銀聯国際(UnionPay International)が、海外のシステム開発業者に向けアプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)へのアクセスを開放

銀聯国際(UnionPay International)

2019/1/11 14:59

銀聯国際(UnionPay International)が、海外のシステム開発業者に向けアプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)へのアクセスを開放

AsiaNet 76943

【上海2019年1月4日PR Newswire】

*UnionPay(銀聯)クロスボーダー・モバイル決済サービス等の18のAPIがUPIのシステム開発業者経由でアクセス可能になりました。

銀聯国際(UnionPay International、UPI)は4日、18のクロスオーバー・モバイル・インターネットの決済プロダクトおよびサービスへのアクセスを海外のシステム開発業者に開放したと発表した。

これによりシステム開発業者はAPIを通じ、UnionPay(銀聯)の技術及びサービスを自らのプロダクトに効果的かつ低コストで統合することができ、UnionPay(銀聯)カードホルダーへのより豊富な決済サービス・便利な環境の提供が可能になる。

銀聯国際(UnionPay International)の蔡剣波・最高経営責任者(CEO)は「銀聯国際(UnionPay International)は革新的な決済テクノロジーの発展とその応用によって決済機能とサービス品質を向上させ、業務のデジタル化を促進、モバイル決済の発展に寄与している」と述べた。また同氏は、「銀聯国際(UnionPay International)は次世代のための決済サービスの開発を進めており、カードホルダーのプロダクトへの多様なニーズを満たしながら、プラットフォームを通じて決済技術の革新に対する各パートナーのニーズにもより積極的に対応していくことを目指している」と述べた。将来的には、銀聯国際(UnionPay International)はより完璧なシステムを確立し、クロスオーバー決済のサービス品質を全面的に向上させる。また協力パートナーに対してはUnionPay(銀聯)の革新的なプロダクトで決済シーンの効率と柔軟性を向上させ、UnionPay(銀聯)のモバイル決済のサービス環境とアプリの利用を促進していく。

▽サービス品質を革新・強化する

消費者の決済習慣の変化に沿って、UnionPay(銀聯)は「UnionPay」アプリ、QRコード決済、モバイルQuickPassおよびアプリ内決済など一連の革新的な決済プロダクトを発表してきた。銀聯国際(UPI)はこれらのプロダクトの海外展開を加速しており、現在までにこれらのモバイル決済サービスは中国本土外の43の国・地域で導入されており、同時にUnionPay (銀聯)モバイル決済プラットフォーム(UMPS)や、TSPのような革新的なサービス・プラットフォームを構築し、協力パートナーの迅速かつ安全な決済業務をサポートしている。

現在、銀聯国際(UnionPay International)は革新的な決済プロダクトを作り、展開をしてきた中で培った経験を活かし、開発業者を通じて以下の3種類のサービスを提供している。第1に、主要なAPIのアクセスを開放し、開発業者がQRコード決済やToken等の最も人気のある18のUnionPay(銀聯)の決済およびデータサービスを利用できるようにした。第2に、ワンストップの決済ソリューションを協力パートナーに提供し、製品開発と商用利用の双方において支援するため、複数のAPIの統合を提供する。第3に、技術文書、技術指導、製品試験および認証を含む多様な技術サポート・サービスを提供する。

▽決済システムを拡大する

現在、UnionPay(銀聯)は国際ブランドとしてグローバルなサービス品質の向上を目標としている。銀聯国際(UnionPay International)は技術サービスの対象範囲をさらに拡大し、中国国内外のカード発行会社、やアクワイアラー、加盟店、ソフトウエア開発業者、携帯電話事業者及びその他世界中の協力パートナーとその成果を共有します。

カード発行会社、やアクワイアラーは、開発業者を通じて製品情報、開発および試験等を含む各種サービスをオンラインで自由に利用することができる。将来的には、このプラットフォームによって提供されるサービスは事業プロセス全体をカバーするため、UnionPay(銀聯)のネットワークを利用するにあたり必要となる開発資源と時間を削減することができるため、利用障壁を低くし、従来のオフライン技術にサポートされるチャネルを補足することができる。

