expanded capacity. The manufacturer plans to equip Aeroflot's entire order of

MC-21-300s for WiFi service to allow passengers internet access.

Source: Aeroflot

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中