ICAO事務局長「航空産業は持続可能な発展を促進し推進する」

China Aviation Daily

2018/2/6 10:56

ICAO事務局長「航空産業は持続可能な発展を促進し推進する」

AsiaNet 72176 (0251)

【北京2018年2月5日PR Newswire=共同通信JBN】China Aviation Dailyは、世界経済の持続可能な発展における航空産業の重要性に関する記事を掲載した。これはAsia Pacific Ministerial Conference on Civil Aviation(アジア太平洋地域民間航空閣僚級会議)で国際民間航空機関(ICAO)の柳芳事務局長が表明した見解である。記事は以下の通り。

航空輸送は現在、世界の相互接続の促進と世界経済発展の推進でますます重要な役割を果たしている。一方で、航空輸送産業は安全性と持続可能な発展を含む数多くの課題にも直面している。国連の専門機関として、国際民間航空機関(ICAO)は国家間の民間航空協力の重要なプラットフォームとして機能し、ICAO加盟国の民間航空部門の広範な協力を円滑にするさまざまな措置を継続的に実施している。

「Sharing, Inclusion, Collaboration and Jointly Shaping the Future Aviation of Asia Pacific(共有、包容、協力、アジア太平洋の未来の航空を共に構築)」をテーマとする第1回アジア太平洋地域民間航空閣僚級会議が1月31日-2月1日に北京で開催された。

柳芳ICAO事務局長は、中国の民間航空部門は近年急速な成長を遂げ、同時に比較的高水準の安全性および運航効率を維持してきたと指摘した。民間航空産業はアジア太平洋地域の経済発展と航空安全に多大な貢献をしており、同地域での事故発生率も低下している。民間航空産業全体に大きな潜在的可能性と輝かしい未来がある。

しかしその一方で、アジア太平洋地域のICAO加盟国の中には航空安全に関する効率的な規制システムを確立していない国も複数ある。十分な安全監視および人的資源の不足から、今でもそれらの国の航空交通管理水準を向上させる必要がある。民間航空産業におけるデジタル技術の促進と普及により、インターネット・セキュリティーも航空安全と保安に対する脅威となっている。

柳事務局長は、アジア太平洋地域諸国は航空交通サービスの構造を強化し、航空交通管理の水準を向上させ、新たな路線構造を構築し、空港を含むインフラの開発を加速し、空港の設計と運営方式を変更し、将来の航空輸送へのトレンドの高まりに対応する必要性を指摘した。

柳事務局長は、ICAOは支援を中心としてアジア太平洋地域の国々との協力を強化することを明らかにした。柳氏は、第1回アジア太平洋地域民間航空閣僚級会議がアジア太平洋地域の技術協力と支援のための高水準のプラットフォームとして機能し、この地域の航空産業のより安全かつ持続可能な発展を促すものとなるよう希望している。

会議は、航空安全、航空ナビゲーションサービス、事故調査および人的資源の面でアジア太平洋地域の全加盟国に共通の懸念、共通の立場および共通のビジョンを反映する「北京宣言」を採択した。これはアジア太平洋地域の航空産業の発展促進に関するコンセンサスであるだけでなく、未来のアジア太平洋地域の民間航空の発展を促進するための多国間の政策ガイドラインにもなる。さらに宣言は、民間航空分野での国際協力を強化し、アジア太平洋地域の航空安全の水準を一層高め、同地域の民間航空の健全で持続可能かつ高品質の発展を促進し、人類共有の未来のコミュニティの構築において航空が重要な役割を果たすことを可能にするという点で極めて重要である。宣言の履行は、「一帯一路」沿線にあるアジア太平洋地域の国々の民間航空産業の発展も促進するだろう。

記事全文は次を参照:http://www.chinaaviationdaily.com/news/68/68627.html

ソース:China Aviation Daily


ICAO Secretary General: Aviation Industry is the Promoter and Driver of the Sustainable Development

PR72176

BEIJING, Feb. 5, 2018 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

China Aviation Daily published an article regarding the importance of aviation
industry in the sustainable development of global economy, a view expressed by
ICAO Secretary General Liu Fang at the Asia Pacific Ministerial Conference on
Civil Aviation. Below is the article:

Air transport now plays an increasingly important role in promoting the
interconnection of the world and driving the global economic development. In
the meantime, air transport industry also faces a number of challenges
including safety and sustainable development. As a specialized agency of the
United Nations, the International Civil Aviation Organization (ICAO) acts as an
important platform for the civil aviation cooperation among nations and
continuously implements various measures to facilitate the widespread
cooperation of the civil aviation sectors of ICAO member states.

The first Asia Pacific Ministerial Conference on Civil Aviation was held in
Beijing on Jan.31 - Feb.1, featuring the theme of "Sharing, Inclusion,
Collaboration and Jointly Shaping the Future Aviation of Asia Pacific".

Liu Fang, ICAO Secretary General, said that the civil aviation sector of China
had seen rapid growth in recent years while maintaining relatively high level
of safety and operational efficiency. The civil aviation industry contributes
greatly to the economic development of the Asia Pacific region, and the
aviation safety and accident rate of the region is also declining. The whole
civil aviation industry has much potential and a promising future.

In the meantime, however, some ICAO member states in the Asia Pacific region
have yet to establish an effective regulatory system for the aviation safety.
Due to the lack of sufficient safety oversight and human resources, their air
traffic management level still need to be enhanced. With the promotion and
popularity of digital technologies in the civil aviation industry, the internet
security also poses a threat to the aviation safety and security.

Liu pointed out that the APAC states should strengthen their building of air
traffic services, improve their air traffic management level, establish new
route structures, accelerate the development of infrastructure including
airports, change the design and operation mode of airports, and follow the
growing trend of future air transportation.

Liu indicated that ICAO will strengthen its cooperation with APAC states with
focus on assistance. She hoped that the first Asia Pacific Ministerial
Conference on Civil Aviation could act as a high-level platform for
technological cooperation and assistance for the Asia Pacific region and foster
a safer and more sustainable development of the aviation industry of the region.

The Conference adopted the Beijing Declaration, which reflects the common
concerns, common positions and common vision of all APAC member states in terms
of aviation safety, air navigation services, accident investigation and human
resources. It is not only a consensus on promoting the development of the
aviation industry in the Asia Pacific region, but will also be a multilateral
policy guideline for promoting the development of Asia Pacific civil aviation
in the future. In addition, it will be of great significance in strengthening
the cooperation among the states in the field of civil aviation, further
enhancing the level of aviation safety in the Asia Pacific region, promoting
the healthy, sustained and high-quality development of civil aviation in the
region, and letting aviation play its important role in the building of a
community with a shared future for mankind.The implementation of the
Declaration will also promote the development of the civil aviation industry of
states in the Asia Pacific region along the Belt and Road.

Full article available here:
http://www.chinaaviationdaily.com/news/68/68627.html

SOURCE  China Aviation Daily


本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中