アルティメイカーが世界的材料会社と提携

アルティメイカー(Ultimaker)

2018/4/24 16:04

アルティメイカーが世界的材料会社と提携

AsiaNet 73180

フォートワース(米国テキサス州)、2018年4月24日/PRニュースワイヤー/ --

連携により、アルティメイカー3Dプリンター用エンジニアリング材料の需要増大に対処

デスクトップ型3D印刷で世界をリードするアルティメイカー(Ultimaker:http://www.ultimaker.com/ )は本日、ラピッド+TCT(Rapid + TCT:http://rapid3devent.com/ )において、アルティメイカー3Dプリンターに適合する産業用グレードのエンジニアリング材料の需要増大に対処するため、世界的な材料会社と協力関係を結んだことを発表しました。アルティメイカーは、同社の機械で高レベルの産業用樹脂および複合材料の使用を可能にする共同プログラムの一環として、DSM、BASF、デュポン・トランスポーテーション&アドバンスト・ポリマーズ(Dupont Transportation & Advanced Polymers)、オーウェンス・コーニング(Owens Corning)、三菱、ヘンケル(Henkel)、クラレ、ソルベイ(Solvay)、 クラリアント(Clariant)と提携しました。

アルティメイカーは、大規模な研究開発に基づくソフトウェアと、アルティメイカー3Dプリンターで顧客が安心して材料を使用できるよう、提携各社が材料プロファイルを作成・維持するための知識を提供します。材料プロファイルを使えば、ユーザーは世界中で2百万を優に超える人々が使用する世界有数の3D印刷ソフト、アルティメイカー・キュラ(Ultimaker Cura)で既に設定されているセッティングを使って自動的に印刷することができます。提携は将来の連携の確固たる基盤の役割を果たし、ユーザーの要望に基づく、より進んだアプリケーションへの扉を開きます。

アルティメイカーCEOのジョス・バーガーは、次のように述べました。「高品質の3D印刷はハードウェア、ソフトウェア、材料が最適に調整された結果です。これら世界的な材料会社との戦略的提携は、アルティメイカーのプリンターで最新鋭の産業用樹脂使用への道を切り開き、各社とアルティメイカーの顧客は既存のワークフローの中に3D印刷を確実に埋め込むことができます。この提携により、より多くの3D印刷ユーザーが様々なセグメントや産業のあらゆる状況に適した高機能材料にアクセスできるようになります」

IDC(https://www.idc.com/getdoc.jsp?containerId=prUS43487718 )によると、2018年には世界が3D印刷技術にかける費用が120億ドル近くに達することが予想されます。企業内で3D印刷がより多く使われるようになると、全製品開発サイクルを通して使用できる材料の必要性が増します。大手自動車メーカーは部品の大部分を作るのに特定の樹脂を使うことがあり、最終結果をより想定しやすくしたり、最終用途部品を即座に印刷したりするために、同じ材料を使った3D印刷の原型に価値を見出すかもしれません。

オーウェンス・コーニングのフロントエンド・イノベーション(Front End Innovation)責任者、クリス・スキナー博士は、次のように述べました。「アルティメイカー3Dプリンターの性能と信頼性は、当社にとってXSTRAND(TM)複合フィラメント開発の鍵でした。アルティメイカーシステムが提供する信頼のおけるプラットフォームにより、我が社のチームはこの成長市場に向けた高性能の工学的ソリューションを効率的に開発することができました。当社は自社および顧客の革新を可能にするため、日々これらのシステムを使用しています」

デカトロン(Decathlon)の積層造形(Additive Manufacturing)リーダー、ジュリアン・ギーエンは、次のように述べました。「当社は良質でハイテクな製品をベストプライスで提供し、スポーツをできる限り多くの人にとって手の届くものにしたいと考えています。アルティメイカーS5(Ultimaker S5)の体積が大きくなったので、靴やヘルメットほか、より多くの製品タイプの原型を3D印刷できるようになりました。オープンフィラメント・システムにより、これらのものを好きな材料で印刷することができます。試行錯誤して、改善することができるのです。原型を作る方法、制作の方法を変えることができます。こうして革新のスピードを上げ、早い段階で新しいコンセプトを評価できるので、時間とコストの節約になります。アルティメイカーS5は、アルティメイカー・キュラのソフトと組み合わせて当社の開発ルートにシームレスで組み込まれ、有用性が改善したことでデカトロン積層造形ラボ(Add Lab)のチームは、必要な顧客に必要な時にふさわしい製品を提供する力を持つようになります」

