エンビジョンがシンガポールで戦略的持続可能開発パートナーシップを締結

エンビジョン

2018/2/5 18:21

エンビジョンがシンガポールで戦略的持続可能開発パートナーシップを締結

AsiaNet 72157 (0250)

【シンガポール2018年2月3日PR Newswire=共同通信JBN】

*「スマートネーション」をプロジェクトからプロダクト(製品)に変える

世界をリードするデジタルエネルギー・プラットフォーム企業であるエンビジョン(Envision)は、デジタル変革を可能とする革新的エコシステムの開発のためシンガポールの4組織と提携する。

(Photo: https://mma.prnewswire.com/media/637122/MOU_Signing_Ceremony.jpg

(Photo: https://mma.prnewswire.com/media/637123/Envision_and_Sunseap.jpg

(Photo: https://mma.prnewswire.com/media/637124/Partnership_with_SERIS_and_NTU.jpg

Ascendas-Singbridge Group、Sunseap Group, Solar Energy Research Institute of Singapore(SERIS)、およびシンガポールの南洋理工大学(NTU Singapore)との今回の提携は、エンビジョンのシンガポールでのグローバル・デジタル・ハブの開始に先行する。同ハブは、商業的卓越性を追求しつつ、スマートシティーのアプリケーション、インテリジェントなIoTのR&Dおよび人材の全般にわたりイノベーションを促進することを目指している。今回の提携は、エンビジョンがシンガポールで受ける強力な支持の証であり、エンビジョンがシンガポールの「スマートネーション」構想を活用することを可能にする。

エンビジョンのレイ・チャン最高経営責任者(CEO)は「エンビジョンはシンガポール・スマートネーションのコミットメントにより啓発された。われわれは、インテリジェントなIoTプラットフォームとエコシステムを通じて、『スマートネーション』をプロジェクトからプロダクト(製品)に変えることに興奮している。同じ考えを持つパートナーが協力することは、この旅を加速することになる」と語った。

Ascendas-Singbridgeとエンビジョンが結んだ了解覚書は、両社チームがエンビジョンのEnOS(TM)IoTプラットフォームとエコシステムを備えたスマートビルディング・ソリューションを開発するために協力するとしている。Ascendas-Singbridgeは、ワンノースにあるAscendas-Singbridgeが開発したGalaxisで、共同開発したソリューションのパイロット・トライアルのためのビジネス知識とテストベッド機能を提供する。シンガポールサイエンスパークにあるAscendas-Singbridgeの共同ワークスペースであるthebridgeには、現在、エンビジョンのグローバル・デジタル・ハブがある。シンガポールの主要な場所にグローバル・デジタル・ハブを設置することで、エンビジョンは地元でインキュベートし、そして世界に、特にアジア太平洋エネルギー市場へ跳躍する位置を持つ。

Ascendas-SingbridgeのデピュティグループCEOであるマノハル・ヒアタニ氏は「エンビジョンと提携してうれしく思っている。Ascendas-Singbridgeは、アジアを代表する持続可能な都市開発とビジネス空間ソリューション・プロバイダーとして、テナントとコミュニティーに変革イニシアチブと持続可能な建築ソリューションを導入し、スマートなビジネスパークの開発に努めている」と述べた。

エンビジョンとSunseap Groupとの協力は、両社がIoTプラットフォームを共同開発し、シンガポールとアジア太平洋における屋上、地上設置型および浮遊型のプロジェクトを含むSunseapの現在および将来の太陽光発電プロジェクトを最適化することを可能にする。このプラットフォームはまた、デマンドサイドのエネルギー管理技術を組み込み、革新的な太陽光発電アプリケーション構築の実現可能性を探る。

Sunseap Groupの共同創設者兼ディレクターであるフランク・プアン氏は「われわれはエンビジョンと提携して、当社顧客に信頼性と費用対効果の高い方法で革新的なクリーンエネルギーソリューションを共同開発することに興奮している。今回の提携により、アジアの成長市場におけるクリーンエネルギーの革新を促進するエンビジョンの技術を活用することができる」と述べた。

