新発見!昼間に摂取したGABAがその日の睡眠の質を改善 

2018年3月19日

GABAストレス研究センター

消費者庁届出数が、昨年比170%という注目の成分GABA!!

新発見!昼間に摂取したGABAがその日の睡眠の質を改善 

~就寝前に限らず、日中摂取しても夜まで効果を発揮~

(新実験結果報告)

GABAストレス研究センターは、日常的なストレスを軽減し、脳を落ち着いた状態にする効果があるGABA(γ-アミノ酪酸)の人体に対する効果の検証の一貫として、日中に摂取したGABAが同日夜の睡眠にどう影響を与えるか新たな実験を行いました。その結果、就寝前に限らず、昼間に一度ストレスをリセットすることで通常より早く、深い眠りが得られることが判明。これにより、新しい商品への使用などが加速されることが期待されます。

最新実験結果のまとめ

昼間にGABAを摂取するとで、夜の睡眠においても下記の結果が得られました。

 ●いつもより7.5分早く眠りにつけた。           ●いつもより深く、ぐっすり眠れた。

 ●いつもより熟睡度が高まった。              ●いつもよりすっきり目覚められた。

 (※詳細はPDFリリースに実験結果と共に記載しております)

お昼にGABAを摂取することで、夜の寝つきが改善

【実験:眠りに入るまでの時間を比較】

被験者の睡眠に入るまでの時間を図ったところ、GABAを摂取した状態では、 GABAを摂取していない状態より5.19分早く睡眠に入ることができた。

⇒GABAがスムーズな寝つきを促すことがわかった。

実験1

お昼にGABAを摂取することで、夜も深い眠りに!!

【実験:眠りの深さを比較】

被験者の睡眠の深さを脳波で測定したところ、GABAを摂取した状態では、 GABAを摂取していない状態より25%多く、最も深い眠りの出現を確認することができた。

⇒GABAが深い眠りを促すことがわかった。

実験2

【実験:熟睡度を比較】

睡眠中の、δ(デルタ)波の量を測定したところ、GABAを摂取していない状態では-251.26μV2/分、GABAを摂取した状態では+720.54μV2/分と、熟睡しているときに出る脳波であるδ波量の違いを確認することができ、GABAが熟睡度を高めることがわかった。

⇒GABAが深い眠りを促すことがわかった。

実験3

5倍以上の人が「いつもより睡眠の満足感が得られた」と回答!

(体感アンケート)

「いつもより睡眠の満足感が得られた」と回答したのはGABAを摂取した状態で+23.69ポイント、GABAを摂取していない状態で+4.69ポイントと有意差があった。また「目覚めのスッキリ感が得られた」のもGABA摂取が+10.75ポイント、GABA非摂取が+5.56ポイントと、GABAによる改善効果が示された。

実験4

実験概要

①昼間にGABAを摂取した1週間、②昼間に偽薬(プラセボ)を摂取した1週間、男女8名に2週間の実験を行いました。

通常の環境下で、それぞれ脳波計測やアンケートを行い、摂取前の値を「0」として、GABA摂取とプラセボの結果を比較。

就寝時間や起床時間などは特に定めず、各自昼間に摂取する以外は通常通りの生活を送ってもらっていました。

■測定項目:①寝ているときの脳波(睡眠状態) ②VASアンケート(体感) ③OSAアンケート※(体感)

■調査対象:男性5名、女性3名、平均年齢35.8歳

        ※事前のアンケートで5点以上の睡眠に不満をもつ人から選出

■測定方法:GABAを1週間摂取した結果と、摂取前の結果を同一人物で比較。

          GABAは15時に100mg摂取。①は就寝中、③は起床時、②は15時に実施。

■調査日程:2017年12月

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

実験1

実験2

実験3

実験4

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中