大手ビール、ワイン スピリッツメーカーが有害な飲酒防止のため世界の数億人に働きかけ:IRAD報告書が示す

IARD (責任ある飲酒国際連盟)

2018/9/12 11:13

大手ビール、ワイン スピリッツメーカーが有害な飲酒防止のため世界の数億人に働きかけ:IRAD報告書が示す

AsiaNet 75083

ロンドン(英国)、2018年9月10日/PRニュースワイヤー/ --

ビール、ワイン、スピリッツのブランドの世界的人気メーカー11社がプロデューサーズ・コミットメンツ(Producers' Commitments)でセクターを越えた新たな革新的パートナーシップを結びました。

成果は以下の通り:
・ 2014年から2017年の間に年平均347件の飲酒運転防止プログラムを実現
・ 2015年から2017年の間に未成年の飲酒を警告するメッセージを600万人以上の未成年者に直接伝える
・ 2017年の契約の97%において、広告代理店は当連盟の責任あるアルコール広告コード(responsible alcohol advertising codes)を順守しなければならないことを明記
・ 2014年から2017年の間に各地の責任ある小売業者のイニシアチブの数が66%増加
・ 2014年から2017年の間に各地で年平均224の責任ある小売業者のイニシアチブが行われる
  
  (ロゴ: https://mma.prnewswire.com/media/715226/IARD_Logo.jpg )

2012年、責任ある飲酒国際連盟(IARD:International Alliance for Responsible Drinking)に加盟する大手ビール、ワイン、スピリッツメーカーは、有害な飲酒の防止と周辺業界の新たな責任基準設定のため一丸となって尽力しました。

本日発表の報告書(http://www.producerscommitments.org/ )には5年間の進捗が詳しく述べられており、公共および民間セクターが協力して有害なアルコール摂取、非感染症(NCDs)、持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)などの問題に対して取り組んだ成果が示されています。

我々は連盟内外と力を合わせて多くを達成しましたが、できることはまだたくさんあります。世界の多くの地域で未成年者の飲酒、過度の飲酒、飲酒運転などが良い方向に変化しています。しかし我々は全世界で良い方向に変化するのを見届けたいと考えます。

IARDのCEO議長であるディアジオ(Diageo)最高経営責任者のアイヴァン・メネゼスは、次のようにコメントしました。「5年計画の最後の年となり、すでに達成した変化の手ごたえと今後の課題に誇らしく思いをはせています。

世界の健康を改善し、非感染症のリスクを低減するために、有害なアルコール摂取と闘うのは我々の責務です。

我々はプロデューサーズ・コミットメンツで今後の取り組みの確固たる基礎を築きましたが、することはまだたくさんあります。けれど、我々だけでは行動できません。小売業者、政府機関、保健機関、民間非営利団体との革新的パートナーシップがこれまでの進展に寄与したのです」

IARDのCEO兼会長、ヘンリー・アッシュワースは、次のように述べました。「プロデューサーズ・コミットメンツは、変化のきっかけになるのだという世界的大手メーカーの決意を表しており、政府やNGOと協力することにより及ぼす影響を浮き彫りにしています。

持続可能な開発を地域的、全国的、また世界レベルで実現するには、社会全体で取り組むことが重要であり、共通の解決策を見出すための共通の行動計画を持つことからスタートすれば、我々の取り組みはより効果を上げることができます。協力すれば、有害なアルコール摂取削減と持続可能な開発目標に向けた前進を加速して、変化を達成できるのです」

プロデューサーズ・コミットメンツの重要な成果:

未成年者の飲酒削減
・ 2015年から2017年の間に、600万人の未成年者に直接呼びかけ
・ 2015年から2017年の間に、300万人のインフルエンサーに直接呼びかけ
・ 2014年から2017年の間に、メディアとソーシャルチャネルを通じて5億人以上(5億4600万人)に働きかけ

飲酒運転の削減
・ 会員は2014年から2017年の間に、年平均347件の飲酒運転防止プログラムを運営
・ 2017年には会員が商業活動する国の76%で飲酒運転プログラムと試験プログラムを運営

マーケティング実施基準の強化
・ 2017年には、会員の97%が責任ある広告コードを順守しなければならないことを明記して広告代理店と契約
・ 2014年から2017年の間に、商業活動を行う53か国の既存の自主規制プロセスにおいて一般参加制度を確立

