MINISO名創優品が年次総会で2018年の業績を総括:収益は170億人民元、79の国と地域に進出

MINISO Japan

2019/1/23 12:15

MINISO名創優品が年次総会で2018年の業績を総括:収益は170億人民元、79の国と地域に進出

AsiaNet 77169(0118)

【広州(中国)2019年1月22日PR Newswire=共同通信JBN】MINISO名創優品は2019年1月18日、Guangzhou PWTC Expoで年次総会を成功裏に開催した。「Creating an Intelligent Retail Future with Infinite Potential(無限の可能性でインテリジェントリテールの未来を創造)」をテーマに、MINISO名創優品のグローバル共同創立者兼最高経営責任者(CEO)の葉国富氏が2018年のMINISOの業績を総括・論評した。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20190122/2353058-1

葉国富氏は総会で基調演説し2018年のMINISO名創優品の業績を報告した。葉国富氏は、2018年にMINISO名創優品が79の国と地域に3500以上の店舗を開設し、170億人民元の収益を上げ、世界で3万人以上の従業員を擁すると明らかにした。

葉国富氏はまた2018年のMINISO名創優品の変化について語った。ブランド戦略に関して、MINISO名創優品はマルチ・ブランド戦略を策定して実行した。家庭消費の面で異なる階層の消費者を満足させ、ブランドの市場シェアを拡大するために「NOME」、「MINISO」と「WonderLife」を同時に開発した。会社経営に関して、MINISO名創優品が大規模に投資したSAPシステムが正式に開始され、物流、人員管理、資本と情報フローの効率を包括的に改善し、ブランドに世界的な店舗経営を加速するための強力な組織的保証を実現した。新たな資本に関しては、テンセントとHillhouse Capital がMINISO名創優品に10億人民元を投資した。それはブランドのグローバリゼーションのために強力な財政支援を提供するだけでなく、ブランドが将来のアップグレードを達成するのを支援するインテリジェントリテール、ビッグデータ、人工知能やその他の面で協力する、より広範な余地も切り開いた。

2019年の経済状況に関して一般的に悲観的な外部の見方を前に、葉国富氏はまた「景気の下降の最も暗い時期はわれわれのチャンスだ」と述べた。彼は、本業の中で「会社が審美的な美しさを持った家庭部門としての日用品を提供することに焦点を合わせられ」、また従業員が「専門的技能の向上に焦点を合わせる」ことができ、そして「利益」を従業員の自信を促すための目標として活用することを願って、「焦点」という言葉を強調した。

そして、演説の最後に葉国富氏は全ての従業員のための指針として、「ブランドを世界クラスのリテール企業として構築する」目標を掲げ、「悲観主義者はどんなチャンスにも困難を見るが、楽観主義者はどんな困難にもチャンスを見る」というチャーチルの有名な言葉を引用して聴衆を勇気づけるメッセージとした。

ソース:MINISO Japan

MINISO Held Annual Meeting That Summarized 2018's Performance: RMB 17 Billion in Revenue and Entered 79 Countries and Regions

PR77169

GUANGZHOU, China, Jan. 22, 2019 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

MINISO successfully held the annual meeting in Guangzhou PWTC Expo on January

18, 2019. With the theme of "Creating an Intelligent Retail Future with

Infinite Potential", Mr. Ye Guofu, the global co-founder and CEO of MINISO,

summarized and reviewed the performance of MINISO in 2018.

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20190122/2353058-1

Mr. Ye Guofu delivered a keynote speech at the meeting to report the

performance of MINISO in 2018. Mr. Ye revealed that MINISO has opened more than

3,500 stores in 79 countries and regions in 2018, with a revenue of RMB 17

billion and more than 30,000 employees worldwide.

Mr. Ye also talked about the changes to MINISO in 2018. In terms of brand

strategy, MINISO has formulated and implemented the multi-brand strategy,

developing "NOME", "MINISO" and "WonderLife" at the same time to satisfy

consumers of different levels and increase the brand's market share in terms of

household consumption. In terms of company management, the SAP system that

MINISO heavily invested in has been officially launched, comprehensively

improving the efficiency of logistics, manpower management, capital flow and

information flow and providing a strong systematic guarantee for the brand to

accelerate global store operations. In terms of new capital, Tencent and

Hillhouse Capital invested RMB 1 billion into MINISO, which not only provides

strong financial support for the globalization of the brand, but also opens a

broader space for cooperation in intelligent retail, big data, artificial

intelligence and other aspects to help the brand complete future upgrades.

Facing the generally pessimistic external view on the economic situation in

2019, Mr. Ye also mentioned that, "the darkest moment of the economic downturn

is our opportunity". He emphasized the word "focus", hoping that "the company

could focus on life supplies with aesthetic beauty and household categories" in

the main business, and employees could "focus on the improvement of

professional skills", and use "profit" as the goal to encourage employees'

confidence.

At the end of the speech, Mr. Ye took the goal of "building the brand into a

world-class retail enterprise" as the direction for all employees, and quoted

Churchill's famous saying, "a pessimist sees the difficulty in every

opportunity; an optimist sees the opportunity in every difficulty" as a message

to encourage the audience.

Source: MINISO Japan

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中