ロボデックス2019: German Bionicが、産業用ロボット・エクソスケルトンを出展、災害復旧用の新パワースーツの詳細を初めて公開

GBS German Bionic Systems GmbH

2019/1/15 09:34

ロボデックス2019: German Bionicが、産業用ロボット・エクソスケルトンを出展、災害復旧用の新パワースーツの詳細を初めて公開

AsiaNet 77034

【東京、2019年1月15日PRNewswire】--

ロボット・エクソスケルトン製造で欧州をリードする企業、ドイツ・アウクスブルグのGerman Bionicが、これまでに多数のアワードを受賞した「Cray X」アクティブ・パワースーツを、初めてアジアの産業展示会で公開することになりました。さらに同社は、先日発表されたばかりである「Cray +」モデルの詳細についても、初めて東京で公開します。この製品は、災害復旧活動用に特別に開発されたものです。エクソスケルトンは人と機械が一体化したシステムで、パワースーツとも呼ばれます。装着者の動きをサポート、強化するために人の知性と機械の持つ力を融合し、作業現場でのアクシデントや荷重による怪我のリスクを減します。German Bionicは、体に直接装着するイノベーティブなロボットの量産を欧州で初めて実現した、ドイツのハイテク企業です。

「弊社で好評を得ているCray Xモデルと、直近発表されたばかりのCray + 災害復旧モデルの詳細の第一弾を東京で発表できることを大変嬉しく思います。我々にとって、日本はコア・マーケットです。このコミットメントを確かなものとし、我々の認知度をさらに高めるため、日本国内での研究開発と生産を拡張していきます。」と、German BionicのCEOであるアーミン・G・シュミットはコメントしています。

アジアがエクソスケルトンのコア・マーケット

マーケット・リサーチとコンサルティング業務を行うABIリサーチが最近実施した研究によると、2018年末までに7,000を超えるエクソスケルトン・システムが世界中で利用されており、その大部分はアジア地域での利用です。今後20年間で、この数は30万デバイスにも上るだろうと考えられています。アナリストによると、この製品は年間40%近くの成長が見込まれており、同期間のうちに販売額は1億9,200万ドルから58億ドルにまで上昇すると期待されています。最大の顧客は製造業で、全世界での売上の50%以上を占めるだろうということです。

「今がまさにエクソスケルトンが労働環境に急増していくタイミングです。欧米と日本では、特に製造業界で労働力が足りなくなってきています。企業が作業現場と、人々の生産性を向上に投資することは、正に理にかなっています。」と、ABIリサーチのアナリストであるリアン・ウィットン氏は述べています。

ロボデックス(会場:東京ビッグサイト)でのGerman Bionic

German Bionicはこのアジア最大のロボット商業展示会において、2019年1月16~18日まで西ホール2番A133でブース出展します。

German Bionicについて

German Bionicは本社をドイツ・アウクスブルクに置き、ベルリン、東京とシンガポールに拠点を持つドイツのメーカーで、産業生産用のエクソスケルトンを開発・製造しています。エクソスケルトンは人間の知性と機械のパワーを組み合わせた人間-機械システムで、着用者の強度と耐久力を向上させます。German Bionic社はインダストリー4.0において人間フォーカスした世界をリードするロボティクス企業です。German Bionic社の製品や企業の背景についての詳細はこちらを参照ください: https://www.germanbionic.com/jp

プレス用写真: https://www.germanbionic.com/jp/about/#ニュース

Twitterライブ・アップデート: https://twitter.com/germanbionic

同社お問合せ先

German Bionic東京支社

〒104-0061 日本東京都中央区銀座6-10-1Ginza Six 13F

電子メール: sales-jp@germanbionic.com

電話: +81-3-4405-2363

プレス連絡先   

Eric Eitel

電子メール: ee@germanbionic.com

電話: +49-175-1670891

ソース: GBS German Bionic Systems GmbH

(日本語リリース:クライアント提供)

RoboDEX 2019: German Bionic Presents Leading Robotic Exoskeleton for Industrial Use and Reveals First Details of New Disaster Control Power Suit

PR77034

TOKYO, Jan. 15, 2019 /PRNewswire=KYODO JBN/--

Europe's leading producer of robotic exoskeletons, German Bionic from Augsburg,

will present its multiple award-winning 'Cray X' active power suit for the

first time at an Asian industry fair. Moreover, the company will also disclose

first details of its recently announced Cray + model in Tokyo, which is

specially designed for deployment in rescue operations. Exoskeletons or power

suits are human-machine systems that combine human intelligence with machine

power by supporting or strengthening the wearer's movements, thereby reducing

the risk of workplace accidents and load-bearing injuries. The high-tech

company from Germany is the first European manufacturer to mass-produce the

innovative robot worn directly on the body.

"We are very proud to present our successful Cray X model and initial details

of our recently announced Cray + disaster recovery model in Tokyo," explains

Armin G. Schmidt, CEO of German Bionic. "Japan is a core market for German

Bionic. To underscore this commitment and to strengthen our footprint, we will

further extend local R&D and production."

Asia will be core market for exoskeletons

According to a recent study by market research and consulting firm ABI

Research, more than 7000 exoskeleton systems were in use worldwide by the end

of 2018 - a large share of them in Asia. In 20 years, this figure is

anticipated to increase to over 300,000 devices. The analysts expect an average

annual growth rate of almost 40 percent. Sales will grow from US$192 million to

US$5.8 billion in the same period. The largest buyers will be the manufacturing

sector, accounting for more than 50 percent of global revenues.

"The time is right for exoskeletons to proliferate in the workplace", says Rian

Whitton, analyst with ABI Research. "In the Western world and Japan, we're

seeing a tightening of the labor market, especially when it comes to

manufacturing. There's a real incentive for companies to invest in their

workforce and make people on the assembly line more productive."

German Bionic at RoboDEX / Tokyo Big Sight

German Bionic will be represented at Asia's most important robotics trade fair,

from 16-18 January 2019, with its own booth in West Hall #2, A133.

About German Bionic

German Bionic, headquartered in Augsburg with offices in Berlin, Tokyo and

Singapore, is a German manufacturer developing and building exoskeletons for

use in industrial production. Exoskeletons are human-machine systems that

combine human intelligence and machine power, thereby enabling individuals to

gain increased strength and endurance. German Bionic is one of the world's

leading robotics companies focusing on humans in Industry 4.0. Learn more about

German Bionic, its products and the minds behind the company at

http://www.germanbionic.com.

Press pictures: https://www.germanbionic.com/en/about/#press

Live updates via Twitter: https://twitter.com/germanbionic

Company contact

German Bionic Tokyo Office

Ginza Six 13F, 6-10-1 Ginza

Chuo, Tokyo, 104-0061

Japan

Email: sales-jp@germanbionic.com

Phone: +813-4405-2363

Press contact   

Eric Eitel

Email: ee@germanbionic.com

Phone: +49-175-1670891

Source: GBS German Bionic Systems GmbH   

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中