ハイセンスがBrandZ中国世界トップ10ブランドにランクイン

ハイセンス(Hisense)

2018/2/7 15:32

ハイセンスがBrandZ中国世界トップ10ブランドにランクイン

AsiaNet 72204 (0260)

【北京2018年2月6日PR Newswire=共同通信JBN】WPPは6日、Googleの協力を得て「BrandZ Top 50 Chinese Global Brand Builders(BrandZ中国世界トップ50ブランド)」報告を発表した。報告は海外におけるブランド力に基づいて9部門、50の中国ブランドを格付けしており、グローバルブランド構築のための見識と助言を提供している。ハイセンス(Hisense)は9位にランクされ、「fastest growing electronics and home appliance brand(最速成長エレクトロニクス・家電ブランド)」のタイトルを手にした。報告は、国際市場の消費者にインパクトを与えている中国ブランドを精査し、中国企業が世界規模のブランド構築に成功する方法について、示唆に富んだ見識の数々を提供する。WPPがGoogleと協力して7カ国、39万5000人以上の消費者のデータをまとめた調査のBrand Ranking(ブランド格付け)を発表するのは2回目である。BrandZ(TM)は53カ国の12万ブランドを対象にする世界最大のブランド資産データベースで、世界で最も権威のあるブランド価値評価法である。

「BrandZ Top 10 Chinese Global Brand Builders(BrandZ中国世界トップ10ブランド)」に入ったことは、ハイセンスのブランド力とグローバル戦略の成果である。ハイセンスは現在まで、欧州、米州、アフリカ、中東、オーストラリア、東南アジアの海外企業18社を所有し、世界に自社サプライチェーンを確保する海外生産ベース3カ所、R&Dの12組織を展開している。China International Publishing Group(中国国際出版集団)が発表した「China National Image Global Survey(中国国家イメージ世界調査)」で、ハイセンスは2年連続で「Top Ten most familiar Chinese brands to overseas citizens(海外市民に最も知られた中国ブランド・トップ10)」にランクインした。成長の一部は、中国のエレクトロニクス・家電ビジネスが世界進出を図る急速なペースのおかげであり、また、ハイセンスのグローバル市場における自社ブランド認知度構築と持続性へのこだわりの結果である。

ハイセンスグループ(Hisense Group)は2017年、総売上高を10.7%、海外売上高を21.3%伸ばした。ハイセンス・インターナショナル(Hisense International)のブランド売上高は前年比で19.6%増加した。一方、税関統計によると、ハイセンスのエアコンとテレビの輸出高は28.3% 、34.4%それぞれ伸びた。国際需要に大きな変化がない中でハイセンスはなお急成長を続けているが、それはブランド効果の結果である。

「一帯一路」構想は3年以上経過した。ハイセンスの高級製品は海外発展で主要な役割を担っている。自社開発のULED技術、海外運用システム、優れた製品性能、傑出した現地サプライチェーンは、ハイセンスの効果的でタイムリーな市場フィードバックを保証している。2018 FIFA ワールドカップ(TM)が迫っている。ハイセンスは単なるグローバルブランドではなく、価値の高い革新的グローバルブランドの構築に向けて前進し、スポーツマーケティングにおける成長とグローバル戦略を推進する。ハイセンスはエレクトロニクス・家電ブランド業界の最前線に立ち、その新技術追求は企業の成長を促進し、急ペースの世界的ブランド認知を推進する。

ソース:Hisense

Hisense was identified in "BrandZ Top 10 Chinese Global Brand Builders"

PR72204

BEIJING, Feb. 6, 2018 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

BrandZ Top 50 Chinese Global Brand Builders report was released today by WPP,

in collaboration with Google. The report identifies and ranks 50 Chinese brands

across nine categories based on their strength outside of China, and provides

insights and recommendations for global brand building. Hisense ranked number

9th and won the "fastest growing electronics and home appliance brand" title.

The report takes an in-depth look at the Chinese brands that are making an

impact with consumers in international markets and provides a rich seam of

thought-provoking insights on how Chinese companies can successfully build

their brands on a global scale. This is the second time that WPP has

collaborated with Google to launch the Brand Ranking, a survey that combines

data from 7 countries and more than 395,000 consumers. BrandZ(TM) is the

world's largest brand equity database, covering 53 countries, 120,000 brands

and is the most authoritative brand valuation methodology worldwide.

Being one of "BrandZ Top 10 Chinese Global Brand Builders" is a result of

Hisense's brand power and its global strategy. Up to now, Hisense owns 18

overseas companies in Europe, America, Africa, the Middle East, Australia and

Southeast Asia. It has 3 overseas production bases to ensure its own supply

chain and has 12 R&D institutions worldwide. In the "China National Image

Global Survey" released by China International Publishing Group, Hisense was

one of the "Top Ten most familiar Chinese brands to overseas citizens" for two

consecutive years. The growth is in part due to the rapid pace at which China's

electronics and home appliance business are pursuing global expansion, also a

result of Hisense's stickiness to build its own brand awareness and persistence

in global market.

Hisense Group's total sales revenue increased 10.7% in 2017 and overseas

revenue increased 21.3%. The brand sales revenue of Hisense International

increased 19.6% compared to last year. In the meantime, based on the customs

statistics, Hisense's export sales of air conditioners and TVs increased by

28.3% and 34.4% separately. With the absence of significant changes in

international demand, Hisense still maintained a rapid growth, which is a

result of the brand effect.

The Belt and Road Initiative has been more than 3 years. Hisense's high-end

products have played a key role in the overseas development of Hisense. The

self-developed ULED technology, overseas operation system, excellent product

performance and outstanding local supply chain have guaranteed Hisense to give

effective and timely feedback to the market. 2018 FIFA World Cup(TM) is

approaching. Hisense will move forward to not only build global brand but to

build an innovative global brand with higher value, to drive the growth and

global strategy with sports marketing. Hisense is at the forefront of

electronics and home appliance industry, and its pursuit of new technology will

fuel business growth and power its global brand awareness at an incredible pace.

SOURCE: Hisense

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中