LONGi Solarのハーフカット単結晶PERCモジュールが360Wを超え、世界新記録を樹立

LONGi Solar(ロンジ・ソーラー)

2018/4/27 17:45

LONGi Solarのハーフカット単結晶PERCモジュールが360Wを超え、世界新記録を樹立

AsiaNet 73234

【西安(中国)2018年4月25日PR Newswire】 LONGi Solar(ロンジ・ソーラー)は24日、同社の120セル・ハーフカット単結晶PERCモジュールが、テュフズード(TUV-SUD)の認証において、360W(ワット)を超えたと発表した。これは、120セル・ハーフカット単結晶PERCモジュールの最大出力の世界新記録であり、LONGiとしては60セル単結晶PERCモジュールによる出力と変換効率の世界記録に次ぐものである。

LONGiのPERC技術への並外れた注力は、LCOE(Levelized Cost of Electricity、均等化発電原価)を大幅に引き下げ、それによって太陽光発電(PV)のグリッドパリティを前進させ、技術的な水準を引き上げている。PERCは、特に中国の「トップランナー」プロジェクトにおいて、中心的な技術ポイントとして浮上してきた。専門家は、PERCが2020年までに、年間生産能力65GW、出荷の約40%を占めると予測している。

LONGi Solar副社長のジュン・リー博士は「LONGi Solarの120セル・ハーフカット単結晶PERCモジュールは、当社の代表的なPERC技術を応用している。平均的なセル効率は22%に達し、初年度の劣化は2%以下、年間0.55%未満で安定化する。PERCは低照度条件下での発電性能の向上が実証されており、また、 ハーフカットセルにしたことでホットスポットへの耐性も良くなっている」と説明した。

LONGiは、同社の太陽電池生産ラインの改良を加速しており、年内にPERCへの移行を完了する見込みである。同時に、戦略的な協力関係を通じて、8GWのPERCセルの供給能力は、高効率製品に対するマーケット需要に完全に応えられるであろう。同社は段階的に世界記録を達成した単結晶製品の量産態勢に入っていく。

LONGiは、ワールドクラスの技術志向PVメーカーであることの誇りを持ち、そして、単結晶産業チェーン全体にわたる強力なR&D投資を通して、イノベーションをコミットしている。R&D支出は過去5年に23億8000万人民元(約380億円)、2017年単年では11億800万人民元(約177億円)となる。太陽光発電のR&Dにおいて世界最高の投資をするメーカーとしてLONGiは業界で認識され、そして注目されている。

LONGi Solarの李文学社長は「LONGiは高出力と高効率との間の良好なバランスを達成し、その両方に注力し、先導している。高効率かつ高品質な製品の推進者そして先駆者として、当社のPERCモジュールは、顧客に高い価値と投資収益率(ROI)をもたらし、よりクリーンな電力を生み出し、そして、グリッドパリティと世界的なクリーンエネルギーの持続可能な開発を効率的に前進させている。」と語った。


(日本語リリース:クライアント提供)



LONGi Solar Half-Cut Monocrystalline PERC module breaks 360W, Sets A New World Record

PR73234

XI'AN, China, April 24, 2018 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

LONGi Solar announced that its 120-cell half-cut monocrystalline PERC module
has exceeded 360W, as certified by TUV-SUD. This achieves a new world record
for the highest power 120-cell half-cut monocrystalline PERC module, adding to
LONGi's world record for 60-cell monocrystalline PERC module for power and
conversion efficiency.

LONGi's singular focus on PERC technology significantly reduces the LCOE,
thereby advancing grid parity and raising the technological bar in PV. PERC has
emerged as a focus technology point, especially in China's "Top Runner"
projects. Experts predict that by 2020, PERC will account for 65GW of capacity
and about 40% of shipments.

Dr. Jun Lv, Vice President of LONGi Solar, explained, "LONGi Solar's 120-cell
half-cut monocrystalline PERC module applies our leading PERC technology.
Average cell efficiency reached 22%; degradation in the first year is less than
2%, and stabilizing at less than 0.55% per year. PERC has been proven to
increase power generation performance in low-light conditions and has excellent
resistance to hot spots."

LONGi is accelerating the upgrade of its solar cell production line and expects
to complete the move to PERC this year. Concurrently, through strategic
cooperation, 8GW of PERC cell supply capacity will be available to fully meet
market demand for high-efficiency products. The company will gradually phase
into mass production its world record monocrystalline products.

LONGi is proud to be a world-class technology-oriented PV manufacturer and is
committed to innovations through strong R&D investments across its entire
monocrystalline industry chain. R&D spending reached RMB 2.38 billion (USD 380
million) the past 5 years, including RMB 1.108 billion (USD 175.9 million) in
2017 alone. The industry has taken notice and recognized LONGi as a
manufacturer with the world's highest investment in photovoltaic R&D.

Li Wenxue, President of LONGi Solar added, "LONGi has achieved a good balance
between high power and high efficiency, focusing and taking the leads in both
areas. As a driver and pioneer for high-efficiency and high-quality products,
our PERC modules bring customers higher value and return on investment,
generate more clean electricity and effectively advance grid parity and the
sustainable development of clean energy worldwide."

SOURCE  LONGi Solar


本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中