EnOS(TM)プラットフォームは、異なる時間範囲における気象予測、大規模な太陽光(PV)システムのスマートなモニタリング、運用、およびメンテナンスに焦点を当て、SERISのサポートにより、さらに改善されるだろう。覚書はさらに、双方が他の潜在的な研究開発活動で協力することを可能にする。SERIS副CEOであるトマス・レインドル博士は 「SERISは、シンガポールで革新的な技術の開発、テスト、商用化を行い、他のアジア太平洋地域および世界の市場に販売することを目指している。エネルギー分野における世界的なインテリジェントIoTのリーダーとチームを組むことは、SERISが開発したソリューションのさらなるテスト、そしてそれを多国籍の規模に広めることに役立つ。われわれは、共同チームが太陽エネルギー分野の最先端ソリューションのいくつかに取り組んでいることから生じる今回の協力と相互利益に興奮している」と語った。

エンビジョンは、産業関連のエネルギーソリューションの開発におけるNTUの研究力とともに、負荷予測の構築、バッテリー管理システムおよび、EnOS(TM)プラットフォームのNTUのEcoCampus計画への統合の可能性を探ることができるようになる。

NTU副学長(調査担当)のラム・キン・ヨン教授は「NTUはエンビジョンと協力して、革新的で持続可能なエネルギーソリューションを探求することをうれしく思う。エネルギー・バリューチェーン全体にわたるデジタル化の機会に関するNTUの豊富な専門知識を活用することで、この提携がアジア地域内外で実行可能な持続可能性ソリューションの開発を促進することを確信している」と述べた。

▽エンビジョンについて

エンビジョン(Envision)は、世界をリードするスマートエネルギー管理会社である。エンビジョンは100GWのエネルギー資産を管理する世界最大のエネルギーIoTプラットフォーム、EnOS(TM)を所有している。エンビジョンは、世界をリードするスマート風力タービン企業であり、中国第2位の風力タービンメーカーで中国最大のオフショア風力発電ソリューション・プロバイダーでもある。エンビジョンは、Sonnen、ChargePoint、AutoGrid、Bazefieldなどの大手エネルギー技術企業への大規模投資を通じ、世界的なエネルギーIoT&スマートシティーエコシステムのインテグレーターにもなっている。

上海に本社を置くエンビジョンは、アジア、欧州、米州に地域事務所を持ち、デンマーク、ドイツ、米国にグローバルR&Dおよびエンジニアリングセンターを設立している。エンビジョンの使命は、「持続可能な未来の課題を解決する」ことである。同社は、「ビューティフルエネルギー」の世界であるきれいで安全で手ごろなエネルギーに誰もがアクセスできる持続可能な未来を創造するための高度な技術開発にコミットしている。

エンビジョンに関するより詳細な情報はhttp://www.envision-energy.com を参照。

▽Ascendas-Singbridge Groupについて

Ascendas-Singbridge Groupは、アジア最大の持続可能な都市開発およびビジネススペースソリューション・プロバイダーであり、200億シンガポールドル超の資産を管理している。

Temasek HoldingsとJTC Corporationが51:49の比率で共同所有している同グループは、タウンシップ、複合用途開発およびビジネス/工業団地にまたがる都市化プロジェクトを実施している。 シンガポールに本社を置くAscendas-Singbridgeは、オーストラリア、中国、インド、インドネシア、シンガポール、韓国を含むアジア9カ国28都市でプロジェクトを展開している。

Ascendas-Singbridgeは、アジア太平洋地域に商業、ホスピタリティー、産業資産を保有している。子会社のAscendas、すなわちAscendas Reit(Straits Times Indexの構成銘柄)、Ascendas India TrustおよびAscendas Hospitality Trustの下でシンガポールに上場されている3つのファンドに大規模出資し、管理している。 こうした上場ファンド以外にも、一連の非上場不動産ファンドを管理している。

