【電通デジタル】「Multi Impact Switcher(TM)」を開発・提供

電通デジタル

2019/2/28 11:00

2019年2月28日

株式会社電通デジタル

電通デジタル、気象・Twitter情報からタイムリーなムーブメントを広告へ反映可能な「Multi Impact Switcher(TM)」を開発・提供

-主要SNSへのデジタル広告の自動配信制御も可能-

株式会社電通デジタル(本社:東京都港区、代表取締役社長:鈴木 禎久、以下電通デジタル)は、気象情報とTwitterのツイート情報を常時観測し、タイムリーな社会的ムーブメントを捉えてデジタル広告へ反映することができるシステム「Multi Impact Switcher(TM) (マルチインパクトスイッチャー) ※1」を開発し、本日より提供を開始します。

これまでのデジタル広告出稿の手法では、ユーザーのデモグラフィック・興味関心などプラットフォーム内のビックデータに基づく配信最適化は可能でしたが、プラットフォーム外の情報については、人力で長期的な予測や仮説を立てることに限界がありました。そのため、毎日毎時の天気や社会的なムーブメントなどの複雑な絡み合い、すなわち「今」を反映したうえで配信制御するのが非常に困難でした。

「Multi Impact Switcher(TM)」は、気象情報※2に加えてTwitter情報を掛け合わせることができるため、Twitter上で話題化されている情報をターゲットエリアに対し、タイムリーにTwitterおよびFacebook、Instagramなど主要SNSへ広告配信することができます。これにより、より状況にマッチした広告クリエーティブを出し分けることができ、広告効果のさらなる向上が期待できます。

具体的には、設定した気温を下回ったエリアへの広告出稿(気温×エリアターゲティング)や、商品に関連したキーワードがTwitter上で一定数以上に達したタイミングでの広告出稿(急上昇キーワードターゲティング)等、「今」を反映した広告配信が柔軟に設計でき、突然の需要増大に対しては、予算の範囲内で自動制御が可能です。また、複数の社会的影響要因を常に観測し、事前に定義した条件および配信結果に変化を随時反映し、予測モデルを新たに設定・検証することで、新たなターゲット需要発掘にもつなげます。

本システムの全体設計・開発は、電通デジタルのクリエーティブ専門チーム・アドバンストクリエーティブセンター※3が担当しており、今後は電通独自の「STADIA(スタジア)※4」、さらにはAI広告コピー生成システム「Direct AICO※5(ダイレクト・アイコ)」、AI自動バナー広告生成ツール「ADVANCED CREATIVE MAKER※6(アドバンストクリエーティブメーカー)」と連携し、外部データや制御データの拡充とクリエーティブの自動生成までを実施していきます。

<「Multi Impact Switcher(TM)」の配信制御概念図>

<「Multi Impact Switcher(TM)」ロゴマーク>

※1:「Multi Impact Switcher」は商標登録出願中です。

※2:天気、降水量、降水確率、温度、体感温度、湿度、気圧、風速、風向き、UV指数、曜日、期間、時間

※3:電通デジタル アドバンストクリエーティブセンターについて

http://advancedcreativecenter.com

※4:「STADIA」とは

テレビ広告やインターネット広告などへの接触に伴うサイト送客や会員登録といった行動喚起、また認知醸成や興味喚起といった態度変容の効果検証と改善施策を導くツールであると同時に、インターネットに結線されたテレビの実視聴ログをもとに推定したテレビCM視聴者に対する、インターネット広告の配信やOOH広告のプランニングおよび広告効果検証が行える次世代統合マーケティングプラットフォームです。テレビ受像機や録画機の合計で約250万台の実視聴ログデータに対して、約700万台のモバイルデバイスのIDや、約2,000万件のCookie IDに紐づくオーディエンスデータと、約5万人の調査モニターが人単位の同一IDで紐づく規模を有しています(2018年10月時点)。

※5:「Direct AICO(ダイレクト・アイコ)」プレスリリース:2018年12月20日

https://www.dentsudigital.co.jp/release/2018/1220-00345/index.html

※6:「Advanced Creative Maker」プレスリリース:2018年5月16日

https://www.dentsudigital.co.jp/release/2018/0516-00276/index.html

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中