消費者情報の提供と責任ある製品イノベーション
・ 容量で報告した加盟4社では、2017年に製品の85%に有害な飲酒を警告するマークか言葉を表示
・ ブランド名で報告した加盟7社では、2017年に製品の59%に有害な飲酒を警告するマークか言葉を表示

小売業者との連携
・ 2014年から2017年の間に、地域の責任ある小売りイニシアチブを年平均224件運営
・ 2014年から2017年の間に、地域の責任ある小売りイニシアチブの数が66%増加

報告書で明らかになったイニシアチブの実例は以下の通り:

オーストラリアとニュージーランドの反飲酒運転活動
ドリンクワイズ・オーストラリア(DrinkWise Australia:https://drinkwise.org.au/ )は、革新的な飲酒運転防止キャンペーンを行っており、オーストラリアのアルコールメーカーから資金提供を受けています。2017年にライドシェアのウーバー(Uber)と提携し、メルボルンカップ・カーニバル(Melbourne Cup Carnival)期間中「ドリンクワイズ・ウーバーゾーン(DrinkWise UberZONE)」では競馬ファンに飲酒運転を思いとどまらせるため、イベント参加者がレース場に行き来する際の安全で確実なアクセスポイントを提供しました。ウーバーゾーンは、参加者が帰宅のため快適にウーバーを待つ間、無料の水を提供し、安全な旅と責任ある飲酒に関するドリンクワイズ・オーストラリアとウーバーのメッセージを広めました。

カンボジアの責任あるアルコール・マーケティング政策
アジア太平洋国際ワイン&スピリッツ連盟(APIWSA :Asia Pacific International Wine and Spirits Alliance)は2017年2月、キウー・カニャリット情報大臣と共に「カンボジア責任あるアルコール・マーケティングおよびコミュニケーション行動規範(Cambodia Responsible Alcohol Marketing and Communication Code of Conduct)」に署名しました。この行動規範はアルコールのマーケティングに適用するルールを明確にするもので、アルコール度数に関する記述や有害な飲酒など国際的大手メーカー各社が支持する共通の基準を示しており、18歳以下は対象としていません。

ナビミアで酒気帯び検査法を改善
2015年から2017年には、公共の教育的メッセージおよび施行規則と検出方法の改善で飲酒運転削減を目指す「飲酒運転(Driving Under the Influence of Alcohol)」プログラム実施のため、自主規制アルコール産業フォーラム(SAIF:Self-Regulating Alcohol Industry Forum:http://www.saifnamibia.com/  )と連携しました。

2017年8月1日から2018年1月31日の期間、交通巡査たちが15万3000人以上のドライバーを検査したところ、1%がアルコールに対して陽性でした。警察の措置が注目を集めたことでドライバーの飲酒を抑制し、飲酒運転で逮捕された全ドライバーの比率は2016年の6.8%から2017年には0.5%に激減しました。

ラトビア:自分の子供にアルコールを売りますか?
ラトビア・アルコール産業協会(LANA :Latvian Alcohol Industry Association:http://www.atbildigi.lv/lv/ )は2016年と2017年、未成年のボランティアを使って意識向上キャンペーンとテスト購入活動を行いました。LANAはラトビアホテル&レストラン協会(AHRL:Association of Hotels and Restaurants of Latvia)、ラトビア貿易協会(Latvian Traders Association)、ラトビア食品小売協会(LPTA:Latvian Food Retailers' Association)、ラトビア医師会(Latvian Medical Association)と提携し、小売り業者と40件以上で関わりました。この取り組みでは、自分の子供にアルコールを売ったらどうなるかを販売スタッフにイメージさせ、身分証の提示を求めるよう促しました。

2017年には約1250台のレジでキャンペーン資料を表示し、およそ400のホテル、カフェ、、レストランがイニシアチブに参加しました。このキャンペーンはテレビ、ラジオ、インターネットで取り上げられており、約200万人に伝わったと思われます。キャンペーンの後は、少年の90%と少女の65%以上が身分証の提示なしでアルコールを買うことを免れました。

有害な飲酒削減のためのビール、ワイン、スピリッツ・プロデューサーズ・コミットメンツ(Beer, Wine and Spirits Producers' Commitments to Reduce Harmful Drinking)に加盟する11社は、アンハイザー・ブッシュ・インベブ(Anheuser-Busch InBev)、アサヒグループホールディングズ、バカルディ(Bacardi)、ビームサントリー(Beam Suntory)、ブラウン=フォーマン社(Brown-Forman Corporation)、カールスバーグ(Carlsberg)、ディアジオ(Diageo)、ハイネケン(HEINEKEN)、キリンホールディングス、モルソン・クアーズ(Molson Coors)、ペルノ・リカール(Pernod Ricard)。

