管理機能付スタッカブルL2+スイッチ「FXC6552」新発売

FXC

2018/12/27 14:00

2018年12月27日

FXC株式会社

10ギガアップリンク管理機能付 スタッカブルL2+スイッチ「FXC6552」を発売

~レイヤー3サービス機能も標準装備。省エネ設計~

FXC株式会社は、10ギガアップリンク管理機能付スタッカブルL2+スイッチ「FXC6552」を2018年12月27日(木)より販売開始致します。

「FXC6552」は、10/100/1000M RJ45ポートを48ポート、1G/10G SFP+を4スロット装備したL2+管理機能付スタッカブルスイッチです。

充実したレイヤー2機能のサポートはもちろん、スタティック・ダイナミックルーティングによる経路学習、DHCPサーバ、NTPサーバ等、各種レイヤー3サービス機能も標準装備しています。

また、IEEE802.3az準拠EEEパワーマネジメント、ポートスリープ、スマートファンコントロールなど徹底した省エネ設計を実現。最大消費電力は42.3Wで弊社製品「FXC5150」と比較して、消費電力を約45%削減しています。

「FXC6552」は最大4台接続の10Gスタッキングによるネットワーク冗長性や拡張性を有しており、スモールビジネス環境のコアスイッチとして、中規模以上のL3ディストリビューションスイッチとして信頼性の高いネットワーク環境を構築できます。

■製品型番と標準価格

・FXC6552(製品本体)         \ 248,000 (税別)

・FXC6552-SB5 (5年間センドバック保守)    \ 20,000 (税別)

・FXC6552-SBX (ライフタイム保守)      \ 50,000 (税別)

■受注開始日

 2019年 1月11日(金)

■出荷開始日

 2019年 1月28日(月)

■製品情報

  https://www.fxc.jp/products/switch/FXC6552.html

■製品特長

 ・「FXC6552」はRJ45×48ポート,SFP+×4ポート搭載。

 ・ジャンボフレーム(最大9,216bytes)に対応

 ・16,000個のMACアドレスエントリー、1,000個のARPエントリーをサポート

 ・最大500のダイナミックルートを学習可能

 ・管理コンソールポート、インバンド管理(SNMP/HTTP/HTTPS/Telent/SSH)に対応

 ・CISCO-likeコマンドインタフェース

 ・ダイナミックルーティングとして、RIP、OSPFを標準装備

 ・IPv6マネジメント、IPv6ルーティングをサポート

 ・VRRPによる冗長システムをサポート

 ・FXC65xxシリーズ間でのスタッキング機能による躯体冗長性・ポート拡張性に対応

 ・スマートな冗長構成のためのITU-T準拠リングプロトコルを搭載

 ・リンクディテクション機能によるループ検知、ファイバー送受信ダウン検知

 ・IPv4/IPv6 ACL, MAC ACLを搭載し、in/out方向によるL2からL4レベルのパケットコントロールが可能

 ・CoS/DSCP, QoSスケジューリング, Policy-map(CBWFQ)に対応し, QoSによる柔軟なトラフィックポリシー設定が可能

 ・ARPインスペクション, IPソースガード機能に対応し、不正ユーザのアクセス制御やARPスプーフィング攻撃への対策が可能

 ・省エネIEEE802.3az準拠EEEパワーマネジメント対応

 ・RoHS対応

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

FXC6552

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称 FXC株式会社
  • 所在地 東京都
  • 業種 電気機器
  • URL https://fxc.jp/
  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中