ファーウェイがメキシコ送配電網向けのeLTE-IoTネットワークを構築

ファーウェイ

2018/7/12 12:57

ファーウェイがメキシコ送配電網向けのeLTE-IoTネットワークを構築

AsiaNet 74349 (1217)

【深セン(中国)2018年7月11日PR Newswire=共同通信JBN】メキシコの電力産業新時代に、移行は「ビットがワットを後押しする」ことを意味する。

スマートメーターは電力事業を根本的に変革した。世界最大の地域電力市場の1つである中南米では、デジタルトランスフォーメーションは240億米ドルに相当する機会を生み出すと予測されている。

2013-2017年の国家電力システム計画によると、メキシコのインフラ投資は今後15年間で971億米ドルに達する。発電、送電、変電、配電、電力消費の統合管理サービスを提供するメキシコ最大の電力企業は送配電網の更新を目指した。

▽Advanced Metering Infrastructure(AMI)、最適な選択

メキシコは2014年、電力の発電と販売の競争を促す投資のために全国の送配電網を公開する新しい電力法を施行した。電力販売市場における開放と競争によって、中立的な第3者メーター測定が電力販売企業の共通の需要となり、これは特に大規模な産業および商業利用のために活用されている。GOESが所有するNetCityはこの状況を背景に台頭し、電力販売企業が作業能力を向上させ、困難で緩慢な料金徴収、高い伝送路損失、お粗末な管理、低い顧客満足度などの問題を解決することを支援している。AMIソリューションは、リアルタイムの取引料金を可能にする双方向の高速通信に基づくスマートメーター・プラットフォームを電力事業者に提供する。ファーウェイ(Huawei、華為技術)の総合的なユーザー管理システムは電力窃盗を効果的に防止し、伝送損失の統計を分析し、運用を効率化する。AMIソリューションのエンドツーエンド展開は、サービスのライフサイクルで生じる多くの特有の問題を解決する最初の1歩である。

ネットワーク構築および容量拡大は困難かつ時間を要する特質があるため、送配電企業は無線IoTの専門プロバイダーであるNetCityとの提携を通じて追加のサポートを促進した。これによって、これらの企業は家庭や企業から電力消費データを効率的かつコスト効率に優れた形で収集し、伝送損失と料金徴収の時間を軽減して収益を増大させた。

▽eLTE-IoT、電力の中立的ネットワーク

デジタル通信ネットワークはAMIプラットフォームの神経系である。

ファーウェイはエンタープライズ・ロング・ターム・エボリューション-IoT(eLTE-IoTバックボーン)ネットワークをAMIシステムのバックボーンとして使用する。このオープンシステムは提携するパートナーがセキュアでコスト効率に優れたエンドツーエンド・スマートグリッド・ソリューションを提供するための統合を容易にするために設計されている。

eLTE-IoTネットワークは902 MHzから928 MHzの産業科学医療(ISM)周波数帯域で運用され、3GPP 4.5Gテクノロジーを使用して無認可スペクトラムの法律・規制に準拠する新しい機能を採用、これによって電力消費計測のためのバックホール通信が、公表されたAMI向けのIoT要件を上回るセキュリティー、信頼性、ネットワーク性能の向上を実現する。

▽向上した信頼性

ファーウェイのeLTE-IoTネットワークは、前方誤り訂正(FEC)と狭帯域周波数ホッピングを適用する2段階の混信防止再送信テクノロジーを採用し、ISM無線スペクトラムでの安定した接続を可能にする。

▽強力なセキュリティー保護

双方向認証は異常侵入を防ぎ、E2E暗号化はデータ送信のサービスセキュリティーを保証する。

▽幅広いカバレッジ

マルチホップ・テクノロジーは屋内カバレッジを向上させ、ターミナルレシーバーの高感度と組み合わせれば、隠れたレイヤーへのネットワークアクセスを可能にする。

▽追加接続

Slotted ALOHAテクノロジーはスペクトラム効率を2倍にし、並行チャンネル伝送のリソース配分の粒度を向上させ、単一の基地局から3000のAMI機器を読み取ることを可能にする。