プロデューサーズ・コミットメンツ:
・ 未成年者の飲酒削減
・ マーケティング実施基準の強化と拡大
・ 消費者情報の提供と責任ある製品インベーション
・ 飲酒運転の削減
・ 有害な飲酒削減のため、小売業者の支援獲得

責任ある飲酒国際連盟(The International Alliance for Responsible Drinking、IARD)は、世界中の有害な飲酒に対処し、飲酒を選ぶ人々の間で責任ある飲酒を促進することに専念する非営利団体である。IARDは、アルコールの有害な使用を減らすためのソリューションの一部となるという共通の目的の下に、ビール、ワイン、スピリッツの規制を受けたアルコール業界の全ての部門からのメンバー企業によってサポートされている。

メンバーシップおよび活動内容の詳細については、http://www.producerscommitments.orgをご参照ください。

ソース: IARD (責任ある飲酒国際連盟)


(日本語リリース:クライアント提供)


IARD Report Shows Leading Beer, Wine and Spirits Producers Have Reached Hundreds of Millions of People Across the Globe in Their Mission to Combat Harmful Drinking

PR75083

LONDON, Sept.10, 2018 /PRNewswire=KYODO JBN/--

The 11 companies behind some of the world's most popular beer, wine, and
spirits brands have forged new and innovative partnerships across sectors
through their Producers' Commitments.

Achievements include:

-  Delivering an average of 347 drink driving prevention programs per year
   between 2014 and 2017
-  Reaching over 6 million underage individuals via face-to-face interactions
   between 2015 and 2017 with messages against underage drinking
-  Specifying that advertising agencies must comply with our responsible
   alcohol advertising codes in 97% of our contracts with them in 2017
-  The number of local responsible retailing initiatives increased by 66%
   between 2014 and 2017
-  An average of 224 local responsible retailing initiatives were operating,
   per year, between 2014 and 2017


     (Logo: https://mma.prnewswire.com/media/715226/IARD_Logo.jpg )

In 2012, the leading beer, wine, and spirits producers that compromise the
membership of International Alliance for Responsible Drinking (IARD) committed
to work together to combat harmful drinking and set new responsible standards
for their wider industry.

The full report [ http://www.producerscommitments.org/ ], out today, details
the progress made over the five years and demonstrates what can be achieved
when public, private, and civil sectors come together to tackle challenges
including the harmful use of alcohol, noncommunicable diseases (NCDs), and the
targets laid out within the Sustainable Development Goals (SDGs).

We have achieved a great deal working together and with others, and yet there
is still so much more we can do. We're seeing positive change in many parts of
the world, in underage drinking, drinking to excess, and drinking and driving.
But, we want to see positive change in every part of the world.

IARD CEO Chair and Chief Executive of Diageo Ivan Menezes commented "Having
reached the end of our five years we can reflect proudly on the tangible
difference we have already made, as well as the work we need to do in the
future.

It's our duty to fight the harmful use of alcohol to help improve global health
as well as reduce the risk of noncommunicable diseases.

Through our Producers' Commitments, we have laid strong foundations for the
work ahead, but recognize there is a lot more to do. But we cannot act alone.
Innovative partnerships with retailers, government departments, health agencies
and nongovernmental organizations have been instrumental to the progress we
have made."

IARD's CEO and President Henry Ashworth stated that "the Producers' Commitments
demonstrate the determination of these leading global producers to be catalysts
of change, and highlight the impact they can have by working with governments
and NGOs.

A whole-of-society approach is critical in delivering sustainable development
locally, nationally, and globally and our collective efforts can go much
further if we move from having a shared agenda to developing shared solutions.
Together we can achieve change; reducing the harmful use of alcohol and
accelerating progress towards the SDGs."