Ascendas-Singbridge Groupに関するより詳細な情報はhttp://www.ascendas-singbridge.com を参照。

▽Sunseap Groupについて

Sunseap Groupは、シンガポールにおける太陽エネルギーシステムの大手開発・所有・運営会社である。Sunseap Leasing、Sunseap International、Sunseap Energyの3つの主要部門を通じて運営されている。Sunseap Leasingはシンガポール初で最大のソーラーリース会社である。Sunseap Internationalは、東南アジアおよび太平洋地域の市場をターゲットにしている。これには、インドの140メガワットピーク(MWp)のソーラーファームと、カンボジアの10MWpのソーラーファームが含まれる。Sunseap Energyはグループの分散型発電資産のポートフォリオ内の太陽光発電システムを利用して、オフサイト契約を利用したクリーンなエネルギーソリューションを提供している。注目すべき顧客はAppleであり、同社はSunseapとの間で再生可能エネルギー源からの地域エネルギー需要の100%を調達する契約を締結した。

Sunseap Groupに関するより詳細な情報はhttp://www.sunseap.com を参照。

▽Solar Energy Research Institute of Singapore(SERIS)について

シンガポール国立大学(NUS)のSolar Energy Research Institute of Singapore(SERIS)はシンガポールの応用太陽エネルギー研究のための国立研究所である。SERISは、シンガポール経済開発局(EDB)を通じシンガポールの国立研究財団(NRF)とNUSが共同出資している。SERISは、太陽エネルギー技術の研究、開発、テスト、コンサルティング、およびその電力システムや建物への統合を行っている。SERISのR&Dスペクトラムは、太陽光発電セル、モジュールおよびシステムに重点を置いて、素材、コンポーネント、プロセス、システムおよびサービスをカバーしている。SERISは世界的に活動しているが、特にシンガポールと東南アジアの熱帯地域向け技術とサービスに重点を置いている。SERISは、地域的にも世界的にも大学、研究機関、政府機関、業界と緊密に連携している。

SERISに関するより詳細な情報はhttp://www.seris.sg を参照。

▽シンガポールの南洋理工大学(NTU)について

研究集約型の公立大学であるシンガポールの南洋理工大学(NTU Singapore)は、エンジニアリング、ビジネス、科学、人文科学、芸術、社会科学のカレッジおよびその学際的な大学院に3万3500人の学部学生と大学院生を擁している。また、インペリアルカレッジ・ロンドンと共同で設立された医学部のLee Kong Chian School of Medicineもある。

NTUには、National Institute of Education、S Rajaratnam School of International Studies、Earth Observatory of Singapore、Singapore Centre for Environmental Life Sciences Engineeringなどの世界的に有名な独立機関やNanyang Environment & Water Research Institute (NEWRI)とEnergy Research Institute @ NTU (ERI@N)などの様々な大手研究センターがある。

世界で11位にランクされているNTUはアジア首位で、4年連続で世界首位の若い大学の地位を保った。大学のメインキャンパスは、世界でもトップ15の最も美しい大学キャンパスの中に頻繁にランクされており、57件のGreen Mark認定(LEED認定に相当)の建物があり、そのうち54件がGreen Mark Platinum認定を受けている。NTUはまた、シンガポールの医療区ノベナ地区にもキャンパスを構えている。

より詳細な情報はhttp://www.ntu.edu.sg を参照。

ソース:Envision

Envision Inks Strategic Sustainable Development Partnerships in Singapore

PR72157

SINGAPORE, Feb. 3, 2018 /PRNewswire=KYODO JBN/--

    Turns "Smart Nation" from project into product

    Envision, a global leading digital energy platform company, is partnering

with four Singapore organisations to develop an innovation ecosystem that will

enable the digital transition.

    (Photo: https://mma.prnewswire.com/media/637122/MOU_Signing_Ceremony.jpg )

    (Photo: https://mma.prnewswire.com/media/637123/Envision_and_Sunseap.jpg )

    (Photo:

https://mma.prnewswire.com/media/637124/Partnership_with_SERIS_and_NTU.jpg )

    The partnerships with Ascendas-Singbridge Group, Sunseap Group, the Solar

Energy Research Institute of Singapore (SERIS), and the Nanyang Technological

University, Singapore (NTU Singapore), precede the opening of Envision's Global

Digital Hub in Singapore. The Hub aims to foster innovation across smart city

applications, intelligent IoT R&D and talents, while pursuing commercial

excellence. The established relationships are testament to the strong support

that Envision will have in Singapore, and will enable Envision to leverage

Singapore's "Smart Nation" movement.

