グループエムの「State of Digital」リポート、2018年にオンラインメディアの視聴時間が従来型TVを上回る

グループエム(GroupM)

2018/5/7 10:44

グループエムの「State of Digital」リポート、2018年にオンラインメディアの視聴時間が従来型TVを上回る

AsiaNet 73338(0777)

【ニューヨーク、ロンドン2018年5月3日PR Newswire=共同通信JBN】

*eコマースは2018年に15%増加し、小売業の10%を占める

WPP系列メディア投資グループのグループエム(GroupM)(http://www.groupm.com/ )は、世界のコンシューマーメディア消費と広告投資動向についての情報を提供する新リポート「State of Digital」を発表した。世界中のメディアマーケットプレースの将来を見通すグループエムの一連の刊行物の中で、新リポートは消費者と広告主に対する技術とデジタル機能の影響に焦点を当てている。

メディア投資を加味した世界の1日当たりメディア接触状況

総平均時間       2015      2016      2017      2018

Online             2.70      3.19      3.53      3.69

Linear TV          3.78      3.76      3.71      3.63

Print               0.68      0.66      0.70      0.68

Radio              1.67      1.71      1.74      1.73

Total              8.83      9.31      9.68      9.73

                        

割合              2015      2016      2017      2018

Online               31        34        36        38

Linear TV            43        40        38        37

Print                 8         7         7         7

Radio               19        18        18        18

Total               100       100       100       100

                        

平均(分)        2015      2016      2017      2018

Online              162       191       212       221

Linear TV           227       226       222       218

Print                41        39        42        41

Radio               100       102       104       104

Total               530       559       581       584

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/684372/GroupM_The_State_of_Digital.jpg

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/283547/groupm_Logo.jpg

グループエムは消費者が各メディア形式に費やした時間をグローバルに一覧化し、メディア全体に注いだ平均時間を計算した。2018年に消費者はメディアに、2017年の平均9.68時間より多い平均9.73時間を充てるとみられる(メディア投資を加味した数字)。さらにグループエムは、2018年に初めて世界でオンラインメディアに充てる時間がリニアTV(従来型TV放送)の時間を上回ると予想する。オンラインの割合は38%、TVは 37%で、残りは主に印刷媒体とラジオになるという。

オンラインメディアに費やす時間の増加は、進行するeコマースの拡大を促す。グループエムが集めた35カ国の2017年eコマースデータによると、総取引額は2兆1050億ドルで、前年比17%増加した。グループエムは2018年にはこの金額が15%増の2兆4420億ドルとなり、小売業全体の約10%を占めるとみている。

このリポートでグループエムは、プログラマティック(自動化)広告の投資動向も調査した。2017年に調査対象国では平均してオンライン表示投資の44%がプログラム化によって行われた。2016年は31%だったが、2018年には47%になる。オンラインビデオ投資では、プログラマティックはそれより少なく、2016年の17%に対し、2017年は22%、今年は24%に増えると予想される(グループエムは各国の広告経済の規模を計算に含めている)。

グループエムは業界のホットな話題のさらに詳細を見るために、WPPの巨大なネットワークも調査した。

▽ブロックチェーン

今のところ実際への応用はあまり見られない。グループエムFutures Directorのアダム・スミス氏は「ブロックチェーンの魅力は、誰に対してもすべてを伝える分散型台帳で、非効率性と不正行為を減らす機会が生まれる。ところがそのアキレス腱は、参加するすべてのコンピューターが常時アップデートされている必要がある点だ。これはリアルタイムの世界では遅すぎる」と話す。

▽人工知能(AI)

それとは逆に回答者は、人工知能(AI)の幅広い発達と大規模な展開を伝えている。スミス氏は「ほぼ間違いなく、今日最も先進的なマーケティングツールは、どのクリエーティブあるいはメディアのプレースメントが規模とスピードで最善なのかをブランドが分析するのを支援する先端のアルゴリズムだ。多くの未来の応用技術の中で、従来の規則に基づくソリューションを擦り抜ける不正行為を撲滅する上で、AIは役立つものとして浮上すると予想している」という。

