中国「四海同春」芸術団、株式会社鳴鳳堂共催で福岡にて初公演

鳴鳳堂

2019/2/13 21:00

2018年2月13日

株式会社鳴鳳堂

中国「四海同春」芸術団の福岡初公演、中国伝統文化のパフォーマンスで観客を魅了

2019年2月12日、中国「四海同春」アジア芸術団の福岡初公演が福岡市FFGホールにて開催されました。

約700人の観客を動員した本公演は中国国務院僑務弁公室及び中華全国帰国華僑連合会主催、中駐福岡総領事館、九州中資企業協会及び株式会社鳴鳳堂の共催で行われ、同社蘇慶社長は「このようなハイレベルなパフォーマンスを是非福岡でも、との思いから共催を引き受けさせて頂いた。株式会社鳴鳳堂は2019年も引き続き名鳳堂国際青年映像祭の開催、同時に日本の食文化や伝統文化を中国やその他の国からの旅行者に直感的に紹介出来るような和食文化館の建設を九州にて予定している。」と述べました。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

“四海同春”アジア芸術団初の福岡公演

京劇の有名役者楊赤京の演じる《智取威虎山》《铡美案》ハイライトより

“四海同春”アジア芸術団団長許玉明祝辞

哈尼族ダンス「山谷回響」

ダンス「鯉魚跃龍門步步高」

ダンス「双」

雑技「蝶恋」より

雑技「蝶恋」より

銭治国による独唱

中国駐福岡総領事何振良による祝辞

壮族ダンス「水色」

団体舞踊

中央民族歌舞団国家一級パフォーマー藍剣は2曲披露

著名歌手雷佳による歌唱

馬頭琴演奏家張铎による「万馬奔騰」

馬頭琴演奏家張铎表演《鴻雁》

哈尼族ダンス「山谷回響」

箫と笛による演奏「卷珠帘」

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中