▽電力消費の軽減

省電モードと拡張不連続受信テクノロジーは設置機器のバッテリー寿命を最大10年までに延長する。

▽オープンシステム

ファーウェイのeLTE-IoTコンポーネントは、狭帯域IoT(NB-IoT)製品を業界チェーンおよびエコシステムと共有する。これによって、ファーウェイはOpenLabを通じて世界のパートナーとコラボレーションできる。徹底した評価を受け、ファーウェイのeLTE-IoTソリューションはメキシコの電力産業に採用された。

2017年第1四半期にファーウェイのeLTE-IoTプラットフォームの技術仕様がメキシコ国家産業通信法に記載され、2017年第2四半期にeLTE-IoTコネクテッドAMIメーターが参加証明を受け、ファーウェイは第1段階展開の契約を獲得した。

メキシコにあるファーウェイのOpenLabセンターはメキシコ電力プロジェクトで重要な役割を果たしてきたエコシステム・パートナー向けの開発・協力環境になっている。このOpenLab施設はAMI機器の共同開発および認証のための環境を提供し、中南米市場での製品競争を強化する。OpenLab基準で完了したテストはパートナーがメキシコ連邦電力委員会(CFE)のEquipment and Materials Testing Laboratory(Laboratorio de Pruebas de Equipos y Materiales=LAPEM)公表の参加証明要件を満たすことに役立った。

ファーウェイeLTE-IoTソリューションはメキシコのFederal Institute of Telecommunications(Instituto Federal de Telecomunicaciones=IFT)が実施したテストもパスした。IFTテストで、ファーウェイはソリューション開発分野で290以上の相互接続要件、さらにパートナーのために追加の16の最適化要件を確認し、AMIメーター測定で80%の性能向上を実現した。

▽eLTE-IoT、多数の業界における複数のシナリオで採用される

ファーウェイeLTE-IoT通信プラットフォームは2017年第4四半期にメキシコ市で初めて導入された。2100万以上の人口と、同国のほぼ半分の産業・商業サービス、金融機関を擁するメキシコ市が選ばれ、電力システム再建とAMI展開の最も緊急を要するニーズに応えた。

ファーウェイはサイト建設の後、人口密度の高い都市部、商業地区、ハイウエー、屋外の空き地を含む多様な環境で幅広い固定およびモバイルのテストを実施し、eLTE-IoTコネクテッドAirNodesの標準的な実世界のカバレッジを正確に評価した。

このネットワークは、eLTE-IoTモジュールとGeneral Packet Radio Service/IoT(GPRS/IoT)デュアルモード電気メーターを組み込んだAMIスマートメーターとともに導入され、メーターがGPRSパブリックネットワークにアクセスし、IoTカバレッジ外のエリアのデータを返信することを可能にした。IoTネットワーク・カバレッジが向上した後、サービスは新しいIoTプライベートネットワークにスムースに移行され、パブリックネットワークのリース料金、ハードウエア、電気メーター取り換えに伴うサービス費用を軽減した。

テスト結果によると、eLTE-IoTは人口が密集した都市部で半径4キロ、障害物がない屋外エリアで半径8キロのカバレッジを実現した。テスト報告によると、eLTE-IoT通信モジュールを組み込んだAMIスマートメーターの成功率は99%を超えた。

AMIスマートメーターはメキシコの電力変革の最初の1歩にすぎず、NetCityの無線eLTE-IoTネットワークは地元の電力企業がAMIサービスをプロセスし、統合プラットフォームを構築することを可能にする。これは、スマート水道、スマート街灯など、スマートシティーのサービス項目を増やし、メキシコのスマートシティー・ソリューションのための強力な神経系を生み出すことを可能にする。

