【無償支援】北海道地震の被災住宅を住宅診断士が点検

さくら事務所

2018/9/14 13:00

ホームインスペクション(住宅診断)を行うさくら事務所ホームインスペクション北海道(北工房/代表:栃木渡)では、北海道地震において被災した方々を対象に、インスペクター(住宅診断士)による無償の簡易点検を実施致します。

2018年9月14日

株式会社さくら事務所

【無償支援】北海道地震の被災住宅を住宅診断士が点検

業界初の個人向け総合不動産コンサルティング・ホームインスペクション(住宅診断)を行う“不動産の達人 株式会社さくら事務所”(東京都渋谷区/代表:大西倫加)。

このたび同社北海道パートナーであるさくら事務所ホームインスペクション北海道(北工房/代表:栃木渡)では、北海道地震において被災し所有される住宅の安全性に不安を抱える方々を対象に、インスペクター(住宅診断士)による中立な立場での無償の簡易点検を実施致します。

今月6日に発生、甚大な被害を出した北海道胆振東部地震。

すでに被災地域の住宅で応急危険度判定が進みつつありますが、「まだ何も行われていない。わが家は大丈夫なのか」「要注意(黄色い張り紙)判定だが、どう対処するべきなのか」といったお問い合わせも同社に寄せられています。

また地震などの大災害時には、リフォーム詐欺や点検商法と呼ばれる高額訪問販売などのトラブルも急増するのが常です。

そこで同社では被災地支援策として、以下の無償点検実施を決定致しました。

■ さくらホームインスペクション北海道 震災被害に伴う無償点検の概要 ■

●実施対象
・今回の地震による応急危険度判定により「要注意」(黄色い貼り紙)の判定を受けた建物
・今回の地震による札幌市のり災証明において「一部破損」判定を受けた建物など 対象詳細はHPに記載

●実施日時
9月18日(火)より申込受付、申し込み締め切り後、日程調整のうえご連絡

●定員
先着20軒(お1人さま1軒まで)

●点検内容
1軒につき30分程度が基本
・外回り目視点検
・地震による特徴的な症状(外壁の斜めクラック、サイディングの剥離など、サッシの大きな歪み)
・ブロック塀の状態、外部煙突の状態など
・その他、状況や必要性に応じて室内床や壁の傾斜確認、修繕の簡単なアドバイス等ご相談
※あくまでも簡易点検であり通常のインスペクション(住宅診断)や市区町村の実施する応急危険度判定とは内容が異なります。公的な証明書などは発行できません。

●お申込み方法
HP・メール・LINE くわしくはこちら
https://00004.sakura-his.com/expert/hisaijutaku-tenken.php

【簡易無償点検 連絡先】
さくら事務所ホームインスペクション北海道 北工房(代表取締役 栃木 渡)
〒060-0001 札幌市中央区北1条西15丁目1-3 大通ハイム409  TEL:0120-804-806
営業時間/10:00~19:00 ※土日祝も営業(年末年始除く)  
http://00004.sakura-his.com/

また、各地の度重なる自然災害にさくら事務所本部にも自宅や購入予定物件への不安の声が寄せられています。

そこで、さくら事務所本部では首都圏を対象に「災害リスクレポートサービス」(1住所につき税抜9,800円)を9月14日(金)よりスタートいたします。

自身が今住んでいるエリア、これから購入を予定するエリアの地震による地盤のゆれやすさや液状化のリスク、浸水のリスクとこれまでの浸水記録などの災害リスクを知ることができます。

くわしくはこちら
https://www.sakurajimusyo.com/expert/tochi-jiban-report.php

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

プレスリリース添付画像

ホームインスペクターによる無償簡易診断

このリリースを配信した企業・団体

  • 名称 株式会社さくら事務所
  • 所在地 東京都
  • 業種 消費者向けサービス
  • URL

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中