D-IDがTechCrunch Disrupt 2018で顔認識に対する防護のための製品を正式リリース

D-ID

2018/9/12 14:44

D-IDがTechCrunch Disrupt 2018で顔認識に対する防護のための製品を正式リリース

AsiaNet 75137 (1586)

【テルアビブ(イスラエル)2018年9月11日PR Newswire=共同通信JBN】D-IDは、TechCrunch Disrupt San Francisco 2018のステージ上で、初製品のリリースを公式に発表した。同社は、諸組織の写真やビデオを、人間の目には同じように見えるようにしたたま、顔認識から防護するソリューションを開発した。

(Photo: https://mma.prnewswire.com/media/742272/Gil_Perry_D_ID.jpg

(Photo: https://mma.prnewswire.com/media/742271/D_ID_Launch.jpg

D-IDの技術は、SaaSとオンプレミスの両方のソリューションとして販売されている。同社は、従業員、顧客あるいは市民の写真やビデオを保管している組織にサービスを提供する。ほぼすべての組織がこうしたデータを保存している。D-IDの当初の対象業種は、生体認証データベースを保護したいクラウドストレージプロバイダー、ソーシャルネットワーク、金融機関、健康管理組織、政府などである。

D-IDの最初の顧客は、35万社以上の企業が220億以上のメディア資産を管理、最適化、提供するのに役立つ画像・ビデオ管理ソリューション、Cloudinaryである。同社はまた、金融サービスや自動車業界の顧客と重要な契約を結んでいる。

顔認識市場は飛躍的に成長しており、われわれの顔を識別子にしてしまった。消費行動の分析、支払いの認証、スマートフォンへのアクセス、市民のランク付け、さらには抗議デモ参加者の監視まで、ますます世界中で使われるようになっている。D-IDの最高経営責任者(CEO)で共同創業者のギル・ペリー氏は「われわれの写真には生体認証データが含まれている。顔認識でそれらを使用すれば、誰でもあなたを監視し、デバイスをハッキングして身元を盗むことができる。だから、われわれの写真は保護されなければならないのだ。顔認識が急速に進みすぎたため、プライバシーという基本的人権に対する脅威となっているのだ」と語る。

2018年5月に施行された欧州連合(EU)の一般データ保護規制(GDPR)のようなデータプライバシー規制は、顔画像を個人の機密情報として扱い、企業にこうしたデータを保護するよう義務付けており、違反した場合は重い罰金や訴訟のリスクがある。

D-IDは、企業が規制を順守し、巨額の罰金の支払いをせずに、消費者の信頼を強化し、最も重要であるプライバシーとデータ保護を保証できるようにする。ペリー氏は「人々は、顔認識のセキュリティーリスクを認識し懸念している。今こそこうしたデータを保護すべきであり、当社はそれを確実に実行できる」と話す。

同社のデジタル画像操作方法は、個人の特定に使用される機械学習ツールでは画像を判読不能にするが、人間の目では違いを認識できない。ペリー氏は「当社は、高度な画像処理とディープラーニングを使用して写真やビデオを処理、人間の目には同じように見えても、機械やAI、顔認識分類装置には個人が識別できないようにしている」と語る。

D-IDは、CEOのギル・ペリー氏、最高執行責任者(COO)のセラ・ブロンドハイム、最高技術責任者(CTO)のエリラ・クタ氏によって2017年に創業。創業者らは、イスラエルの特殊部隊と8200諜報部隊で勤務していた。彼らは、機密性の高い任務に就いていて、ソーシャルメディア上での写真の共有を許されていなかったため、プライバシーのリスクを身をもって経験した。同社は、名誉あるアクセラレーター、EISP 8200とY Combinatorの出身者の集まりである。同社は、ガートナーのCool Bendor 2018に認定された。同チームは、ディープラーニング、コンピュータービジョン、画像処理のトップエキスパートで構成され、5人の博士号取得者と博士課程の学生が在籍している。D-IDは、Pitango Venture Capitalを筆頭にY Combinator、Maverick Ventures、Foundation Capital、Fenox Venture Capitalから400万ドルを調達している。

ステージ上のプレゼンテーションのビデオへのリンクは以下へ。

https://techcrunch.com/video/startup-battlefield-competition-d-id-disrupt-sf-2018/

http://www.d-id.com

ソース:D-ID



D-ID Officially Launches Product for Protection Against Face Recognition at TechCrunch Disrupt 2018

PR75137

TEL AVIV, Israel, Sept. 11, 2018 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

D-ID has officially announced its initial product launch onstage at TechCrunch
Disrupt San Francisco 2018. The company has developed a solution that protects
photos and videos of organizations from face recognition, while keeping them
similar to the human eye.

     (Photo: https://mma.prnewswire.com/media/742272/Gil_Perry_D_ID.jpg )

     (Photo: https://mma.prnewswire.com/media/742271/D_ID_Launch.jpg )

D-ID's technology is being sold as both a SaaS and On-Premise solution. The
company serves organizations that store photos and videos of employees,
customers or citizens. Almost all organizations store this data. The initial
verticals for D-ID include cloud storage providers, social networks, financial
institutions, health management organizations and governments that want to
protect their biometric databases.

D-ID's first customer is Cloudinary, an image and video management solution
which helps more than 350K companies manage, optimize and deliver more than 22B
media assets. The company has also signed significant agreements with customers
in the financial services and automotive industry.

The face recognition market is growing exponentially and has made our faces our
identifiers. It's increasingly used all around the world: To analyze shopping
behavior, to authenticate payments, to access smartphones and even to rank
citizens' or track people in protests. "Our photos contain biometric data.
Using them with face recognition, anyone can track you, hack your devices and
steal your identity. That's why our photos must be protected," says Gil Perry,
CEO and Co-Founder of D-ID. "We've moved too fast with face recognition and it
is now a threat to our fundamental human right to privacy."

Data privacy regulations like the European Union's General Data Protection
Regulation (GDPR), which became enforceable in May 2018 address face images as
personal sensitive information and require companies to protects this data or
risk heavy fines and lawsuits.

D-ID enables companies to comply with regulations, prevent crippling fines,
strengthen their consumers' trust and most important, to guarantee privacy and
data protection. "People are aware and concerned about the security risks of
face recognition. Now is the time to protect this data and we are here to make
sure it happens," says Perry.

The company's approach to digitally manipulating images renders images
unreadable by the machine learning tools that are used to identify an
individual, but are imperceptible to the human eye. "We use advanced image
processing and deep learning to process the photo or video in such a way that
it will look similar to the human eye but machines, AI, face recognition
classifiers will not be able to recognize the individual," says Perry.

D-ID was founded in 2017 by CEO Gil Perry, COO Sella Blondheim and CTO Elira
Kuta. The founders served in the Israeli Special Forces and intelligence unit
8200. They experienced first-hand the risks to privacy when, due to the
sensitive nature of their roles, they were not allowed to share photos on
social media. The company is an alumni of the prestigious accelerators EISP
8200 and Y Combinator. It received Gartner's Cool Vendor 2018 recognition. The
team consists of top experts in deep learning, computer vision and image
processing, with five PhDs and PhD students. D-ID has raised $4mm led by
Pitango Venture Capital with participation from Y Combinator, Maverick
Ventures, Foundation Capital and Fenox Venture Capital.

Link to video of onstage presentation:

https://techcrunch.com/video/startup-battlefield-competition-d-id-disrupt-sf-2018/


http://www.d-id.com

SOURCE: D-ID
  

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中