▽データ

メディア投資に対するデータのマーケター応用に関して、回答者は改善の余地が大きいと指摘する。クライアントはオウンド/取得済みのデータの価値をますます認識しているが、データの収集と保存、配布ではリスクを回避しがちだ。多くの小国では得られるデータが乏しい。ほとんどの米国のクライアントはデジタルメディアを動かすのに内部データを使っており、エンタープライズデータ管理プラットフォーム(DMP)に頻繁に投資している。その他の市場はさまざまな理由で出遅れている。マーケターが最も多用する内部データはパフォーマンス中心、eコマース主導のデータで、自動車や旅行、ホスピタリティー、銀行もしくは管理の良い最終POSシステムを備えたスーパーマーケットが多い。

▽デジタルビデオ競争

各プラットフォームでの上質なビデオ視聴者の測定がどの市場でもひどく不十分なため、グループエムは回答者に対し、現在のTVと新興デジタル勢力のシェアを単純に見積もるよう求めた。従来型TV視聴者はすべてのビデオ視聴時間の4分の3を費やすが、オンラインビデオの時間は3分の1(29%)を下回っているとみられる。

▽メトリックスとビューアビリティー

グループエムは最も効果的は広告は目か耳、もしくはその両方によらなければならないと確信し、業界と民間のビューアビリティー方式の設定ではグループエムが先進的な地位にある。回答者によると、一部の業界は複数プラットフォームでのビデオ視聴オーディエンスの測定を策定している。これが進めばビューアビリティーの議論は続き、モバイル環境での100%のインビュー広告は時に押しつけがましくて消費者体験、そしてブランドにとっても悪影響があるという反対の声もある。

▽インハウシング(社内化)

これについて回答者は、実際は話ほどではないと答えているが、いくつかの国では相互乗り入れのやり方が報告されている。つまりクライアントは戦略を取るが、実行は広告代理店に任せている。ほとんどのインハウシングは、単純なプログラマティック機能を行う最大手クライアントが絡んでいる。

▽価格インフレ

回答者はインフレ要因として2点を挙げた。上質でブランドに安全なコンテンツへの高い需要と、OTTおよびモバイルのプラットフォームの貧弱な測定、つまり測定可能な在庫の乏しさが、価格を吊り上げている。

▽二強

引き続きGoogleとFacebookが重要な成長の原動力だと認めないで、グローバルなデジタル状況を見ることはできない。Google検索はクライアントに不可欠だし、YouTubeはスケーリングされた「優良」動画ではますます重要になっている。Google Display Networkのプログラマティック在庫の品質への懸念は消えていないが、対策は検討されている。Facebookの成功はInstagramを通した若いユーザーの誘導も一因だ。2016-2017年の大口広告主投資の急増は、Facebookの中国を除くデジタル投資のシェアの倍増にもつながっている。

グループエム・グローバルのケリー・クラーク最高経営責任者(CEO)は「広告業界で進む革命では、自動化と人材がビッグテーマだ。専門化で困ることの1つは、より狭い範囲でより多くを知っている専門家の増加だ。頭脳の力を解放するためには自動化を使わざるを得ず、従って能力のある人々はメディアのエコシステム全体を見渡すことができる。そうすれば、クライアントが短期の成果を最適化して、長期的なブランド価値を創造することを助けることが可能だ」と語った。