アルティメイカーについて

アルティメイカーは2011年の創業以来、市場のリーダーとなるまでに成長しました。オランダ、ニューヨーク、ボストンに事務所を、またヨーロッパと米国に製造施設を置き、パワフルかつプロフェッショナル向けで手の届きやすいデスクトップ型3Dプリンターを製造しています。従業員300人を超えるアルティメイカーのチームは、ローカルのデジタル製造に向けた世界の変革を加速させるため、常に最高品質の3Dプリンター、ソフト、材料を市場に送り出すことに努めています。

www.ultimaker.com

ソース: アルティメイカー(Ultimaker)

(日本語リリース:クライアント提供)

Ultimaker Partners With Global Material Companies

PR73180

FORT WORTH, Texas, Apr. 24, 2018 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

     Collaboration Aims to Meet Growing Demand for Engineering Materials

                         for Ultimaker 3D Printers

    Ultimaker [http://www.ultimaker.com ], the global leader in desktop 3D

printing, today at Rapid + TCT [http://rapid3devent.com ] announced

collaborative alliances with global material companies to meet the growing

demand for industrial-grade engineering materials that are compatible with

Ultimaker 3D printers. Ultimaker has partnered with DSM, BASF, Dupont

Transportation & Advanced Polymers, Owens Corning, Mitsubishi, Henkel, Kuraray,

Solvay and Clariant as part of an alliance program to enable high level

engineering plastics and composites on Ultimaker machines.

    Ultimaker will provide software based on extensive research and

development, and material knowledge to allow the collaborating companies to

generate and maintain material profiles so that customers can reliably use the

materials on Ultimaker 3D printers. With the material profiles, users will be

able to print automatically, using preconfigured settings available in

Ultimaker Cura, the world's leading 3D printing software with well over two

million users worldwide. The alliances will serve as a strong foundation for

future collaborations, opening up doors for more advanced applications based on

user demand.

    "High quality 3D prints are the result of an optimized alignment of

hardware, software and materials. The strategic alliances formed with these

global material companies opens up the use of the most sophisticated

engineering plastics on Ultimaker printers, allowing the customers of the

companies and Ultimaker to fully embed 3D printing in their existing

workflows," said Jos Burger, CEO of Ultimaker. "With these alliances, more 3D

printing users are getting access to sophisticated materials for all kinds of

use cases in different segments and industries."

    According to IDC [https://www.idc.com/getdoc.jsp?containerId=prUS43487718

], the global spending on 3D printing technologies is expected to reach nearly

$12 billion in 2018. As 3D printers become more popular in the enterprise,

there is increased need for materials that can be used throughout the entire

product development cycle. A large car manufacturer might use a specific

plastic to create the majority of its parts and find value in 3D printing

prototypes in the same material to have a better idea of the end result--or to

print an end-use part immediately.

    "The performance and reliability of Ultimaker 3D printers was key for us in

the development of the XSTRAND(TM) composite filament," said Dr. Chris Skinner,

Director of Front End Innovation at Owens Corning. "The reliable platform that

the Ultimaker system provides enabled our team to efficiently develop high

performance engineered solutions for this growing market. We use these systems

day in and day out to enable both our and our customers' innovation."

    Julien Guillen, Leader Additive Manufacturing at Decathlon: "We want to

make sport accessible to as many people as possible by delivering quality,

high-tech products for the best price. The larger build volume of the Ultimaker

S5 now enables us to 3D print prototypes for even more product types such as

footwear and helmets and many others. Due to the open filament system we can

print these objects with the materials we prefer - we can test, fail, and

improve. We can change the way we prototype, the way we create. This allows us

to speed up innovation and evaluate new concepts in an earlier stage, which

reduces time and costs. The Ultimaker S5, combined with Ultimaker Cura

software, seamlessly fits in our development chain and the improved usability

gives the Decathlon Add Lab's team the power to deliver the right products for

our customers, at the right time."

    About Ultimaker

    Ultimaker has been in operation since 2011, and over the years has grown to

become a market-leader; creating powerful, professional and accessible desktop

3D printers with offices in the Netherlands, New York, and Boston, plus

production facilities in Europe and the US. Ultimaker's team of over 300

employees continually strives to offer the highest-quality 3D printers,

software, and materials on the market to accelerate the world's transition to

local digital manufacturing.

  [http://www.ultimaker.com ]

SOURCE: Ultimaker  

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中