皇室女性を通して見えるニッポン女性たちの 共通課題に光を当てる 香山リカ氏の新刊!

秀和システム

2019/1/22 08:00

2019年1月22日

精神科医・香山リカ著『皇室女子――〝鏡″としてのロイヤル・ファミリー』発刊

 1月29日、株式会社秀和システムは、香山リカ著『皇室女子――〝鏡″としてのロイヤル・ファミリー』を刊行いたします。

「皇室女子」書影

【書 名】 皇室女子――〝鏡″としてのロイヤル・ファミリー

【著 者】 香山リカ

【発売日】 2019年1月29日

【判 型】 四六判

【頁 数】 240頁

【定 価】 本体1400円+税

 本書は、美智子さま、雅子さま、紀子さま、愛子さま、眞子さま、佳子さまの六人の皇室女性を通して見えてくる、日本の多くの女性たちが抱える共通の課題・問題を論じます。

 働き方、婚約、結婚、出産、子育て、ジェネレーション・ギャップ等々、皇室のやんごとない女性たちも、日本の多くの女性たちと同じ問題を抱え、それを克服しながら、平成という世を渡ってきました。いわば皇室は私たちを写す〝鏡″でした。

① 「〈努力ではどうにもならないことがある〉と気づけない」

② 「やっぱり〈婚家より実家が頼り〉に思える」

③ 「〈私事より義務優先〉を次の世代にも求めてしまう」

④ 「〈子どもはまだ?〉がタブーでない社会に日々傷つく」

⑤ 「自分の〈痩せすぎ〉を自覚できない」

⑥ 「〈ふつうの生活〉が一番むずかしい」

⑦ 「〈子どもが自分の思い通りにならない〉ことに愕然とする」……等々

 男女雇用機会均等法施行以後、日本の多くの女性たちが当人として、また家族としてぶち当たってきたさまざまな心の問題を、精神科医の香山リカ氏が鮮やかに切り取ります。

 まさに〝写し鏡″としての皇室女性たちのお姿を考えることは、まもなく平成の世を終え、新しい時代に入っていく私たち日本人に、よりよい新時代のための貴重なヒントを与えてくれることでしょう。

 また、より開かれた皇室、私たちが単に敬意ばかりでなく、「自分も同じだ」と共感のまなざしや、ときには励ましのまなざしを向けていける、新時代の皇室を考えるための大いなるきっかけになるに違いありません。

著者・香山リカ

著者・香山リカ

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

「皇室女子」書影

著者・香山リカ

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

    過去に配信したプレスリリース