「はっけん!学生が語る 滋賀・近江の魅力」を東京で初開催

滋賀県

2018/11/29 10:00

滋賀県は、平成30年12月8日(土)にLEAGUE有楽町(東京都千代田区有楽町)で、作家司馬遼太郎氏が訪れた本県の魅力を学生目線で発信する「はっけん!学生が語る 滋賀・近江の魅力」を開催します。開催にあたり下記のとおり参加者の募集を開始しましたのでお知らせします。

平成30年11月29日

滋賀県

作家 司馬遼太郎氏 ゆかりの街道を学生がゆく

「はっけん!学生が語る 滋賀・近江の魅力」を東京で初開催

~滋賀・近江の魅力を伝えるムービーを12月9日からYouTubeで公開~

 滋賀県は、平成30年12月8日(土)にLEAGUE有楽町(東京都千代田区有楽町)で、作家司馬遼太郎氏が訪れた本県の魅力を学生目線で発信する「はっけん!学生が語る 滋賀・近江の魅力」を開催します。開催にあたり下記のとおり参加者の募集を開始しましたのでお知らせします。

 当イベントは、県内大学の学生が著書『街道をゆく』をきっかけに、司馬遼太郎氏が最初に訪れた『湖西のみち』等を実際に訪れ、その地域に触れて感じたことを「学生が見つけた滋賀の魅力」としてプレゼンテーションします。著書内で触れられた滋賀・近江の“現在”を学生目線で捉え、語ることで、滋賀の魅力をはじめ文化・文学の魅力を再発見する機会とします。

 また、イベント後には、学生が発見した滋賀・近江の魅力を広く知っていただくため、制作したムービーをYouTubeで一般公開します。さらに、来年3月には、学生目線で発見された魅力を冊子にまとめ、発行します。

 司馬遼太郎氏は、幾度も滋賀の地を訪れ、著書『街道をゆく』などの作品で、滋賀の土地や人物を数多く登場させています。そのような深い関わりがあり、平成28年に公益社団法人司馬遼太郎記念財団と「滋賀の魅力を発信するための基本協定」を締結しました。当イベントは、公益社団法人司馬遼太郎記念財団の協力のもと、多くの方に司馬遼太郎氏の作品を通じて、今も息づく滋賀・近江の文化・歴史・風土・自然などの魅力を知っていただき、感じていただくことのできるフォーラムです。

■「はっけん!学生が語る 滋賀・近江の魅力」開催概要 

 ・日時    平成30年(2018年)12月8日(土)15:00~17:00(受付14:30)

 ・場所    LEAGUE有楽町(東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館ビル6階)

 ・内容    滋賀県内唯一の芸術大学 成安造形大学の学生8名が著書『街道をゆく』をきっかけに

        近江の地を探訪し、発見した滋賀の景観や暮らし、文化の魅力を発信します。

 ・当日プログラム

 ○オープニング

 ○学生が見つけた滋賀の魅力①

 ○学生が見つけた滋賀の魅力②

 ○ゲストトーク

 ・定員    50名まで

 ・申込み     E-mailまたはFAXで成安造形大学地域連携推進センターあてに申し込み下さい。

        (E-mail) renkei@seian.ac.jp  (FAX)077-574-2120

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中