▽グループエム(GroupM)について

グループエムは、Mindshare、MediaCom、Wavemaker、Essence、m/Sixおよびアウトカムドリブン・プログラマティックオーディエンス企業のXaxisなどWPPメディアエージェンシーのための世界をリードするメディア投資マネジメント企業である。世界の大手広告主による1080億ドル以上の年間メディア投資額を担うグループエムのエージェンシーは、メディア市場と消費者層に対する他の追随を許さない知見で顧客に優位性を提供する。グループエムは、業界の専門知識、データ、テクノロジー、アドレス可能なテレビ、コンテンツ、スポーツなどの一連の専門サービスを供給して、エージェンシーや顧客に役立てる。GroupMはWPPのデータ投資管理グループのKantarと協力を緊密にしており、グループエムとKantarは両社でWPPグループの売上高190億ドル余りのうちの約50%を占めている。グループエムはクライアント、株主、人々に、他の追随を許さない市場の優位性を提供している。

グループエムに関する詳細はhttp://www.groupm.com を参照。

Twitterで@GroupMWorldwideのフォローを。

LinkedIn(https://www.linkedin.com/company/groupm )でグループエムのフォローを。

▽メディア問い合わせ先:

David.Grabert@GroupM.com

+1 212.297.8092

Samanta.Kops@GroupM.com

+1 917.421.3019

ソース: GroupM

GroupM 'State of Digital' Report: Time with Online Media to Surpass Linear TV in 2018

PR73338

NEW YORK and LONDON, May 3, 2018 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

-- E-Commerce to Grow 15% in 2018, Representing 10% of Retail

GroupM (http://www.groupm.com/), the media investment group of WPP, released a

new report, "State of Digital," offering intelligence on consumer media

consumption and advertising investment trends worldwide. Among a series of

publications by GroupM prognosticating media marketplace futures the world

over, the new report focuses on the impact of technology and digital

capabilities on consumers and advertisers.

The world's media day weighted by local media investment

Agg avg hours      2015      2016      2017      2018

Online             2.70      3.19      3.53      3.69

Linear TV          3.78      3.76      3.71      3.63

Print              0.68      0.66      0.70      0.68

Radio              1.67      1.71      1.74      1.73

Total              8.83      9.31      9.68      9.73

                        

Shares             2015      2016      2017      2018

Online               31        34        36        38

Linear TV            43        40        38        37

Print                 8         7         7         7

Radio                19        18        18        18

Total               100       100       100       100

                        

Avg minutes        2015      2016      2017      2018

Online              162       191       212       221

Linear TV           227       226       222       218

Print                41        39        42        41

Radio               100       102       104       104

Total               530       559       581       584

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/684372/GroupM_The_State_of_Digital.jpg

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/283547/groupm_Logo.jpg

GroupM tabulated consumers' time spent with each media format, globally, and

calculated average time spent with media overall. In 2018, consumers will spend

an average 9.73 hours with media, up from 9.68 hours in 2017 (figures weighted

by media investment). Additionally, GroupM predicts time spent with online

media will overtake time spent with linear TV for the first time, globally, in

2018. Online will have a 38% share, TV 37%, and the balance spread primarily

across print and radio.

Increased time spent with online media supports ongoing e-commerce escalation.

Thirty-five countries supplied 2017 e-commerce data to GroupM revealing

cumulative transactions worth $2.105 trillion, growth of 17% over the prior

year. GroupM predicts 15% growth in 2018 to $2.442 trillion or about 10% of all

retail.

For the report, GroupM also examined programmatic (automated) ad investment

trends. On average across reporting countries, 44% of online display investment

was transacted programmatically in 2017 versus 31% in 2016. This will rise to

47% in 2018.  For online video investment, programmatic is smaller; 22% in 2017

versus 17% in 2016 and predicted to rise to 24% this year. (GroupM weighted its

calculations by the size of the countries' advertising economies.)

GroupM also surveyed WPP's vast network to better see the forest for the trees

on industry hot topics.

Blockchain: So far, there is scant evidence of practical application.

"Blockchain's main attraction is its distributed ledger which tells everyone

everything and thus presents the opportunity to reduce inefficiency or

cheating. However, its Achilles' heel is the need to keep every participating

computer updated with everything all the time, and that's too slow for a real

time world," states Adam Smith, GroupM's Futures Director.