    "Envision is inspired by the Singapore Smart Nation commitment. We are

excited to turn 'Smart Nation' from project into product, through an

intelligent IoT platform and ecosystem. The collaboration with like-minded

partners is accelerating the journey," said Mr. Lei Zhang, CEO of Envision.

    The Memorandum of Understanding between Ascendas-Singbridge and Envision

will see teams from both parties collaborating to develop smart building

solutions with Envision's EnOS(TM) IoT Platform and ecosystem.

Ascendas-Singbridge will provide business knowledge and test-bedding facilities

for a pilot trial of the co-developed solutions at Galaxis, an

Ascendas-Singbridge development at one-north. Ascendas-Singbridge's coworking

space at Singapore Science Park, thebridge, is currently the home to Envision's

Global Digital Hub. Situating the Global Digital Hub in Singapore's prime

location also positions Envision to incubate locally and springboard globally,

especially into the APAC energy market.

    Mr Manohar Khiatani, Deputy Group CEO of Ascendas-Singbridge, said: "We are

delighted to embark on our partnership with Envision. As Asia's leading

sustainable urban development and business space solutions provider,

Ascendas-Singbridge strives to develop smart business parks by incorporating

transformational initiatives and sustainable building solutions for our tenants

and community."

    The collaboration between Envision and Sunseap Group will enable both

parties to jointly develop an IoT platform to optimize Sunseap's current and

future portfolio of solar PV projects, which includes projects of rooftop,

ground-mounted and floating variety in Singapore and Asia Pacific. The platform

will also incorporate demand side energy management technologies and explore

the feasibility of building innovative solar applications.

    Mr Frank Phuan, Sunseap Group's Co-Founder and Director, said: "We are

excited to partner with Envision to jointly develop innovative clean energy

solutions for our clients in a reliable and cost-effective manner. The

partnership will allow us to tap Envision's technologies to foster clean energy

innovations in the growth markets of Asia."

    EnOS(TM) platform will also be further improved with the support of SERIS,

with a focus on weather predictions, over different time horizons and smart

monitoring, operation and maintenance of large photovoltaic (PV) systems.

Beyond this, the agreement will enable both parties to cooperate in other

potential R&D activities. "SERIS aims to develop, test and commercialize

innovative technologies in Singapore and then market them elsewhere in Asia

Pacific and the world. Teaming up with the global intelligent IoT leader in the

energy space helps to further test the solutions developed by SERIS and to

disseminate them on a multi-national scale. We are excited about this

collaboration and the mutual benefits arising from having joint teams working

on some of the most advanced solutions for the solar energy sector," said Dr

Thomas Reindl, Deputy Chief Executive Officer of SERIS.

    Together with NTU's research strengths in developing industry-relevant

energy solutions, Envision will be able to explore the possibility of research

in building load forecasting, battery management system, and integrating the

EnOS¢â platform into NTU's EcoCampus plans.

    Professor Lam Khin Yong, NTU's Vice President (Research) said, "NTU is

pleased to collaborate with Envision to explore innovative and sustainable

energy solutions. By tapping on NTU's extensive expertise in digitalisation

opportunities across the energy value chain, I am confident that this

partnership will enhance the development of sustainability solutions that can

be implemented within Asia and beyond."

    About Envision

    Envision is a global leading smart energy management company. Envision owns

the world's largest Energy IoT platform, EnOS(TM) which manages 100GW of energy

assets. Envision is a global leading smart wind turbine company and is also the

second largest wind turbine manufacturer and the largest offshore wind power

solution provider in China. With major investment into leading energy tech

companies including Sonnen, ChargePoint, AutoGrid, and Bazefield etc, Envision

is also becoming an integrator of global Energy IoT & Smart City Ecosystem.

