最新のSupermicro RSD 2.1でプール・オールフラッシュNVMeコンポーザブル・ストレージを発表

Super Micro Computer, Inc.(スーパーマイクロ・コンピュータ)

2018/4/11 10:55

最新のSupermicro RSD 2.1でプール・オールフラッシュNVMeコンポーザブル・ストレージを発表

AsiaNet 72982 (0612)

【サンノゼ(米カリフォルニア州)2018年4月10日PR Newswire=共同通信JBN】

*高度なペタ規模のNVMeプールストレージは最大12のホストによって共有され、柔軟な高性能クラウド・インフラストラクチャー向けのOpenStackからダイナミックに管理される

エンタープライズコンピューティング、ストレージ、ネットワーキングソリューション、グリーンコンピューティング・テクノロジーのグローバルリーダーであるSuper Micro Computer, Inc.(スーパーマイクロ・コンピュータ、NASDAQ: SMCI)は10日、高スループットingest、HPC、データ分析、ビデオストリーミング、CDN、ソフトウエア定義ストレージ(SDS)環境などのアプリケーション向けのプール・オールフラッシュNVMeコンポーザブル・ストレージをサポートするSupermicro Rack Scale Design(RSD)2.1のリリースを発表した。

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/663839/Super_Micro_Computer_Peta_scale_NVMe.jpg

Supermicro RSDは、クラウド・サービスプロバイダー、テレコム、フォーチュン500企業がアジャイルで優れた効率の独自のソフトウエア定義データセンターを構築したり、既存のデータセンターを拡張したりすることを支援する。Supermicro RSDはインテル(R)ラック・スケール・デザイン(インテル(R)RSD)をベースにしており、オープン標準で構築され業界向けのデータセンター・アーキテクチャーである。インテルRSDは、大規模データセンターが新しいデータセントリック・アプリケーションをサポートすることに役立つ。このアプリケーションは、大容量の超高速ストレージを共有するために必要であり、スピード、アジリティー、オートメーションを向上させる。データセンターが爆発的に増加する環境の中で、インテルRSDはより大きな柔軟性とスケーラビリティー、より高いセキュリティー、より優れたコントロールをインフラストラクチャー設計に提供し、資本投資(capex)と業務費(opex)の大幅節約を実現する。

Supermicro RSDは、異なるベンダーや複数のサーバー世代に一貫性がある業界標準のRedfish Restful APIを搭載する分散型サーバー、ストレージ、ネットワーキングのラックを管理する。Supermicro RSD 2.1は高性能、高密度、分散型のNVMeストレージをサポートし、データセンターの効率を大幅に向上させ、利用範囲を拡大し、コストを低減する。インテルRSDバージョン2.1仕様に基づくこのテクノロジーが登場したことは、パラダイムシフトの始まりとなり、データセンターの効率を大幅に向上させ、稼働率を拡大し、コストを軽減する大規模データセンターにおける真の分散型リソース・プールの展開を可能にする。

Supermicroのチャールズ・リアン社長兼最高経営責任者(CEO)は「1Uのラックスペースを占拠するだけのオールフラッシュNVMeストレージシステムは、12のホストが同時共有できるSupermicro RSD 2.1を搭載した2分の1ペタバイトの高性能ストレージ向けの32基ホットスワップ2.5インチNVMe SSDをサポートする。ダイナミックなコンポーザブル・サーバーノード、効率的なストレージ利用、個別にアップグレード可能なコンピュート・リソースを備え、高度なNVMeプールストレージを搭載する当社のRSD 2.1ソリューションは、効率的で柔軟なハイパースケール・データセンターに最適である。ちなみに、われわれは大手自動車会社向けにHadoopワークロードを駆動する32ドライブ・システムをすでに展開している」と語った。

Supermicro RSD 2.1は最適互換性のために、インテル(R)Xeon(R)スケーラブル・プロセッサーに加え、インテル(R)Xeon(R)プロセッサーE5-2600 v4ファミリーをサポートするSupermicro X10-gnerationサーバーおよびストレージシステムをサポートするすべてのX11-generationサーバーおよびストレージシステムで動作する。この世代間にわたるハードウエア互換性は、Supermicroの顧客の投資保護に加え、新規データセンター構築ないしは既存のものの拡張のいずれかを選ぶ柔軟性を提供する。さらに、Supermicro RSD 2.1は、エンドツーエンド・クラウド・インフラストラクチャー展開を可能にするRestful Pod Manager APIを使用したOpenStackなどその他のデータセンター管理ソフトウエア・レイヤーと強固に統合されている。