Key achievements of the Producers Commitments include:   

Reducing underage drinking  

-  6 million underage people reached with face-to-face interactions between
   2015 and 2017
-  3 million influencers reached via face-to-face interactions between 2015
   and 2017
-  Over half a billion people (546 million) reached between 2014 and 2017
   through media and social channels  

Reducing drinking and driving   

-  Members operated an average of 347 drink-driving prevention programs per
   year between 2014 and 2017
-  Drink-driving programs and pilots were operating in 76% of countries where
   members were commercially active in 2017

Strengthening marketing codes of practice   

-  97% of members contracts with advertising agencies in 2017 specified that
   they had to comply with our responsible advertising codes
-  Non-industry participation was established in existing self-regulatory
   processes in 53 countries of commercial activity, on average, between 2014
   and 2017

Providing consumer information and responsible product innovation  

-  Of the four signatories reporting by volume, 85% of products carried
   symbols or words warning against harmful drinking in 2017
-  Of the seven signatories reporting by brands, 59% of products carried
   symbols or words warning against harmful drinking in 2017

Working with retailers   

-  An average of 224 local responsible retailing initiatives were operating
   per year between 2014 - 2017
-  66% increase in the number of local responsible retailing initiatives
   between 2014 - 2017

Examples of initiatives highlighted within the report include:  

Action against drink driving in Australia and New Zealand  
DrinkWise Australia [ https://drinkwise.org.au/ ] runs innovative drink driving
prevention campaigns and is funded by Australian alcohol producers. It
partnered with ride-sharing service Uber in 2017 to discourage racing fans from
drink driving by operating the "DrinkWise UberZONE" during the Melbourne Cup
Carnival, which provided a safe and reliable access point for eventgoers to
enter and leave the race course. The UberZONE promoted DrinkWise Australia and
Uber's messages about safe journeys and responsible alcohol consumption, with
free water for attendees while they waited in comfort for their Uber ride home.

Responsible alcohol marketing policies in Cambodia  
The Asia Pacific International Wine and Spirits Alliance (APIWSA), together
with the Minister of Information Khieu Kanharith, signed the "Cambodia
Responsible Alcohol Marketing and Communication Code of Conduct" in February
2017. The code sets out the rules that apply to alcohol marketing and
represents a set of common standards supported by major international alcohol
producers, such as statements on alcohol strength, harmful drinking, and not
targeting those under 18 years old.

Improving breath testing practice in Namibia  
We worked with the Self-Regulating Alcohol Industry Forum (SAIF) [
http://www.saifnamibia.com/ ] to implement the "Driving Under the Influence of
Alcohol" program, between 2015 and 2017, which aimed to help reduce drink
driving through public educational messages and through improved enforcement
regulations and detection methods.

Between August 1, 2017 and January 31, 2018, traffic officers tested over
153,000 drivers and found that 1% tested positive for alcohol consumption. The
police's high-visibility enforcement deterred drivers from drinking, and the
percentage of all drivers arrested for driving while intoxicated fell from 6.8%
in 2016 to 0.5% in 2017.

Latvia: Would you sell alcohol to your child?  
The Latvian Alcohol Industry Association (LANA) [ http://www.atbildigi.lv/lv/ ]
launched awareness campaigns and test-purchasing operations using underage
volunteers in 2016 and 2017. LANA partnered with the Association of Hotels and
Restaurants of Latvia (AHRL), Latvian Traders Association, the Latvian Food
Retailers' Association (LPTA), and the Latvian Medical Association, to carry
out more than 40 engagements with retailers. The initiative asked sales staff
to imagine what the consequences would be selling alcohol to their own child
and reminded them to ask for ID.

In 2017, approximately 1,250 retail cash registers displayed the campaign
materials, and around 400 hotels, cafes, and restaurants joined the initiative.
The campaign was featured on TV, radio, and the internet, potentially reaching
approximately 2 million people. After the campaign, 90% of boys and just over
65% of girls were stopped from buying alcohol without showing ID.

The 11 signatories to the Beer, Wine and Spirits Producers' Commitments to
Reduce Harmful Drinking are Anheuser-Busch InBev, Asahi Group Holdings,
Bacardi, Beam Suntory, Brown-Forman Corporation, Carlsberg, Diageo, HEINEKEN,
Kirin Holdings Company, Molson Coors, and Pernod Ricard.

The Producers' Commitments:

-  Reducing underage drinking
-  Strengthening & expanding marketing codes of practice
-  Providing consumer information & responsible product innovation
-  Reducing drinking and driving
-  Enlisting the support of retailers to reduce harmful drinking  

The International Alliance for Responsible Drinking (IARD) is a not-for-profit
organization dedicated to addressing harmful drinking worldwide and promoting
responsible drinking, among those who choose to drink. IARD is supported by its
member companies from all sectors of the regulated alcohol industry - beer,
wine, and spirits - in their common purpose of being part of the solution to
reducing the harmful use of alcohol.

For more information on our membership and what we do, please visit:
http://www.producerscommitments.org

Source: IARD - International Alliance for Responsible Drinking


本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中