【電通デジタル】デジタル領域に特化したAI広告コピー生成システム 「Direct AICO」を共同開発

電通デジタル

2018/12/20 14:00

「Direct AICO」はCTRを予測したうえでの広告運用を可能にし、さらに人間が作成した広告コピーよりもCTRが向上することを実証。また、制作者の業務負荷を緩和することで、高速PDCAに貢献する。

2018年12月20日

株式会社電通デジタル

電通デジタル・電通・データアーティスト、

デジタル領域に特化したAI広告コピー生成システム

「Direct AICO」を共同開発

株式会社電通デジタル(本社:東京都港区、代表取締役CEO:山口 修治、以下電通デジタル)、株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博、以下電通)、データアーティスト株式会社(本社:東京都港区、代表:山本 覚、以下データアーティスト)の電通グループ3社は、デジタル領域に特化したAIによる広告コピー生成システム「Direct AICO(ダイレクト・アイコ)」を開発し、本日よりその運用を開始します。

電通グループは、2017年5月にAIによる広告コピー生成システム「AICO」(β版)をリリースしていますが、今回の「Direct AICO」は、バナー広告やリスティング広告など、デジタル領域でのコピー生成に特化する形で新たに開発したものです。開発においては電通と、電通デジタルのクリエーティブ専門チーム「アドバンストクリエーティブセンター」※および広告運用チームが全体設計を行い、マーケティング領域のAI開発に強みを持つデータアーティストが理論構築部分を担当しました。

デジタル広告においては、さまざまなパターンの広告を多数出稿することができ、また得られたデータをリアルタイムでフィードバックすることができるため、AIによるコピー生成が効果を発揮しやすい領域であると言えます。

電通グループが行ったリスティング広告の事前検証では、「Direct AICO」のAIが過去の運用実績に基づいてコピーを生成するため、クリック率を予測した上での広告運用が可能になるだけでなく、実際に人間が作成した広告コピーよりもクリック率が高くなることを実証しています。また、デジタル広告においては短期間に多くのバリエーションのコピーを制作しなければなりませんが、検証の結果、「Direct AICO」は制作者の業務負荷を緩和し、作業時間の大幅な削減に貢献することが分かりました。

今後も電通グループは、ユーザーごとの嗜好性に合わせて一人ひとりに最適化されたクリエーティブを生成するといった、より実用的なAIコピーの運用を目指してまいります。

※電通デジタル アドバンストクリエーティブセンターについて

データ・AIとクリエーティブの融合を目指し、2017年4月に新設された組織です。認知度や好意度を向上させるブランドリフト広告から、顧客獲得のためのダイレクトレスポンス広告(バナー/ランディングページ(LP)/オンライン動画/ソーシャル広告)までを統合的に設計・制作し、広告配信の成果に合わせて改善のためのPDCAを行っています。広告の第一線で活躍するクリエーティブディレクター、コピーライター、アートディレクターや、ダイレクトレスポンス広告に関する知見・ノウハウを有するコンサルタントやディレクター、AIエンジニアなど、約100名のスペシャリストが在籍しています。

URL:http://advancedcreativecenter.com

「Direct AICO」のロゴマーク

「Direct AICO」のロゴマーク

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

「Direct AICO」のロゴマーク

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

過去に配信したプレスリリース