データセンター・リソースをスケールアップする従来の一般的な方法には、コンピューティング、ネットワーキング、ストレージを固定された比率でサーバーノードを追加することが含まれる。リソースの異なるライフサイクルのため、全体のサーバーノード・セットを全面的にアップグレードすると、往々にして貴重な投資の時期尚早な引退とリソースの不十分さが生じる。このため、NVMe-oF(NVMe over Fabric)のようなSupermicroの省資源の分散型NVMeストレージソリューションは、より効率に優れ柔軟なハイパースケール・データセンターの構築を望む顧客にとって大変貴重である。

このSupermicro RSD 2.1省資源の詳細な情報はビデオ(https://www.youtube.com/watch?v=84AL3V4HuJ4 )を参照。Supermicro RSDの詳細はウェブサイトhttp://www.supermicro.com/solutions/SRSD.cfm でも参照できる。

Supermicro RSD 2.1のその他の主要な機能は以下の通り。

*データセンター管理者にRSD管理下にあるすべての物理的アセットの一覧を提供するインタラクティブなダッシュボード

*Supermicro Pod Manager UIの物理的なラックおよびシャーシのインタラクティブおよびトポロジー的な一覧。管理者はラックの中のシャーシを選択し、ラックおよび関連機能の物理的なポジションであるBMC IPアドレスなどコンポーネント・レベルの詳細まで掘り下げることができる。

*システム一覧、利用、CPU、メモリー、コンポーネントノードに関する分析およびテレメトリー。履歴データによって、ユーザーはシステムがどのように利用されているかを理解するだけでなく、今後起こり得るシステム挙動を予測することを可能になる。

顧客は現在Supermicro RSD Solution Centersで、Supermicro RSD 2.1システムの柔軟性、性能、効率、マネジャビリティーを評価することができる。それぞれのセンターは現地訪問、リモートアクセスの両方をサポートしており、顧客はRSDグラフィカルユーザーインターフェース(GUI)ないしはコマンドライン・インターフェース(CLI)を使って特定のワークロード向けのハードウエア・リソースをダイナミックに設定することができる。

Supermicro RSD Solution Centersを体験し、自らのワークロードで検証作業を開始したければ、電子メールtotal_solutions@supermicro.com でSupermicroにコンタクトしていただきたい。

Supermicroの最新ニュースおよび発表を受け取るには、Facebook(https://www.facebook.com/Supermicro )、Twitter(https://twitter.com/Supermicro_SMCI )でフォローを。

▽Super Micro Computer Inc.(NASDAQ: SMCI)について

Supermicro(R)(NASDAQ: SMCI)は高性能・高効率のサーバーテクノロジーをリードするイノベーターであり、世界中のデータセンター、クラウドコンピューティング、エンタープライズIT、Hadoop/ビッグデータ、HPC、組み込み型システム向けの高性能Server Building Block Solutions(R)の第一級プロバイダーである。Supermicroは「We Keep IT Green(R)」(われわれはITをグリーンに保つ)イニシアチブを通じて環境保護に尽力しており、市場で入手可能な中でエネルギー効率が最も高く、環境に優しいソリューションを顧客に提供している。

Supermicro、SuperServer、Server Building Block Solutions、SuperBlade、We Keep IT Greenは、Super Micro Computer, Inc.の商標ないし登録商標またはその両方である。

その他のブランド、名前、商標はそれぞれの所有者の財産である。

ソース:Super Micro Computer, Inc.

▽問い合わせ先

Michael Kalodrich

Super Micro Computer, Inc.,

michaelkalodrich@supermicro.com

Introducing Pooled All-Flash NVMe Composable Storage with New Supermicro RSD 2.1

PR72982

SAN JOSE, Calif., Apr. 10, 2018 /PRNewswire=KYODO JBN/ -

-- Advanced Peta-scale NVMe pooled storage shared by up to 12 hosts and

dynamically managed from OpenStack for flexible high-performance cloud

infrastructure

Super Micro Computer, Inc. (NASDAQ: SMCI), a global leader in enterprise

computing, storage, networking solutions and green computing technology, today

announced the release of Supermicro Rack Scale Design (RSD) 2.1 with pooled

all-flash NVMe composable storage support for applications like high throughput

ingest, HPC, data analytics, video streaming, CDN, and software-defined storage

(SDS) environments.

Photo -

https://mma.prnewswire.com/media/663839/Super_Micro_Computer_Peta_scale_NVMe.jpg

Supermicro RSD empowers cloud service providers, telecoms and Fortune 500

companies to build their own agile, efficient software-defined datacenters or

expand existing ones. Supermicro RSD is based on Intel(R) Rack Scale Design

(Intel(R) RSD), which is an industry-aligned datacenter architecture built on

open standards. Intel RSD helps large datacenters support new data-centric

applications that require large amounts of very fast storage to be shared while

enabling increased speed, agility and automation. In an environment of

explosive datacenter growth, Intel RSD provides an infrastructure blueprint

with more flexibility and scalability, higher security and better control,

while delivering substantial savings in capex and opex.