    Headquartered in Shanghai, Envision has regional offices across Asia,

Europe, North and South Americas and has established global R&D and engineering

centers in Denmark, Germany and the United States. Envision's mission is to

"solve the challenges for a sustainable future"; the company is committed to

developing advanced technologies to create a sustainable future where everyone

has access to clean, secure and affordable energy - thus a world of "beautiful

energy".

    For more information on Envision Energy, please visit:

http://www.envision-energy.com.

    About Ascendas-Singbridge Group

    Ascendas-Singbridge Group is Asia's leading sustainable urban development

and business space solutions provider with Assets Under Management exceeding

S$20 billion.

    Jointly owned by Temasek Holdings and JTC Corporation through a 51:49

partnership, the Group undertakes urbanisation projects spanning townships,

mixed-use developments and business/industrial parks. Headquartered in

Singapore, Ascendas-Singbridge has projects in 28 cities across 9 countries in

Asia, including Australia, China, India, Indonesia, Singapore and South Korea.

    Ascendas-Singbridge holds commercial, hospitality and industrial assets

across Asia Pacific. It has a substantial interest in and also manages three

Singapore-listed funds under its subsidiary Ascendas, namely Ascendas Reit (a

Straits Times Index component stock), Ascendas India Trust and Ascendas

Hospitality Trust. Besides these listed funds, it also manages a series of

private real estate funds.

    For more information on Ascendas-Singbridge Group, please visit:

http://www.ascendas-singbridge.com

    About Sunseap Group

    Sunseap Group is the leading solar energy system developer, owner and

operator in Singapore. It operates through three key units: Sunseap Leasing,

Sunseap International and Sunseap Energy. Sunseap Leasing is the first and

largest solar leasing company in Singapore. Sunseap International targets

markets in the South East Asian and Pacific regions. These include a 140

MegaWatt-peak (MWp) solar farm in India and a 10 MWp solar farm in Cambodia.

Sunseap Energy provides clean energy solutions utilising off-site arrangements

by drawing on solar systems within the Group's portfolio of distributed

generation assets. A notable client is Apple, which signed an agreement with

Sunseap to procure 100% of its local energy requirements from renewable sources.

    For more information on Sunseap Group, please visit: http://www.sunseap.com

    About the Solar Energy Research Institute of Singapore (SERIS)

    The Solar Energy Research Institute of Singapore (SERIS) at the National

University of Singapore (NUS) is Singapore's national institute for applied

solar energy research. SERIS is jointly sponsored by Singapore's National

Research Foundation (NRF) - via the Singapore Economic Development Board (EDB)

- and NUS. SERIS conducts research, development, testing and consulting on

solar energy technologies and their integration into power systems and

buildings. The institute's R&D spectrum covers materials, components,

processes, systems and services, with an emphasis on solar photovoltaic cells,

modules and systems. SERIS is globally active but focuses on technologies and

services for tropical regions, in particular for Singapore and South-East Asia.

SERIS collaborates closely with universities, research organisations,

government agencies and industry, both locally and globally.

    For more information on SERIS, please visit: http://www.seris.sg  

    About Nanyang Technological University, Singapore

    A research-intensive public university, Nanyang Technological University,

Singapore (NTU Singapore) has 33,500 undergraduate and postgraduate students in

the colleges of Engineering, Business, Science, Humanities, Arts, & Social

Sciences, and its Interdisciplinary Graduate School. It also has a medical

school, the Lee Kong Chian School of Medicine, set up jointly with Imperial

College London.

    NTU is also home to world-class autonomous institutes - the National

Institute of Education, S Rajaratnam School of International Studies, Earth

Observatory of Singapore, and Singapore Centre for Environmental Life Sciences

Engineering - and various leading research centres such as the Nanyang

Environment & Water Research Institute (NEWRI) and Energy Research Institute @

NTU (ERI@N).

    Ranked 11th in the world, NTU is top in Asia and has been placed the

world's top young university for the past four years. The University's main

campus is frequently listed among the Top 15 most beautiful university campuses

in the world and has 57 Green Mark-certified (equivalent to LEED-certified)

buildings, of which 54 are certified Green Mark Platinum. NTU also has a campus

in Novena, Singapore's medical district.

    For more information, visit: http://www.ntu.edu.sg

Source: Envision

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中