「大阪芸術大学グループ卒業制作選抜展」を開催!~あべのハルカス24階で2月23日からスタート

大阪芸術大学

2018/2/19 16:00

大阪芸術大学(大阪府南河内郡、学長:塚本邦彦)は、「平成29年度大阪芸術大学グループ卒業制作選抜展」を、2018年2月23日(金)から3月4日(日)まで、「大阪芸術大学スカイキャンパス」(あべのハルカス24階)にて開催します。

2018年2月19日

学校法人塚本学院

大阪芸術大学

~学生生活の集大成、芸大生の知られざるアートの優秀作品が一堂に集結~

「大阪芸術大学グループ卒業制作選抜展」を開催!

大阪芸術大学(大阪府南河内郡、学長:塚本邦彦)は、「平成29年度大阪芸術大学グループ卒業制作選抜展」を、2018年2月23日(金)から3月4日(日)まで、「大阪芸術大学スカイキャンパス」(あべのハルカス24階)にて開催します。

展示される作品は、学生生活の集大成であると同時に新たなスタートとなる意味が込められた今年度の卒業制作で、作品には学生生活で習得した知識とスキル、育んだ表現力が惜しみなく発揮されています。

今回、学長賞を受賞した美術学科の福田陸さんの油絵「眩暈(不確実は実体)」は、キャンバスに寒冷紗(荒く平織に織り込んだ布)を貼って表面に独特の質感を出し、その上から木炭などを使って描かれており、サイズは絵画作品の中ではやや小ぶりでありながら、強い存在感を放っています。また、工芸学科の石原茉由子さんの手捻りで表現された陶芸作品「群狼」は見た瞬間驚く作品で、展示スペースの床から飛び出す狼の群れが表現されており、まるでその場が水面のように錯覚します。

これらの作品をはじめ、大阪芸術大学グループ各校の卒業制作展において展示された中から大阪芸術大学(26作品)、短期大学部(9作品)、大阪美術専門学校(6作品)の合計41作品が集結します。

ジャンルも美術やグラフィックデザインをはじめ、建築、写真、漫画、さらには音楽、短歌集などと幅広く、芸大生たちの熱い思いが詰まった作品たちを肌で感じてみてください。

 

<イベント概要>

■名称:平成29年度大阪芸術大学グループ卒業制作選抜展

■主催:大阪芸術大学グループ

■会期:2018年2月23日(金)~3月4日(日)※2月26日(月)は休館日です

■時間:11:00~19:00(最終入場18:30)

■会場:大阪芸術大学スカイキャンパス(あべのハルカス24階)

     大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43

■入場料:無料

■HP:www.osaka-geidai.ac.jp/geidai/sotsuten/

<オープニングイベント>

初日となる2月23日(金)11時より、大阪芸術大学スカイキャンパスにてオープニングイベントを開催します。大阪芸術大学グループ各校の出展者が多数出席しますので、作品について深く知りたいという方にはまたとない機会となっております。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

今回展示の優秀作品の一部①

今回展示の優秀作品の一部②

今回展示の優秀作品の一部③

今回展示の優秀作品の一部④

今回展示の優秀作品の一部⑤

今回展示の優秀作品の一部⑥

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中