AI: Conversely, respondents reported ample development and scaled deployments

with Artificial Intelligence (AI). "Arguably, today's most advanced marketing

tools are the advanced algorithms helping brands analyze which creative or

media placement is performing the best, at scale and speed," states Smith.  

"Among many future applications, we expect AI to helpfully emerge in fighting

fraud that evades conventional rules-based solutions."

Data: Regarding marketer application of data to media investment, respondents

cited ample room for improvement. Clients are increasingly aware of the value

of owned/acquired data, but are often risk-averse to harvesting, storing and

distributing it. In many smaller countries, available data is poor. Most U.S.

clients are using first-party data to activate digital media, and they've

frequently invested in enterprise data management platforms (DMPs). Other

markets are not so far along for varying reasons. Marketers most often using

first-party data are performance-oriented, e-commerce driven, and typically in

auto, travel, hospitality, banking, or sometimes supermarkets with well-managed

end-point of sale systems.

Digital video competition: Because measurement of premium video audiences

across platforms is woefully inadequate in every market, GroupM asked

respondents to simply estimate the share of TV incumbents versus digital

insurgents. Legacy TV players are believed to hold three-fourths of all video

hours but less than a third (29%) online video hours.

Metrics & viewability: GroupM believes that effective advertising must be in

view and/or in hearing, and we take a leading position in setting industry and

commercial viewability practices. Constituents reported some industry

works-in-progress to enhance measurement of omni-platform video audiences. As

this progresses, viewability continues to be debated with some contrarians

suggesting 100% in-view ads in mobile environments can sometimes be intrusive

and can be negative to consumer experience and thus brands.  

In-housing: Respondents said this is more often talked about than done, but

several countries reported hybrid arrangements – typically, clients taking on

strategy but leaving execution to agencies. Most in-housing involved the

biggest clients doing the simplest programmatic functions.

Price inflation: Respondents cited two inflation drivers: high demand for

premium, brand-safe content and poor measurement of OTT and mobile platforms;

the scarcity of measurable inventory drives up prices.

The "duopoly:" No look at the global digital landscape would be complete

without acknowledgement that Google and Facebook continue to be the key growth

drivers. Google search is critical to clients, and YouTube is increasingly

important for scaled, "premium" video. Concerns over the quality of

programmatic inventory in the Google Display Network persist, but remedies are

being pursued.  Facebook's success is partly due to the delivery of younger

audiences via Instagram. The surge in large-advertiser investment in 2016-2017

also helped double Facebook's share of digital investment ex-China.

"Automation and talent are the big themes in advertising's current revolution,"

said Kelly Clark, CEO, GroupM Global. "One of the downsides of specialization

is the increase in specialists who know more and more about less and less. We

have to use automation to liberate brain-power, so talented people can look

across the entire media ecosystem to help clients optimize short-term results

and create long-term brand value."

About GroupM

GroupM is the leading global media investment management company for WPP's

media agencies including Mindshare, MediaCom, Wavemaker, Essence and m/SIX, and

the outcomes-driven programmatic audience company, Xaxis. Responsible for more

than US $108B in annual media investment by some of the world's largest

advertisers, GroupM agencies deliver an advantage to clients with unrivaled

insights into media marketplaces and consumer audiences. GroupM enables its

agencies and clients with trading expertise, data, technology and an array of

specialty services including addressable TV, content and sports. GroupM works

closely with WPP's data investment management group, Kantar, and together they

account for almost 50% of WPP's group revenues of more than US $19B. GroupM

delivers unrivaled marketplace advantage to its clients, stakeholders and

people.

Discover more about GroupM at http://www.groupm.com.

Follow @GroupMWorldwide on Twitter

Follow GroupM on LinkedIn - https://www.linkedin.com/company/groupm

Media contacts:

David.Grabert@GroupM.com

+1 212.297.8092

Samanta.Kops@GroupM.com

+1 917.421.3019

SOURCE: GroupM

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中