Goes Telecomのリカルド・ビジャサナ最高技術責任者(CTO)は「ファーウェイのeLTEは堅ろうかつ総合的なソリューションであり、高いコストパフォーマンスを伴うIoTプラットフォームをわれわれに提供する。このソリューションは、瞬時性、セキュリティー、運用・維持管理(O&M)費用などの面でメーター測定を最適化した。将来は、このソリューションが世界最大の都市の1つであるメキシコ市に途切れのないカバレッジをもたらすと期待している。NetCity独自のネットワークを展開する主な利点は、電気メーター市場だけでなく、水道・ガスも目標にできることである。さらに、われわれは、スマートパーキング、街灯、リモート環境監視、e農業経営など他のバーティカル分野にも付加価値ソリューションを展開している」と語った。

ソース:Huawei

Huawei Constructs an eLTE-IoT Network for the Mexican Power Grid

PR74349

SHENZHEN, China, July 11, 2018 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

In the new era of Mexico's electric power industry, the transition means that

'bits drive watts.'

Smart meters have fundamentally changed the electric power business. In Latin

America, one of the world's largest regional electric power markets, digital

transformation is predicted to unleash an opportunity that will equal USD 24

billion in value.

According to the 2013-2017 national power system plan, Mexico's infrastructure

investment will reach USD 97.1 billion in the next 15 years. The largest power

company of Mexico, which provides integrated management services for power

generation, transmission, transformation, distribution, and use, wanted to

upgrade power grid.

Advanced Metering Infrastructure (AMI), the optimum choice

Mexico implemented a new electricity law in 2014 that opened the national power

grid to investment to promote competition for the generation and sales of

electrical power. The openness and competition in the electric power sales

market have led to a common demand of electric power sales companies for

neutral third-party metering, which is used specially for large industrial and

commercial users. NetCity, owned by GOES, has emerged against this backdrop to

help electric power sales enterprises improve operations capabilities and solve

problems such as difficult and slow fee collection, high line loss, poor

management, and low customer satisfaction. The AMI solution provides electric

power organizations with a smart metering platform based on bi-directional

high-speed communication that allows real-time transaction charges. Huawei's

comprehensive user management system effectively prevents electricity theft,

analyzes line-loss statistics, and streamlines operations. The end-to-end

deployment of AMI solutions is the first step toward solving the many endemic

problems occurring through their service lifecycle.

Because of the difficult and time-consuming nature of network building and

capacity expansion. The power grid company facilitated additional support

through a partnership with NetCity - a professional wireless IoT provider. This

allowed them to efficiently and cost-effectively collect electricity

consumption data from homes and businesses, reduce line losses and fee

collection times, and increase revenue.

eLTE-IoT, the Neural Network for Electric Power

The digital communications network is the nervous system for the AMI platform.

Huawei will use an enterprise Long-Term Evolution-IoT (eLTE-IoT backbone)

network as the backbone for the AMI system. The open system is designed for

ease of integration for collaborating partners to provide secure and

cost-effective End-to-End smart grid solutions.

The eLTE-IoT network operates in the 902 MHz to 928 MHz Industrial, Scientific,

and Medical (ISM) frequency band, uses 3GPP 4.5G technology, and employs new

features that comply with the laws and regulations for unlicensed spectrum,

enabling backhaul communication for power metering for improved security,

reliability, and network performance that exceeds published IoT requirements

for AMI.

Improved reliability

The Huawei eLTE-IoT network adopts a two-level, anti-interference

retransmission technology that applies Forward Error Correction and narrowband

Frequency Hopping to ensure stable connections over the ISM radio spectrum.

Strong security protection

Bi-directional authentication prevents abnormal intrusions and E2E encryption

ensures service security for signaling data.

Wider coverage

Multi-hop technology improves indoor coverage that, when combined with high

terminal receiver sensitivity, ensures network access to underground layers.

Additional connections

Slotted ALOHA technology doubles spectral efficiency and improves the

granularity of resource allocation for concurrent channel transmission that

enables 3,000 AMI devices to be read from a single base station.