Supermicro RSD manages racks of disaggregated servers, storage, and networking

with industry standard Redfish Restful APIs that remain consistent across

different vendors and multiple server generations. Supermicro RSD 2.1, supports

high performance, high density, and disaggregated NVMe storage for dramatically

improved datacenter efficiency, increased utilization and lower costs. Based on

Intel RSD version 2.1 spec, the arrival of this technology marks the beginning

of a paradigm shift to deploy truly disaggregated resource pools in large-scale

data centers that dramatically improve datacenter efficiency, increase

utilization and reduce costs.

"Occupying just 1U of rack space, our all-flash NVMe storage systems support 32

hot-swap 2.5" NVMe SSDs for a half petabyte of high-performance storage with

Supermicro RSD 2.1 that can be shared by 12 hosts simultaneously," said Charles

Liang, president and CEO of Supermicro. "With dynamically composable server

nodes, efficient storage utilization, and independently upgradeable compute

resources, our RSD 2.1 solutions with advanced NVMe pooled storage are perfect

for efficient and flexible hyperscale datacenters. In fact, we have already

deployed these 32-drive systems running Hadoop workloads for a major automobile

company."

For optimal compatibility, Supermicro RSD 2.1 runs on all X11-generation server

and storage systems supporting Intel(R) Xeon(R) Scalable processors as well as

Supermicro X10-generation server and storage systems supporting the Intel(R)

Xeon(R) processor E5-2600 v4 family. This cross-generational hardware

compatibility offers Supermicro customers investment protection and the

flexibility to either build new or expand their existing datacenters. In

addition, Supermicro RSD 2.1 is tightly integrated with other datacenter

management software layers such as OpenStack using the Restful Pod Manager APIs

that enable end-to-end cloud infrastructure deployment.

The traditional way of scaling up datacenter resources often involves adding

server nodes with fixed computing, networking, and storage ratios. Due to the

different life cycles of these resources, a wholesale upgrade of the entire set

of server nodes will often lead to premature retirement of valuable investments

and resource underutilization. That is why Supermicro's resource-saving,

disaggregated NVMe storage solutions like NVMe-oF (NVMe over Fabric) are so

important to customers who want to build more efficient and flexible

hyper-scale datacenters.

For more information, please check out this Supermicro RSD 2.1 resource saving

video: https://www.youtube.com/watch?v=84AL3V4HuJ4.  Supermicro RSD details are

also available at http://www.supermicro.com/solutions/SRSD.cfm.

Other key features in Supermicro RSD 2.1 include:

    - An interactive dashboard that provides the datacenter administrators an

      overview of all physical assets under RSD management

    - An interactive, topological view of the physical rack and chassis in the

      Supermicro Pod Manager UI. Administrators can further select chassis in

      the rack to drill down on details at the component level such as BMC IP

      address, physical position in the rack and related capabilities.

    - Analytics and telemetry about system overview, utilization, CPU, memory

      and composed nodes. The historical data will not only help users

      understand how their systems were used but also predict possible future

      system behaviors.

Customers can evaluate the flexibility, performance, efficiency and

manageability of Supermicro's RSD 2.1 systems today in the Supermicro RSD

Solution Centers. Each center supports both on-site visits and remote access,

allowing customers to dynamically configure hardware resources for specific

workloads using the RSD graphical user interface (GUI) or command-line

interface (CLI).

To experience the Supermicro RSD Solution Centers and start experimenting with

your own workloads, contact Supermicro today at: total_solutions@supermicro.com.

Follow Supermicro on Facebook (https://www.facebook.com/Supermicro ) and

Twitter (http://twitter.com/Supermicro_SMCI ) to receive their latest news and

announcements.

About Super Micro Computer, Inc. (NASDAQ: SMCI)

Supermicro(R) (NASDAQ: SMCI), the leading innovator in high-performance,

high-efficiency server technology is a premier provider of advanced Server

Building Block Solutions(R) for Data Center, Cloud Computing, Enterprise IT,

Hadoop/Big Data, HPC and Embedded Systems worldwide. Supermicro is committed to

protecting the environment through its "We Keep IT Green(R)" initiative and

provides customers with the most energy-efficient, environmentally-friendly

solutions available on the market.

Supermicro, SuperServer, Server Building Block Solutions, and We Keep IT Green

are trademarks and/or registered trademarks of Super Micro Computer, Inc.

All other brands, names and trademarks are the property of their respective

owners.

SMCI-F

SOURCE: Super Micro Computer, Inc.

CONTACT: Michael Kalodrich,

         Super Micro Computer, Inc.,

         michaelkalodrich@supermicro.com  

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中