「観光教育に関する調査事業(平成29年度)」事業報告を公表します

観光教育の充実化を図るべく、国内外の小中高等学校等における観光教育の 現状について調査を行いました。

6月7日

日本能率協会総合研究所

「観光教育に関する調査事業(平成29年度)」事業報告を公表します

初等中等教育段階の子どもたちに、日本各地の魅力的な観光資源や今後さらに増加する観

光需要等について伝え、わが国の成長背略の柱であり地方創生の切り札である観光産業へ

の興味関心を喚起するための「観光教育」の充実を図ります。

観光庁では、「総合的な学習の時間」等を想定したモデル授業の検証と普及事業を通じて

、観光教育の重要性やその具体的な進め方等に関する認知・理解を促し、全国各地におけ

る観光教育の導入支援に努めております。

本事業では、観光教育の充実化を図るべく、国内外の小中高等学校等における観光教育の

現状について調査を行いました。

具体的には、国内外の先進事例(国内10事例・海外3事例)を収集し、観光教育を進める

上でのポイントを整理するとともに、その効果の検証を行いました。

さらに、専門家の意見も取り入れながら、国内における観光教育の推進に資するモデル授

業案を段階別に3パターン構築しました。([1]導入編、[2]展開編、[3]応用編)

●「観光教育に関する調査」事業報告

観光庁ホームページ http://www.mlit.go.jp/kankocho/shisaku/sangyou/kyoiku_juujitsu.html

(本発表のお問い合わせ先)

 観光庁観光産業課

 担当者:谷川、岡

 電 話:03-5253-8111(内線27-336)

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称 株式会社日本能率協会総合研究所
  • 所在地 東京都
  • 業種 企業向けサービス
  • URL http://www.jmar.co.jp/

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中