Reduced power consumption

Power Saving Mode and Extended Discontinuous Reception technologies are used to

extend the battery life for devices in the field to up to 10 years.

Open system

Huawei eLTE-IoT components share an industry chain and ecosystem with

Narrow-band-IoT (NB-IoT) products. This allows Huawei to collaborate with

global partners through the OpenLabs. Following a thorough due diligence

review, the Huawei eLTE-IoT solutions were selected by the Mexican electric

power industry.

In the first quarter of 2017, the technical specifications of the Huawei's

eLTE-IoT platform were written into the Mexican National Industrial

Communications Act, and in the second quarter of 2017, eLTE-IoT-connected AMI

meters passed the admission certification and earned Huawei the contract for a

Phase 1 deployment.

The Huawei OpenLab center in Mexico is a development and cooperation

environment for ecosystem partners that has played an important role in the

Mexican electric power project. The OpenLab facility provides a setting for the

joint incubation and verification of AMI devices, to enhance product

competitiveness in the Latin American market. The testing completed in the

OpenLab forms has helped partners to meet the admission certification

requirements published by Mexico's CFE Equipment and Materials Testing

Laboratory (Laboratorio de Pruebas de Equipos y Materiales, or LAPEM).

The Huawei eLTE-IoT solution also passed the tests conducted by Mexico's

Federal Institute of Telecommunications (Instituto Federal de

Telecomunicaciones, or IFT). During the IFT test regime, Huawei identified over

290 interconnection requirements in the solution development field - plus an

additional 16 optimization requirements for partners - resulting in an 80%

performance improvement for AMI meter-reading.

eLTE-IoT, applied in multiple scenarios across many industries

The Huawei eLTE-IoT communications platform was first deployed in Mexico City

in the fourth quarter of 2017. With a population of over 21 million people, and

the location of nearly half of the country's industrial, commercial service,

and financial institutions, Mexico City was chosen to address the most urgent

needs for electrical power system reconstruction and AMI deployment.

Following site construction, Huawei conducted a wide range of fixed-point and

mobile tests in multiple settings, including densely populated urban areas,

commercial districts, highways, and outdoor open areas, to accurately evaluate

the typical, real-world coverage for eLTE-IoT-connected AirNodes.

The network was deployed with AMI smart meters integrated with eLTE-IoT modules

and General Packet Radio Service/IoT (GPRS/IoT) dual-mode electrical meters,

which allowed the meters to access the GPRS public network, and send back data

in areas without IoT coverage. After the IoT network coverage was improved,

services could be smoothly migrated to the new wireless IoT private network,

reducing public network leasing, hardware, and servicing costs associated with

electrical meter replacement.

According to the test results, the eLTE-IoT delivered a 4 km coverage radius in

densely populated urban areas, and an 8 km coverage radius in outdoor areas

having no obstacles. The reported success rate for AMI smart meters integrated

with eLTE-IoT communication modules exceeded 99 percent.

AMI smart meters are just the first step in Mexico's electric power

transformation, and NetCity's wireless eLTE-IoT network is enabling local

electric power companies to process AMI services and build a unified platform

that will allow an increasing number of Smart City services - such as smart

water and smart street lamps - to create a powerful nervous system for Smart

City solutions in Mexico.

Ricardo Villasana, CTO of Goes Telecom, said,"Huawei's eLTE is a robust and

comprehensive solution that offers us an IoT platform with a high

price-performance ratio. This solution has optimized the metering in aspects

such as timeliness, security, and O&M expenses. Looking ahead to the future, we

are expecting this solution to bring seamless coverage to Mexico City, one of

the largest cities in the world. The main advantage of deploying NetCity´s own

network is to target not only the electric metering market, but also Water and

Gas. Additionally, we are deploying value-added solution in other verticals,

such as: Smart Parking, Street Lighting, Remote Environmental Monitoring, and

e-Farming."

SOURCE:Huawei

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中