開発業者のプラットフォームに依拠し、銀聯国際(UnionPay International)はテクニカルパートナープログラムを開始する。今後、第3者決済企業とソフトウエア開発業者はオンラインの申請のみでUnionPay(銀聯)の技術サービスを受けることが可能になり、UnionPay(銀聯)のクロスボーダー決済システムを利用できる。このプログラムにより、銀聯国際(UnionPay International)はより多様な団体との協業が可能になり、UnionPay(銀聯)の決済サービスのローカライズを加速させることができる。

今後も銀聯国際(UnionPay International)は引き続きAPIの種類と数を拡大し世界の協力パートナーに対し更に解放することで、開発業者のプラットフォームの革新を促進し、多様な業界との広範かつ緊密な協業を行い、世界のUnionPay(銀聯)カードホルダーへのサービスを最適化していく。

(日本語リリース:クライアント提供)

UnionPay International gives global developers access to its APIs

PR76943

SHANGHAI, Jan. 4, 2019 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

18 APIs of UnionPay's cross-border services are now accessible via UPI Developer

UnionPay International (UPI) today announced the launch of the UPI Developer,

an open platform that gives global developers access to 18 of UnionPay's

cross-border mobile Internet payment products and services in the first phase.

Through the platform's application programming interface (API), developers can

integrate UnionPay's technical services into their products efficiently and

cost-effectively, thus providing UnionPay cardholders with more payment

scenarios and services and enhancing their payment experience.

"With the development of innovative payment technology and commercial

applications, UPI is accelerating building up its innovative payment technology

and service capacity, and promoting the digitalization of its card-based

business, to support the development of mobile payments," said Cai Jianbo, CEO

of UPI. He added that UPI is developing payment services for the next

generation, and while meeting cardholders' demands, it also aims to better meet

its partners' demand for payment innovation. In the future, UPI will help its

partners to improve the efficiency and flexibility of applying UnionPay

innovative products, and to accelerate realizing the cross-border and trans-app

interconnection of UnionPay's various mobile payment services.

Innovate and upgrade service capabilities

In line with the changes in consumer payment habits, UnionPay has launched a

set of innovative payment products including the "UnionPay" app, QR code

payment, mobile QuickPass, and In-App payment. UPI has been rolling out these

products globally. So far, these mobile payment services are accepted in 43

countries and regions outside the Chinese Mainland. Meanwhile, UPI has built up

multiple innovative service platforms, such as UnionPay International Mobile

Payment Service (UMPS) and TSP to support its partners to carry out UnionPay

mobile payment services quickly and safely.

Now, based on its experience in developing and promoting innovative payment

products, UPI is providing three types of services via UPI Developer: First,

offer open access to its major APIs. Developers now have access to the APIs of

18 of UnionPay's most popular payment and data services, including QR code

payment and Token. Second, offer a combination of multiple APIs to provide

partners with one-stop payment solutions, assisting them in both product

developing and commercial application. Third, offer diverse technical support

services, including technical documentation, technical guidance and product

testing and certification.

Expanding the payment ecosystem

At present, UnionPay is upgrading its global service capabilities based on its

vision to build an international brand. The launch of UPI Developer further

expands the scope of UPI's technical service clients. Issuers, acquirers,

merchants, software developers, mobile phone operators and other partners of

UnionPay worldwide can benefit from it.

Issuers and acquirers can get online services including product information,

development and testing via UPI Developer. In the future, the services offered

by the platform will cover the whole business process, saving institutions'

resources and time connecting to the UnionPay network.

Relying on UPI Developer, UnionPay International will launch its Technical

Partner Program. In the future, third-party payment companies and software

developers can get UnionPay's technical services via UPI Developer by online

registration and application, and can thereby join UnionPay's cross-border

payment ecosystem. The Program will help UPI to collaborate with more types of

institutions and promote the application of UnionPay payment service to

localized payment scenarios.

In the next step, UnionPay International will continue to enrich the variety

and quantity of its open APIs, further open its business capabilities to global

partners, promote the update of UPI Developer, and optimize its services to

UnionPay cardholders worldwide through extensive and deep collaboration with

various industry participants.

SOURCE: UnionPay International

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中